FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2011年、上海マスターズはマレーが優勝

上海マスターズはマレーが優勝しました。
これでバンコク、東京から3大会連続の優勝となりました。
アジアシリーズハットトリックという言い方をされていますね。
ランキングもフェデラーを抜いて3位に浮上しました。

今年のマレーはタイトルは5つ目となります。
ジョコビッチの10はダントツですが、ナダルが3、フェデラーは1ですから
勢いという意味でも今はマレーがきています。
トップ4のうち3人が不調ですから、マレーの一人勝ちなのもごもっともというところでしょうか。
これから得意のインドアシーズンに入って行きますので短期的なマレーの時代となるかもしれません。

そんなマレーが凄いということで片付けることにしますが、錦織は残念でした。
さすがに付け入る隙はありませんでした。
錦織の勝ちパターンはテンポのよいショットをポンポンと決めていくことだと思いますが
守備も完璧なマレーはもっとも与し難い相手だったといえるかもしれません。
マレーのショットは攻守ともに完璧で、さすがに格上感満点でした。

もう一つの準決勝はとても面白かったです。
フェレールvsロペス。過去はロペスの6勝5敗とほぼ互角なのですが
フェレールの5勝の内4勝はクレーコートであり、ハードではロペスの6勝1敗でした。
ロペスは今の流行とは違い、スライスやチョップショットを多用してネットを取る
まあいわばオールドタイプのスタイルでプレーします。
ランキングも30位前後が定位置で勝ち続けるには難しい部分はありますが
それでも定位置からはほぼ動かずにいる、ある意味安定した選手であり
コート種別も気にしないパフォーマンスを維持していますので
やりにくいと感じる選手には、とことんやりにくい相手です。

そんな中、フェレールの対応に注目して観ていたのですが
いつもよりも積極的にぐいぐいとネットを取るプレーが印象的でした。
フェレールはチャンスとあれば普段からネットを取りますが、いつも以上に前後の動きはダイナミックでした。
ロペスが強打をいなしてくると読んでいたのでしょう。
いつもはロペスの緩急に付き合ってペースが乱れたりもするのですが、
この試合は自分の仕掛けるペースを維持するように意識していたようでした。
ロペスのほうも緩い球から強打までを様々に散らしていき、共にネットを取っていたので
ネットとパスの攻防は見応えが有りました。

ロペスは風貌も多分に影響しているのでしょうが、かつてのラフターを思わせますね。
サーブ、ネット、緩急、ダイナミックな動きと、重なる部分は大きいです。
こういうプレーをする選手が数少ない今、実に貴重な存在です。

試合は白熱したままファイナルセットに突入しましたが、
最後までプレーレベルを維持できたかどうかが勝負を分けた気がします。
フェレールが最後に勝利を手にしました。いい試合でした。


さて、ATPツアーはいよいよ最後の大詰め、ヨーロッパのインドアシーズンに入って行きます。
アジアからの調整変更は難しいかもしれませんが
2週間はマスターズ250のみの開催ですので
マレーやフェレールのようなトップ選手たちには時間の余裕があります。

しかし、10位前後の選手たちは上海で軒並み低調でしたから、
少しでも多くのポイントを稼ぎたいという思いがあるかもしれません。

今後多くの大会に出てポイントを取りに行くか、
しっかりと調整して大きな大会での結果を重視するか
判断に迷うところだと思います。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/17(月) 11:27:17|
  2. 2011年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2011年、上海マスターズ、荒れてます

ベスト8が出揃いました。

ツォンガ、フィッシュに加えてナダルやベルディフが敗退、
上位8シードで残っているのはボトムハーフのマレーとトップハーフのフェレールだけとなりました。
大いに乱れています。

トップハーフでは第10シードのロディックが勝っていますが
次の相手がフェレールですので、実績組が削りあう形となってしまっております。
(ちょうどこの記事執筆中に両者の対戦が行われています。まだ第1セット互角の攻防です)

ナダルはやはり好調ではないんでしょうか。今のところランキングポジションは安泰ですし、
この時期は毎年良くはないので、大げさに騒ぐ部分ではないかもしれませんが、
それでもベスト8に残らないなんて珍しいことです。
ここは、ジョコビッチ、フェデラーとともに復調を目指して欲しいと思います。
年末の大会で上位陣総崩れとか、更に悪く欠場が相次ぐなんてことのなったら目も当てられません。

明るいニュースはこれ。錦織が残ってますね。次は第12シードのドルゴポロフです。
強敵ですが錦織はツォンガを破ってますから是非勢いを持続させて欲しいものです。
ただ、当ブログをよくご覧になっている方は御承知のことかと思いますが、
私が誰かに対して期待めいたことを書くと、次の瞬間にころっと負けたりしますので
今はあまり多くを語りますまい。ドルゴポロフ強いよ~勝てるかなあ?くらいにしときましょう。

でも、仮に勝ったとしたらベスト4で、いよいよマレーということになりますね・・・
って、いや止めときますね。期待しないほうがいいんです。
因みに決勝にまで勝ち上がって相手がフェレールだったりしたら、
先週の借りを返してしかもマスターズ1000で優勝!ストーリー最高!ってなりますが・・・
はっ!いやホントすいません。妄想です。期待してないです。

ATPファイナルへの切符も混迷を極めています。
現在、ジョコビッチ、ナダル、マレー、フェデラー、フェレールまでが出場を決めています。
残る椅子は3つで、ポイント的にはベルディフ、フィッシュ、ツォンガの順となっていますが
いずれも今大会では敗退してしまいました。

もっとも、その下のアルマグロ、シモンも敗れていますのでこれまたよくわかりません。
アルマグロなんて毎度、地味~にポイントを稼いでいるのでこういうところで少しでも勝てれば
ダークホース的にポジショナップを狙えるとは思うんですけどね。
ただ、安定感でポイントを稼ぐタイプであり上位陣同士の対戦では分が悪いですから
ATPファイナル向けの選手ではないといえるかもしれません。

それ以下の選手を見てみますと、
ソデルリング、デル・ポトロ、ティプサレビッチ、ドルゴポロフと続いています。
ようやく勝ち残っている選手が出てきました。
今大会でドルゴポロフが結果を出すとまた一気にポジションをまくってきます。
これまた読めないところです。

いずれにせよ錦織vsドルゴポロフはあらゆる観点から注目の一戦と言えそうです。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/14(金) 16:28:21|
  2. 2011年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2011年、上海マスターズ開幕

さあ、アジアシリーズ最大の大会がやって参りました。
試合のほうは既に2回戦まで進んでいます。

ジョコビッチとフェデラーの欠場があり、
盛り上がりに欠ける部分もありますが
その分残りの選手が大いに活躍してくれればいいと思います。

ドローは56ですのでトップ8シードは1回戦が免除されてます。
つまり2回戦が初戦となるわけですが、ここで錦織がやってくれました。
第4シードのツォンガをフルセットの末下したのです。

先週のジャパンオープンでは相手に恵まれなかったとはいえ初戦敗退でしたから
その鬱憤をよくぶつけてくれたと思います。
ジャパンオープンの相手であるフェレールは今回第3シードで、
ツォンガとポジションはほとんど変わりませんししかも錦織は一度全米でも勝っていますから、
コンディションとかその他諸々の歯車一つの関係で
錦織はトップに勝てる選手になっているのだといえます。
あとは安定感、そして慢性的な怪我の克服ですね。

その他上位シード勢では第5シードのフィッシュが敗退しています。
先週の有明では好調を見せていた選手なだけに残念です。勝ったのはトミックでした。
記憶に新しいところですがこれは先週の再戦であり、トミックはリベンジを果たしたことになります。

こうした例を目にすると、
1週間の違いで選手の好不調の波が激しく入れ替わっているという印象を持ちます。
コンディションをキープし続けるというのは難しいことなんですね。
そんな中、ナダルとマレーが先週に続きまた決勝に進出するということになれば
やっぱりトップ4は凄いんだなあという印象がより一層強くなります。
他の選手達としてはこれは是非とも食い止めたいところでしょう。
混迷しているATPファイナルへの残り4つの切符争いと合わせて
今後注目していきたいポイントです。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/13(木) 11:53:07|
  2. 2011年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2011年、ジャパンオープンはマレーが優勝

上位4シードがベスト4に残り、トップ2シードが決勝に残るという
極めて順当な勝ち上がりを見せた大会でした。

開始時は盛り上がりの薄さにどうしたものかと思ったものですが、
準決勝以降は映像で見る限りは客の入りもまずまずだった気がしまうがどうでしょうか。
もっとも本来あるべきと言うかかつての盛り上がりからすると
随分と寂しい感が強いのは否めませんが。

さて、決勝はマレーvsナダルとなり「3-6 6-2 6-0」のスコアでマレーが勝ちました。
今年はグランドスラム3度を含む計4度の対戦で全てナダルが勝っており
対戦成績も大きく水を開けられていたのですが、マレーとしては久々の勝利となりました。

トップ2シードの決勝、そしてフルセットの逆転勝ちと、
一見して熱戦度は高そうですがスコアには残念感が漂います。

全米決勝でもそうでしたが、ナダルが重要な試合で、
最後のセットをこうもいとも簡単に何も出来ずに取られるというのは
これまでそう無かったことではないでしょうか。

今回はマレーのプレーが抜群だったとのことなので
ナダルのモチベーションの低下とか体力の低下とかそういた負の要因ではなく
むしろマレー側の高評価として捉えるべきなのかもしれません。

また、マレーは兄ジェイミーと組んだダブルスでも優勝しました。
単複両制覇は1991年のエドバーグ以来とのことです。
その時のエドバーグのパートナーはウッドブリッジでした。
エドバーグは単複両方でNo.1になった選手ですし、
ウッドブリッジもご存知ダブルスのレジェンドですから
これ王道の優勝だったかもしれません。
それに比べると今回のマレー兄弟の優勝はより快挙感が強い気がします。


さて、ツアーはいよいよ上海マスターズに突入します。
残念なことに今年テニス界の話題を独占しているジョコビッチは欠場を発表しました。
シーズン後半ですから無理はできないところでしょう。
思えば最強時代のフェデラーもナダルもシーズン後半のマスターズは欠場をしていました。
今の時代のテニスでは全力で戦うと一年間無傷という訳にはいかないようです。
ここはファイナルを見据えてしっかりとコンディションを回復して欲しいです。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/11(火) 10:28:55|
  2. 2011年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

2011年、ジャパンオープンベスト8

ベスト8が出揃いました。
唯一初戦を勝ち上がった伊藤ですが、残念ながら敗退してしまいました。
しかし、相手はトミックでスコアも「6-7 6-1 7-5」という接戦でしたから
十分な活躍だったといっていいのではないでしょうか。

日本人選手は姿を消していますがトップ4シードは残っております。
ナダル、マレー、フェレール、フィッシュですね。
まあこの辺は簡単に姿を消されても困るところですが
ナダル以外の3選手は既に一度フルセットを戦ってますので
決して安泰の勝ち上がりをしているわけでもありません。

特にマレーは初戦は強敵バグダティスでしたし、
次の準々決勝ではナルバンディアンと当たります。
ナダルと比べてドロー運は悪いと言っていいでしょう。
その分、良い試合を展開してくれることを期待したいです。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/07(金) 11:51:29|
  2. 2011年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2011年、ジャパンオープン初戦

初戦が始まっています。この記事を書いている時点では
マレーvsバグダティスとティプサレビッチvsツルスノフが行われていませんが、
その他の試合は終了しています。

早速日本人ですが、
錦織と添田は残念ながらストレートで敗退してしまいました。
それぞれフェレールとナダルですので相手が悪かったは言えますが、
折角の地元開催なので欲を言えばもう少し見せ場が欲しかったかなと思います。

特に錦織は一度全米で勝っている相手です。
またナダルもスロースターターですから
その辺を突いていく可能性も無いではなかったのではないかと思います。

テニス自体、日本でのメディアの盛り上がりも今ひとつですが
試合によっては少し違ってきたた可能性も否定できません。

さて、惜しかったのは杉田です。
ラオニッチを相手にファイナルセットタイブレークにまでもつれました。
これで相手がナダルだったらもっと騒がれたことでしょうが
活躍度でいえば充分ではないでしょうか。

日本人で勝ち上がったのは伊藤だけとなっています。
次はトミック、更にフィッシュとグルビスの勝者と続きます。
見応えがありそうなので是非とも勝ち上がって欲しいところです。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/05(水) 10:27:52|
  2. 2011年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2011年秋、ジャパンオープンが始まります

全仏を除き、どうしてもグランドスラム後というのは休息モードに入ってしまいます。
アジアシリーズが始まっていますのでまた気持ちをテニスモードにしないといけません。

今週はジャパンオープンです。
直接観に行かれる方もおられるのではないかと思います。

正式名称は楽天オープンですが、
スポンサー名で呼び慣れるといつ名前が変わるかわからないので
当ブログではどの大会でも開催地名で呼び名を一貫させています。

毎度のことですが、アジアシリーズは年の後半に当たりますし
グランドスラムの熱戦を戦い抜いた選手たちは疲労困憊しています。
怪我や調整不足で思ったほど上位選手が活発でないことが殆どです。
今現在もジョコビッチとフェデラーがコンディションに不安を抱えています。

90年代までであれば日本の大きな大会は2つあって
名選手が多く来日していたのですが、
それと比べてしまうと随分と寂しくなってしまったものです。

今後、年末にかけてATPツアーはインドアがメインになっていきますので、
アウトドアで行われる東京の大会は調整に向いているわけではありません。
上位選手が集まらないのも仕方ないといえるでしょう。

しかし、敢えてこの状態を楽しむ方法を考えれば
・これから正念場を迎えるATPファイナル狙いの選手達には本気の戦いが期待できる
・まだ見ぬ若い選手が予想外の活躍をする可能性がある
・日本人選手の勇姿が見やすい
・出場してくれる数少ないトップ選手には勝ち上がりが期待できるので決勝カードが予想しやすく、
 選手目当てで買ったチケットが無駄になりにくい

他にもあるかもしれませんがこんな辺りでしょうか。
私としては中でも「ATPファイナル圏内の選手」には特に注目していきたいです。

今大会では、既に進出を決定しているナダル、マレーの他、
フェレール、フィッシュ、ティプサレビッチがATPファイナル圏内の選手として出場しています。

一応ティプサレビッチよりもトロイツキのほうがシードが上になっていますが
ランキング自体は本日の発表で逆転されています。トロイツキが16位、ティプサレビッチが13位です。
トロイツキは去年のこの時期調子が良くて、東京でベスト4、モスクワで優勝、バーゼルでベスト4でした。
しかしこれは当然今後失うポイントが多いということになりますので
年末に向けてのポイント争いではやや苦しいポジションにいることになります。
もちろん去年と同じかそれ以上のパフォーマンスを見せればいいわけなので
その意味ではモチベーションが高いかもしれません。
トロイツキは初戦トミックと戦います。いきなり面白い対戦です。

その他、大会は結構初戦から見応えのあるカードが組まれています。
マレーvsバグダティス、ティプサレビッチvsツルスノフ等
日本人選手も注目です。ナダルvs添田、フェレールvs錦織と、この辺は見逃せないですね。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/03(月) 10:26:03|
  2. 2011年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター