fc2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2022年、マドリードマスターズ開幕

クレーマスターズの2大会目が開幕しました。
今大会はジョコビッチとナダルが揃う久々の大会となります。
去年の全仏以来でしょうかね。ほぼ1年ぶりです。

マドリードはスペインの首都ですのでナダルの母国開催ということになるのですが
この大会は決してナダルにとってのホームグラウンドではありません。
過去5回の優勝は通常であればそれはそれは圧巻の成績と言えますが
全仏やその他のクレー大会での無双ぶりに比べると意外や苦戦を強いられているとみることもできます。
フェデラーに3回、ジョコビッチも3回、マレーには2回優勝を許していて、いずれの選手から決勝での敗退を経験しています。
また近年ではズべレフが昨年と3年前の2回優勝していて大会との相性の良さを見せています、
トータルで見ればもちろんナダルが一番の成績を残してはいるんですけど、
ナダルの大会という見方はモンテカルロなどに比べれば薄いといえるでしょう。

今年は更に骨折からの復帰大会ですし、
ドローも準々決勝でアルカラス、準決勝でジョコビッチとなかなかタフな引きをしてしまいました。
初戦のバブリクも復帰戦としては曲者感がとても嫌な相手ですし、
次戦もカラツェフ、ゴファン、ザンスフルプ、カレーニョ・ブスタの誰かということでどの選手も嫌な相手です。
今大会の落としどころとしては準々決勝まで勝ち上がってアルカラスとの打ち合いで調子を掴むといったところでしょうか。
そこまで行ければ御の字かもしれないですね。

ジョコビッチとナダルの対戦が見たいという人も多いと思いますが
両者ともにベストコンディションでない状態で期待通りのハイレベルな打ち合いが見られるかわかりません。
まあ名前はビッグなので実現すれば話題になるでしょうが。
それに近い話となりますが、ジョコビッチの近くには、マレーとティエムがいて初戦で対戦します。
お互い復帰を目指すビッグネーム動詞ということで注目と言えるでしょう。
ただまあ、冷静に判断すればマスターズ上位を狙える状態ではないのは事実です。
ジョコビッチの近くには対戦成績で全勝記録樹立中のモンフィスがいますし、
一番近いシードはシャポバロフだしということで、ナダルに比べればジョコビッチのドローの引きはよかったと言えるかもしれません。
むしろシャポバロフと初戦で当たるウンベールや、準々決勝で当たるかルードがこの山のキーとなる選手かもしれないです。
ルードの山にはダビドビッチ・フォキナやホルカチもいますし、ジョコビッチの真の山場は準々決勝以降といえるでしょう。
逆にルードなんかはここはチャンスと思わなくてはいけないですね。
ジョコビッチとナダルを下してマスターズ決勝に行けるチャンスがあるわけです。

ボトムハーフも見てみましょう。トップハーフのジョコビッチとナダルに目が行きがちですが、
こちらにはズべレフ、チチパス、ルブレフ、オジェ・アリアシム、シナーと選手が揃っています。
むしろ優勝候補と言える選手が多いのはこちらの方かもしれません。
アメリカ勢が多いのもボトムハーフの特徴です。
オペルカとコルダが初戦で当たりますし、その他、クレッシー、ポール、ティアフォー、ブルックスビーの名がみえます。
トップハーフに入ったアメリカ選手はイズナーだけです。

どうでしょう。名前を上げるとしたら、ズべレフ、チチパス、で、アルカラス、シナー辺りになるでしょうか。
これだと一般的すぎますかね。
当ブログならではの視点で別の名前を上げてみることにするとなると、
ルードとシュワルツマンにしておきます。


スポンサーサイト



  1. 2022/05/02(月) 12:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2021年度、サイト本体更新(微更新)

本年もありがとうございました。
最終日となりました。年内最後の更新となります。
今年は色々と多忙とか何やらが重なって思うようにブログもサイトも更新できませんでした。

一応サイト本体は更新しましたが、最低限の内容にとどめることになってしまいま氏tあ。
これは痛恨です、ほんとうに申し訳ないです。

ATPのデータとの不整合が生じて一旦見直さないとと思っているのですが
作業が遅々として進まず、いっそのことATPのデータそのままでいいのではないかとも思っていて
それならばデータはATPサイトで確認すればよくうちで集計する必要はないのではないか、
当サイトではより分析的な視点で再構成するのはどうか、などと構想ばかりが一人歩きしています。
で、結局今年はデータページは一旦休止となって、
更新しても齟齬のない以下の4ページの更新にとどまりました。

【年間グランドスラム未遂】
【ATPファイナルズ特集】
【歴代優勝者一覧】
【歴代ランキング1位】

うっぷん晴らしではないですが、【年間グランドスラム未遂】は書きすぎたかもしれないです。
別の年との記事のバランスの悪さ!
まあ今年は他に記事更新がなかった代わりと思ってご容赦ください。

来年はもう少しデータサイトとしてわずかでも前に進んでいきたいですし
ブログの方も更新していきたいと思います。いつもながら気長にお付き合いください。
それではよいお年をお迎えください。



  1. 2021/12/31(金) 12:18:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

2020年、ATPファイナルズはメドベージェフ優勝

テニス界は3強による支配が続き、グランドスラムで同じ選手による優勝が繰り返されていますが
最強選手達が集うこの大会では2016年から実に5年連続で新王者が誕生しています。
その最初の2016年はマレーなので3強+1の選手ではあるのですが
それ以降はディミトロフ、ズベレフ、チチパスそしてメドベージェフと
次々と新しい王者が誕生しているわけです。
3強が出場していないわけではない中でのこの新戦力の勢いというものは特筆すべきでしょう。

これが、この後いつグランドスラムに飛び火するかというのは注目したいポイントです。
直近の新王者5人のうち、マレーを除く4人はまだ誰もグランドスラムを獲得していないわけですから。
逆にティエム、バブリンカ、そして何よりナダルといったグランドスラム王者は
ATPファイナルズを獲得していないのですが、それも非常に興味深いポイントです。
ナダルは当大会を取っていないもっとも強い選手ということになるでしょう。
出場回数的にも実績的にもチャンスはあったと思いますし、
今年もそのうちの一つだったとは思うのですがやはり相性というのがあるのでしょうか。
大会との相性というよりも冬場の季節との相性というのがナダルの場合は正しいかもしれませんが。

今回グループ名にもなりましたが、第1回が1970年に開催された50年もの歴史がある大会です。
その中で、グランドスラムを獲得せずに優勝した例は以下の通りです。

1998年 コレチャ
2005年 ナルバンディアン
2009年 ダビデンコ
2017年 ディミトロフ
2018年 ズベレフ
2019年 チチパス
2020年 メドベージェフ

以上です。僅かこれだけ。51回中の7回。
しかも後半の何人かは今後リストから名前を消せるかもしれません。
というか、そうであって欲しいところです。

優勝したメドベージェフですが、ランク1位~3位の全ての選手を倒しました。
1位~3位を1大会で撃破した例は1990年以降で4例目となります。
これもレアな記録となっています。達成者は以下の通り。

1994年 ベッカー(ストックホルム)
2007年 ジョコビッチ(カナダ)
2007年 ナルバンディアン(パリ)
2020年 メドベージェフ(ATPファイナルズ)

94年当時はストックホルムも現在でいうマスターズ相当の大会だったので
いずれも大きな大会で達成されていることになります。

それぞれの当時の本人のランクキングと倒した選手及びその順番です。

1994ベッカー(6位) 3位シュティッヒ、1位サンプラス、2位イバニセビッチ
2007ジョコビッチ(4位) 3位ロディック、2位ナダル、1位フェデラー
2007ナルバンディアン(25位) 2位ナダル、3位ジョコビッチ、1位フェデラー
2020メドベージェフ(4位) 1位ジョコビッチ、2位ナダル、3位ティエム

これまでの記録はいずれも3連続での勝利となっていますが、今回のメドベージェフのみ
RRでジョコビッチを倒した後にシュワルツマンを挟んで残りの二人に勝利しています。
しかしそうそうたる顔ぶれです。倒す方も倒される方も。
1990年よりも前の記録が気になるところですがちょっと調べても出てこないですね。
まるっきり無かったというわけではない気はしますが。

さて、この中では2007年が特徴的です。実に2度達成されているのです。
夏場に達成した4位のジョコビッチは、その後自身が3位になり、
そしてその年の冬に今後はナルバンディアンに達成される側になったということになります。
そのナルバンディアンは元々高位の選手ではありますが当時25位ということで
本当の意味でのジャイアントキリングを達成した選手といえるでしょう。
何より歴史上もっとも強い3人に唯一3連勝しているわけですから。

ナダルが4例中3例で倒された方として名前が入っています。これも特徴的です。選手生命の長さ。
2007年カナダのジョコビッチのみアウトドアハードですが、残りの3つはインドアハードでした。
多くの事例を見ていくと気付くことですが、やはりインドアというのは波乱の多いコートのようです。

ATPファイナルズがロンドンで行われるのは今年が最後です。
最初にロンドンで行われたのは2009年で、その時の勝者はダビデンコでした。
大会前からそうなったらいいとメドベージェフ自身がコメントしていましたが
ロンドンでの当大会の最初と最後でロシア人選手が優勝したということでよい記念になったようです。
来年はイタリアのトリノで開催されます。

個人的には今年ナダルに優勝させたかったですが、
私が大会運営ならクレーコートでの開催にしていたところです。
しかし残念ながら(?)インドアハードのようです。



  1. 2020/11/24(火) 17:47:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2020年、ウィーンベスト4

・ソネゴvsエバンス
・アンダーソンvsルブレフ

なんと、上位陣がずらりとエントリーした今大会でしたが
ベスト8ではランクが下の選手がすべて勝つという意外な結果になりました。
まあルブレフなどは実質優勝候補の一人ではあったでしょうが
地元の第2シードティエムを下しているわけですからやはり荒れた大会といっていいと思います。

そしてなんといってもソネゴ。
まあジョコビッチが完全に自分のテニスをしていない状態でしたので
凄い選手が登場してジョコビッチをねじ伏せた、というわけではないのですが
No.1に勝利したという実績は得難い価値として残ります。

さて、準決勝2試合のうちルブレフvsアンダーソンは既に試合を終えておりまして、
アンダーソンが途中棄権となりルブレフが決勝に駒を進めました。
仮にここで優勝すると何とジョコビッチを凌いで今年最多優勝数の単独1位に躍り出ます。
ルブレフは今年34勝7敗という見事な成績を収めていますが、
7敗のうち唯一2度負けているのがもう一方の準決勝に進出しているエバンスなのです。
両者の対戦が実現したら今年だけで4度目の対戦となりまして、
これは地味に2020年の名勝負の一つということになるのかもしれません。

※追伸
勝ったのはソネゴでした。4度目のルブレフvsエバンスとはなりませんでしたが、
第1、2シードを下した選手同士の対戦ということになります。



  1. 2020/10/31(土) 23:43:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2020年、全仏ベスト8

すいません。ブログ更新の方、長い時間放っておいてしまいました。
一度書くタイミングを逃すと、書きたいことはいっぱいあるものですから、
時間がある時にまとめて書こうという考えが出て、
時間が経つごとに書く内容もどんどん膨れ上がっていって
結局あれよあれよとズルズルと先延ばしにしてしまいます。
これは実にいけないことです。

ということで、これまで書きたかったことは泣く泣く一旦断ち切って
全仏ベスト8を取り上げていきたいと思います。

・ジョコビッチvsカレーニョ・ブスタ
・チチパスvsルブレフ
・ティエムvsシュワルツマン
・ナダルvsシナー

ん~どうですか。
全てが予想通りとはいかないまでも今元気な選手が揃ったんじゃないですか。

トップ2はもはや別格で、
優勝候補の筆頭格ではあるものの今大会にに関しては少し苦戦するのでは
という思いもありました、ここまで完勝してくるとはもう呆れます。

ジョコビッチに挑むのはカレーニョ・ブスタです。
全米の再戦であり、先のベスト4に次ぐGS2連続の好成績となっています。
カレーニョ・ブスタは3回戦でバウティスタ・アグーとの同郷対決を制して勝ち上がっています。
対ジョコビッチ成績の良いのはバウティスタ・アグーの方で、
カレーニョ・ブスタは全米でのジョコビッチ失格の時しか勝利していないわけですが
今回改めてどこまで抵抗できるか見ものです。

チチパスvsルブレフは前哨戦決勝の再戦となりました。
正直、前哨戦で良い成績をおm\覚める若い選手がグランドスラムで勝ち上がってくるとは思いませんでした。
しかしこの両者の実力を考えれば前哨戦でもグランドスラムでも活躍するのはおかしくないことで
今年は大いに体力が余っているということなのかもしれません。
特にルブレフは前哨戦で優勝していますし、全米でもベスト8に残っていますから今絶好調の選手です。

全米勝者ティエムは、全米以降他の大会に出ずにぶっつけ本番で来ています。
4回戦のガストン戦は思わぬ苦戦もありフルセットとなりましたが、
そこは実力者、最後にはしっかり勝ち上がっています。
今大会はティエムのドローがどうなるかが注目でしたが、ナダル側であったということで
ただでさえ優勝候補トップであったジョコビッチが更に明確な1位になっていたようでした。
もはや現時点ではグランドスラムでのジョコビッチの快進撃を止めるのは
ナダルよりもティエムの方が可能性が高い思っている方も多いようです。
ティエムの欠点は早いラウンドでの負け癖でしたが、少なくとも今年のグランドスラムではそれは払拭されています。
準優勝、優勝と来ていますので、3大会全てでベスト8という好成績を残しています。
これはもちろん今年ではティエムだけが達成している記録です。

シュワルツマンも調子がいいです。
ローマではナダルを下して決勝に進出しています。
シュワルツマンも力はあるものの成績が安定しない選手の典型だったので
ローマで活躍をしてしまった以上、全仏は果たしてどうだろうか・・・という疑いがありましたが
ここでも見事に好調を維持して勝ち進んできています。

ナダルに挑むのはシナーです。19歳。正真正銘の若者。
若い選手は、ここ15年程ずーっと、いつの間にか若者でなくなっていくさまを
何度も何度も見続けさせられてきました。
何人の若者がいつの間に中堅になってそしてベテランになっていったことでしょうか。
しかししかし、このシナーという選手はさすがにもうそれを脱却していい世代です。
将来のチャンピオンになってほしい、というかなってくれるのではないかと思える選手でもあります。
感覚と才能のシャポバロフ、安定と鉄壁のシナー。この2名が何年後かのATPを席巻している、といいなあ。


  1. 2020/10/06(火) 12:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2019年、全仏準々決勝ボトムハーフ

今年のベスト8の顔ぶれです。
・ジョコビッチvsズベレフ
・ティエムvsカチャノフ
・フェデラーvsバブリンカ
・ナダルvs錦織

カチャノフがデル・ポトロに勝利したことで辛うじて新顔感の雰囲気が残りましたが
なんだかんだでキャリアのある選手が揃うという、戦前の混沌とした雰囲気からは違う
安定感のある勝ち上がりが展開されています。

もう少し乱れる部分もあるかと思ったんですがね。
なんだかんだで接戦を勝ち上がってきたバブリンカと錦織に負うところが大きいです。
この両者の場合、その経験値がベスト8にまで勝ち残らせたのだと感じます。
対戦相手との実力差ばほとんど近接状態であり、両者とも敗退していてもおかしくなかったわけですから。

改めて、近年のグランドスラムは経験がものをいうんですね。
そして両者はフェデラーとナダルに敗退しました。
バブリンカはかなり競った素晴らしい試合を見せましたが、錦織の方は瞬殺と言っていいレベルでした。
更に上を行く経験値に封じ込められてしまったわけです。

バブリンカも良い試合をしましたが、なんといってもフェデラーの戦い方はです。まったく惚れ惚れします。
このストローク優位の時代に、クレーコートにおいて、しかもバブリンカという強打の見本市のような選手を相手に
何故ああも効果的なネットダッシュを仕掛けられるのか。他の誰も真似できないフェデラーだけのプレーです。
試合全体を見ればミスもあったし、パワーで負けていましたからもちろん万全な勝利ではありませんでした。
しかし、大会前は出場できれば良いとか、第2週に行くだけでも十分とかそんな状態だったはずなのに
久々の出場でベスト4って、ちょっとおかしいというかなんか次元が違いますね。

バブリンカも悪くはなかったです。
チチパス戦もそのピンチを凌ぐ能力の高いこと!
第1セットの2ndサーブ獲得率は3割程度だったのになぜタイブレークまで持ち込めるんでしょうか。
試合を通じてブレークポイントを凌いだ数は実に「16」。チチパス戦に至っては「22」でした。
こんなのを続けられたらフェデラーの調子もいつか狂うのではないかと思わされました。
流れはいつバブリンカに行ってもおかしくはなかったですが、そこはフェデラー、
昨日の試合では最後まで崩れませんでした。良い試合だったと思います。

ナダルvs錦織は、もう気の毒としか言いようのない試合でした。
正直、錦織が勝つとは思っていませんでしたが、全豪や全米でのジョコビッチ戦同様、
こうも力の差を出されてしまうというのでは
ベスト8に残ったということでその健闘を称えたい気分がある反面、
その上に行くには通用しなさすぎるという絶望にも似た感覚が襲ってきます。
第2週以降は疲れからナダルに対してはチャンスがあるのではないかという戦前の予想はどこに行ったのか。
もちろんまだ2試合を残していますからナダルの好調もずっと持続するとは限らないわけですけど。

本日はトップハーフの2試合が行われます。
ボトムハーフに比べると「キャリア組vs挑戦者」という雰囲気の2試合です。
薄氷の勝利を重ねてきているズベレフは、GS3連覇中のもう一人の強者が空いてです。錦織状態にならないといいですが。
ティエムvsカチャノフの方が純粋に実力の拮抗した選手同士の試合として楽しめるかもしれません。


  1. 2019/06/05(水) 12:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター