FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2010年シンシナティ開幕

さて、先週に続き、連続でマスターズ1000が開催されます。

一見もっとスケジュールをバラけさせたほうがいいのではとも思えるのですが
トップ選手はマスターズ1000への出場は義務付けられていますから、
ある程度固められたほうがコンディション調整がしやすいという利点もあります。
先週の反省を活かすとか、リベンジを果たすとか、ホットな話題も豊富になります。

今大会のドローはトップ8シードをあげると以下のようになります。

・ナダルvsベルディフ
・フェデラーvsダビデンコ
・ベルダスコvsマレー
・ソデルリングvsジョコビッチ

この中で一番コアなのは一番下のジョコビッチの山です。
ソデルリングの近くにヒューイットがおり、そしてロディックがいます。
また、リュビチッチvsナルバンディアンという
5年前であれば準決勝で見られるような好カードが初戦で組まれています。
リュビチッチもナルバンディアンも今年復活の狼煙を上げていますので
ただの懐古趣味的な好奇心には終わらないゲームとなるでしょう。

また、先週の大会ではトップ4人がベスト4そろい踏みをしました。
今大会でもその安定感を期待したいところです。
もしも2大会連続での達成となったら一時廃れかけた4強時代の再燃となるでしょう。

4強時代というのはかつてもちょこちょことありましたが
現在の年齢分布を見ますと丁度80年代後半を思い出させます。

《現在》
フェデラー(29歳)
ナダル(24歳)
ジョコビッチ(23歳)
マレー(23歳)

《1989年》
レンドル(29歳)
ビランデル(25歳)
エドバーグ(23歳)
ベッカー(22歳)

ベテラン1人を中堅3人が追うという形です。

対応としては以下のようになるでしょうか。
 フェデラー - レンドル
 ナダル - ビランデル
 ジョコビッチ - ベッカー
 マレー - エドバーグ

フェデラーとレンドルの年齢を重ね合わせた場合、今年は1989年に相当します。
レンドルは前年にビランデルから奪われた1位を再び取り返した年です。
フェデラーの場合と境遇もなんとなく似ています。

エドバーグもベッカーも後に1位になりますが、この時点では最高位2位でした。
ジョコビッチとマレーに相当すると考えればこれもよく似ています。

その後を見てみると、1989年の場合、まず翌年にレンドルが落ちます。
そしてしばらくエドバーグが1位である時期がありましたが
基本的にこの世代の選手たちが次の時代を担ったわけではなく
さらに若い世代が出てきてそれに押される形となりました。

つまり今で言えば1990年代生まれのまだ見ぬ選手達ですね。
今後ここまで似た境遇になるかはわかりませんが
果たしてどうなっていくのか、過去と照らし合わせて
追ってみるというのも面白いのではないでしょうか。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/08/17(火) 17:14:29|
  2. 2010年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2010年トロント、マレー優勝

久々にマレーの良い所を見た気がします。
スランプとまでは行かないですけど
このところずっと期待通りの活躍は出来ていませんでした。

今回は準決勝でナダル、決勝でフェデラーを下しての優勝でした。
当ブログでもしばしば指摘してきておりますが
マレーのこういう形での優勝というのは大変珍しいです。

単体で見ればナダルにもフェデラーにも勝つ力があります。
しかし、1つの大会でナダルとフェデラーを連続撃破したというのは
これまでに一度もなかったことなのです。
準決勝でどちらかに勝っても決勝では負けるということを続けていました。

マレーはそのポテンシャルが高いだけに
どうもこういう所が目立ってついつい苦言を呈してしまうというのが
いつもの当ブログでのマレー評価でした。

格下の選手にころっと負けたかと思えば
どんな相手にでもドカドカと勝っていくジョコビッチとは
ある意味好対照の選手だと言えるでしょうか。

マレー、ジョコビッチが今後ナダル、フェデラーの壁を破っていくには
それぞれの弱点を克服していかないといけないのですが、
まずはマレーが一つ結果を出したということになります。

マレーも、もういい加減グランドスラムタイトルが欲しいところでしょう。
今後を占う意味で、過去にも取り上げたかもしれませんが
一つのデータを出してみます。

今大会は、ウィンブルドンと全米のちょうど中間に開催されるので
全米を占う大きな大会のように感じます。
以下に今大会と全米で両方優勝した例を上げてみます。

1972年 ナスターゼ
1975年 オランテス
1984年 マッケンロー※
1987年 レンドル
1998年 ラフター
2000年 サフィン
2003年 ロディック
2004年 フェデラー※
2006年 フェデラー※

※ウィンブルドンも制覇

過去9回を多いと見るか少ないと見るかは
初めに抱いていた印象によって違ってくると思いますが
私は随分少ないと思いました。

たくさんやってそうなコナーズやサンプラスは一度もないし
全米3回カナダ6回優勝しているレンドルですら1回しかありません。
そうしてみるとフェデラーの2回は輝かしいですね。

また、顔ぶれと達成年をつぶさに見ると衝撃を受けます。
全ての選手の生涯最高の年に達成されているからです。
2度やっているフェデラーも昇り龍の如きあの2004年と
そして年間成績最高年である2006年ですから納得です。

今回マレーがもしも全米で優勝を果たすとするならば
ここに名前が加わるわけです。
マレーにとって最も与しやすいグランドスラムは
おそらく全米でしょうから可能性はありますし
ここまで潜伏期間が長いのだからあるきっかけで一気に上がっていくという雰囲気もあります。
もちろんヘンマン化しつつある現状から抜けだせないという怪しさも半々で同居してはいます。

マレーは去年のディフェンディングチャンピオンですので今大会2連覇となります。
過去、連覇というのは少ないです。
マッケンロー、レンドル2回(2連覇と3連覇)、そしてアガシだけです。
フェデラーもやってません。

マレーはハード適正が高いことが確認されていますが結果も出しているんですね。
本当、あとはグランドスラムだけということになります。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/08/16(月) 09:48:08|
  2. 2010年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2010年、トロント2回戦

ロディックが残念ながら棄権となってしまいましたが
それ以外の上位7シードはいずれも勝ち上がっています。

全体の4つのブロックに分けた場合、一番濃いのがマレーの場所です。

次はマレーvsモンフィス、ソデルリングvsナルバンディアンという
いずれも楽しみな戦いが控えています。
この中ではナルバンディアンのみノーシードですが
その実力はもちろんご承知のとおりですし、前週の大会でも優勝しています。
今大会もダビド・フェレール、ロブレドを撃破しての勝ち上がりですので
今一番乗っている選手かもしれません。
ソデルリングとの過去の対戦はナルバンディアンの5勝1敗です。
全仏のこともありますので今のソデルリングに過去の成績はあまり関係ないのかもしれませんが。

トップハーフのもう一つ、ナダルのブロックでは、ロディックがいなくなったのと、
チリッチ、クエリーが敗退したのとで、ナダル以外にはシード選手が残っていません。
今大会はナダルの真価を問う長いハードコートシーズンの幕開けにあたるわけですが
少し楽になっているかなといったところでしょうか。
まあ、準決勝まで行くとそうも言ってられませんが。

ボトムハーフに関しては順当に行けば上位シード同士が戦うことになるのかなという感じです。
ベルディフvsフェデラー、ダビデンコvsジョコビッチ
いずれも実現すれば刮目必至の好カードとなります。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/08/13(金) 11:06:09|
  2. 2010年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

2010年トロント開幕

マスターズ1000、トロントが開幕しました。
ATP、久々の大きな大会です。

フェデラーがボトムハーフの、それも中段に位置するという
大変見慣れないドローでスタートしています。

大会のポイントとしてはまずナダルでしょう。
ハードコートでのパフォーマンスは果たしてどうかということになります。

何もしなくても来年のクレーシーズンまでは1位でしょうが、
それではチャンピオンとしての資質を疑われてしまいます。
今回は全米に向けたウォームアップの意味もあるとは思いますが
それはどの選手も同じことなので、結果を重視したいところです。
去年でもほぼ全てのハードの大会で準決勝、準々決勝までは行ってたんです。
その安定感はさすがというところなんですが、全米前に一つくらいは
久しぶりのハードのタイトルを取っておきたいところなんじゃないでしょうか。

ナダルの組にはベスト8で当たる位置にロディックがいます。
他にもバブリンカ、クエリー、チリッチ、コールシュライバー、
ティプサレビッチ、トロイツキと結構油断のならない相手が多いです。

トップハーフのもう一つの組には第4シードのマレーと第5シードのソデルリングがいます。
1年前と比べてマレーの勢いは陰っていますので、今はソデルリングが本命なのかもしれません。
また、ここは初戦からいきなりフェレールvsナルバンディアンがあったり、モンフィスがいたり、
ゴンザレス、ロブレドのキャリア組やグルビス、デ・バッカーの若手組がいるなど
なかなか混沌としています。

ボトムハーフで第2シードを任されるのがジョコビッチです。
フェデラーよりも上のシードをもらうのは初めてのことでしょう。
今回ジョコビッチは比較的楽なドローに入ったと思います。
ベスト8の位置にダビデンコがいますが怪我上がりのため
ベルダスコが対抗馬と言えるかもしれません。

そしてボトムハーフのもう一つにいるのがフェデラーです。
今回は第3シードということになります。
ベスト8でウィンブルドンで苦杯をなめたベルディフと当たることになります。
その他のメンバーを見ると、通常のフェデラーであれば何も問題のない名前のようにも思いますが、
果たして勝ち上がりはどうなるでしょうか。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/08/10(火) 16:54:06|
  2. 2010年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
前のページ

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター