FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2019年、全仏準々決勝ボトムハーフ

今年のベスト8の顔ぶれです。
・ジョコビッチvsズベレフ
・ティエムvsカチャノフ
・フェデラーvsバブリンカ
・ナダルvs錦織

カチャノフがデル・ポトロに勝利したことで辛うじて新顔感の雰囲気が残りましたが
なんだかんだでキャリアのある選手が揃うという、戦前の混沌とした雰囲気からは違う
安定感のある勝ち上がりが展開されています。

もう少し乱れる部分もあるかと思ったんですがね。
なんだかんだで接戦を勝ち上がってきたバブリンカと錦織に負うところが大きいです。
この両者の場合、その経験値がベスト8にまで勝ち残らせたのだと感じます。
対戦相手との実力差ばほとんど近接状態であり、両者とも敗退していてもおかしくなかったわけですから。

改めて、近年のグランドスラムは経験がものをいうんですね。
そして両者はフェデラーとナダルに敗退しました。
バブリンカはかなり競った素晴らしい試合を見せましたが、錦織の方は瞬殺と言っていいレベルでした。
更に上を行く経験値に封じ込められてしまったわけです。

バブリンカも良い試合をしましたが、なんといってもフェデラーの戦い方はです。まったく惚れ惚れします。
このストローク優位の時代に、クレーコートにおいて、しかもバブリンカという強打の見本市のような選手を相手に
何故ああも効果的なネットダッシュを仕掛けられるのか。他の誰も真似できないフェデラーだけのプレーです。
試合全体を見ればミスもあったし、パワーで負けていましたからもちろん万全な勝利ではありませんでした。
しかし、大会前は出場できれば良いとか、第2週に行くだけでも十分とかそんな状態だったはずなのに
久々の出場でベスト4って、ちょっとおかしいというかなんか次元が違いますね。

バブリンカも悪くはなかったです。
チチパス戦もそのピンチを凌ぐ能力の高いこと!
第1セットの2ndサーブ獲得率は3割程度だったのになぜタイブレークまで持ち込めるんでしょうか。
試合を通じてブレークポイントを凌いだ数は実に「16」。チチパス戦に至っては「22」でした。
こんなのを続けられたらフェデラーの調子もいつか狂うのではないかと思わされました。
流れはいつバブリンカに行ってもおかしくはなかったですが、そこはフェデラー、
昨日の試合では最後まで崩れませんでした。良い試合だったと思います。

ナダルvs錦織は、もう気の毒としか言いようのない試合でした。
正直、錦織が勝つとは思っていませんでしたが、全豪や全米でのジョコビッチ戦同様、
こうも力の差を出されてしまうというのでは
ベスト8に残ったということでその健闘を称えたい気分がある反面、
その上に行くには通用しなさすぎるという絶望にも似た感覚が襲ってきます。
第2週以降は疲れからナダルに対してはチャンスがあるのではないかという戦前の予想はどこに行ったのか。
もちろんまだ2試合を残していますからナダルの好調もずっと持続するとは限らないわけですけど。

本日はトップハーフの2試合が行われます。
ボトムハーフに比べると「キャリア組vs挑戦者」という雰囲気の2試合です。
薄氷の勝利を重ねてきているズベレフは、GS3連覇中のもう一人の強者が空いてです。錦織状態にならないといいですが。
ティエムvsカチャノフの方が純粋に実力の拮抗した選手同士の試合として楽しめるかもしれません。


スポンサーサイト



  1. 2019/06/05(水) 12:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター