FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2015年、全仏開幕

さて、全仏が開幕しました。
今回一番の注目は何といってもランクを下げたナダルがどの山に入るかということでしたが、
なんとなんと、準々決勝でジョコビッチと当たる山に入ることになりました。

過去のグランドスラムでも、本来決勝で当たるべきライバルが、
片方がランクを下げたがために早いラウンドで当たったことが何度かありましたが、
これがまた異様な名勝負となる例がしばしば確認されています。

古くは1931年ウィンブルドン準々決勝のコシェvsチルデンがあげられます。
この時はコシェが2セットダウンから15ものマッチポイントを防いでの大逆転勝利を収めました。
※失礼しました誤りでした。1931年ではなく1927年でしかも両者の対戦は準決勝でした。

近年では2001年全米のサンプラスvsアガシや、1988年全仏のレンドルvsマッケンローがあります。
いずれも勝負は4セットで決着しましたが、それぞれの対戦の中でも傑出した名勝負となっています。
特に全仏の例である1988年のレンドルは2日に渡るこの激戦を制した後、全精力を使い果たしてしまったか、
次のラウンドでヨナス・スヴェンソンに金星を献上してしまうというありえない醜態をさらしてしまうのでした。

ジョコビッチがナダルに勝ったとしても、へとへとの状態だったとすればその後の戦いに影響が及びます。
ナダルにはそうした混戦模様の一役を担うことがまず期待されるところですが、ここ数か月での負け方を見ると、
果たしてジョコビッチをそこまで追い詰める体力が備わっているのか、という部分が焦点といえそうです。

この激しいドローが組まれたからと言ってジョコビッチが優勝候補であることには変わりありません。
一番近い場所にいるシード選手はトミック、続いてK・アンダーソンかガスケとなっていますので
ナダルと当たるまで大きな障害はなさそうです。

一方のナダルはジョコビッチと対戦する前に2回戦でドルゴポロフかアルマグロの勝者と当たりますし、
3回戦ではディミトロフかロブレドといったシード選手が控えています。結構な難敵が揃っているのです。
ジョコビッチ戦の好勝負云々の前にまずは勝ち上がれるか、というところでしょう。

さて、準決勝でジョコビッチと当たる場所には第3シードのマレーが入りました。
マレーの山には好調のキリオス、イズナーの他、フェレール、チリッチといったシード選手が入っています。
今回はマレーの勝ち上がりにも注目が集まっていますが、
実力者がひしめき合っている道のりは決して簡単ではなさそうです。
誰と当たっても激戦となる可能性を秘めています。あ、いや、でもチリッチはどうかな。

ボトムハーフに行きましょう。
既にいくつかの試合が終わっています。
第2シードのフェデラー、第5シードの錦織はともに危なげなく勝ち上がりました。

フェデラーと準々決勝で当たる山には第8シードのバブリンカが入りました。
フェデラーにとってはこの準々決勝が最初の大きな壁となりそうです。
ただ、その他にもモンフィス、シモン、グルビスなど強力なシード選手が揃っています。
今のフェデラーならば油断をしなければ大丈夫だろうとは思われますが、決して安心感の高い組み合わせとは言えません。
因みにここにはカルロビッチも入っていたのですが初戦で敗退してしまいました。相手はバグダティスでした。
カルロビッチは1stの確率が60%、ダブルフォルトが11本と、いつもに比べてサーブの調子が悪かったようです。
それでもはエース21本とストレート敗退にしては大量といえるさすがの数字を披露しています。
まあ、勝ったバグダティスも1stの確率は36%!、ダブルフォルトは8本と結構ひどいもんだったんですがね。
お互いサーブの出来は良くなかったわけですが、サーブへの依存度の少なさが明暗を分けたことになるでしょうか。
バグダティスはこのまま勝ち上がると3回戦でフェデラーと対戦することになります。

第5シードの錦織は、第4シードのベルディフの山に入りました。
錦織のベルディフとの過去の対戦成績は3勝1敗です。正直、今回は引きが良かったと思います。
外していたらジョコビッチ、マレー、フェデラーの誰かでした。
ただし唯一のクレーでの対戦では敗退しているのでもちろんベルディフだから安心というわけではありません。
ベルディフだって相当な実力者であることは疑いもない事実ですから。
初戦の錦織は地元のマチューを一蹴しました。もうマチューレベルでは錦織は動じないんですね。
このまま勝ち上がると3回戦でダニエル太郎との同国対決が組まれる可能性があります。
ただし、ダニエルは初戦でベルダスコを下さなくてはいけません。
なんか全豪でもありましたね、ベルダスコが日本人を阻んだことが。
その時の相手は確か添田でした。今回のダニエルはそのリベンジということですね、なんとかお願いします。

今回日本人は錦織を含めて実に5人がめでたく本選出場を果たしていますが、
不思議なことに全てこの錦織の山に入っているんです。
しかも皆初戦の相手がシード選手という状況です。

ダニエルはベルダスコ[32]、
添田はコールシュライバー[22]、
伊藤はフォニーニ[28]、
西岡がベルディフ[4]

ベルディフ以外は下位シードではありますが、当然ながら日本人選手にとってみれば遥かに格上です。
既にこの中で添田はコールシュライバーに敗退してしまいました。スコアは「6-1 6-0 6-2」。
さすがコールシュライバー氏、血も涙もない。愛も情けもない。
全豪の時にもそうでしたが初戦を完勝するのが今年のコールシュライバーの流儀なのでしょうか。
今大会の台風の目、そうそれはコールシュライバー氏で間違いないでしょう。
私は今年、グランドスラムではコールシュライバー氏を押し続けます。
この山で最大の障害はベルディフでもツォンガでもF・ロペスでもなく
コールシュライバー氏であろうと思うのです。
錦織は覚悟をして当たっていかなくてはいけません。


テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/05/25(月) 09:51:49|
  2. 2015年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

2015年、ローマ優勝はジョコビッチ

まあ、予想通りでした。
準々決勝からの対戦相手も上位のシードでしたし、危なげなく勝っていったといっていいと思います。
これらの中ではフェデラーの決勝進出が一番の意外性を持っていたかもしれませんが
フェデラーもクレーシーズン終盤に向けて良い調整ができてきたということになるのではないでしょうか。

全仏はジョコビッチが絶対の優勝候補であることは間違いないでしょう。
既にキャリアが充分にある上に、まだ一度も優勝したことのない選手であるにも関わらず、
ここまで圧倒的な優勝候補になっているというのも珍しいことです。

これまでのグランドスラムの長い歴史には、
往々にしてこういう時に落とし穴が潜んでいたりもするのですが
今回はジョコビッチにとって全仏が鬼門にならないかの瀬戸際とさえ言えそうです。

ジョコビッチ以外の選手ということになると途端に上位数名で混戦状態になります。
それぞれに可能性はありますが傑出していない感じです。
ジョコビッチへの一番の対抗馬がだれかというのもよくわからない状態です。

対ジョコビッチだけを考えれば、結局私の中では変わらずに錦織が第一なのですが
錦織も苦手な選手がおりますので、そうした選手に当たらないドロー運が必要です。
もっとも、全米の時にはジョコビッチの前にバブリンカと当たってしまうという
引きの悪さはあったのですが、その運を撥ね飛ばす活躍を見せました。
結果論からすれば運なんてのは些細な事なのかもしれませんが
やはり事前にドロー表を見る段階においては重要なファクターとなります。

これまで、生涯グランドスラマー3人が同時に現役選手として存在していたことは
テニス史上になかったことです。遂に実現されるのか。もはやジョコビッチ次第といえます。

ジョコビッチを中心としたその対抗馬を見ていくというのも観戦ポイントではあるのですが
ジョコビッチ自身も全仏では無冠であり、チャレンジャーであるということを思い出せば
また見え方も一味違ってくるものと思います。

今からドロー発表が楽しみです。



テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/05/19(火) 10:32:21|
  2. 2015年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

2015年、ローマ開幕

さて、クレー-マスターズ1000最後のローマが開幕しました。
上位シードの初戦である2回戦までが終了しています。

トップハーフは面白いように上位シードが勝ち、下位シードが敗れるという結果になりました。
本来、次の3回戦でシード同士の対戦が組まれるはずなのですが
トップハーフに関しては4試合すべてが上位シードとノーシードの対戦です。

勝った上位シードはジョコビッチ、錦織、マレー、フェレール。安定安心の4人です。
一方敗れた4人はバウティスタ・アグー、F・ロペス、ツォンガ、チリッチです。
前2者はともかく後ろの2人は勝ちあがってしかるべき選手だと思います。
特に一番後ろの選手、最近本当に勝たないですね。
こんなに勝たないとは・・・もう、だからなんであの時以下略

ボトムハーフの方も上位シードは4人とも勝ち上がりました。
下位シードは半数の2人が勝ち上がっています。
下位シードの勝った2人はイズナーとK・アンダーソンです。
それぞれナダルとフェデラーが次の相手となります。
イズナーはこのところ調子がいいです。
ナダルとの対戦は興味深いドローになってくれたと思います。
お互いにとって良いパフォーマンスの見せどころではないでしょうか。

さて、ここまで勝ち上がっている中で一番若いのは12シードのシモンを下したティエムです。
ティエムの次の相手はバブリンカとなります。
マドリードでキリオスが果たしたような若手の台風の目的な存在になり得るでしょうか。

それとフォニーニがヤノヴィッツ、ディミトロフともはや若手の有望株であるかも怪しいような
かつて少しだけテニス界を期待させた選手を下して勝ち上がっています。
個人的に今大会の注目選手にフォニーニを上げたいと思います。
次の対戦相手はベルディフです。
両者の対戦はフォニーニの2勝1敗で、クレーではフォニーニが2勝しています。
フォニーニのかわす系のプレーはクレーではベルディフに有効なのかもしれません。
ベルディフも最近は貫禄が出てきて格上感がありますので、戦いぶりに注目したいです。


テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/05/14(木) 09:20:07|
  2. 2015年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

2015年、マドリードはマレーが優勝

まさかの、といっては失礼ですが、マレーが優勝しました。
準決勝で錦織、決勝でナダルと優勝候補を立て続けに、それもストレートで打ち破る快挙での達成です。

いよいよジョコビッチ以外の選手は団子状態であるという印象が強くなってきました。
もちろんすべての選手が打倒ジョコビッチを目指していくことになるかと思うのですが
では誰、というと、どの選手もあありそうでなさそうという状況です。

ナダルはクレーおいてさえも確実に短期決戦の選手になっています。
ディミトロフ戦、ベルディフ戦、マレー戦と連続で観てきて、相変わらず見事とうならせるプレーもあったとはいえ、
他の選手からすれば以前よりも遥かに簡単にナダルからストロークポイントを取ることができるようになっています。
ディミトロフ戦はディミトロフの不安定さに付け込む形でストレートでの勝利となりましたが
長いラリーでディミトロフがポイントを取る場面が多かったのは印象的でした。
むしろ攻め急ぐナダルに対しては安定したショットと一撃の決定打があれば戦っていけるのではないかと感じました。
マレーの勝利は正にそれでしたし、ジョコビッチも今ならばナダルを脅威と感じないのではないでしょうか。
ただ、ここ10年もの間、もう散々思い知らされてきていることですが、ナダルには予想不可能な何かがあります。
またやられたか、というあの不思議な感覚をもう一度味わいたい気持ちもありますが、今年のナダルはやってくれるでしょうか。

マレーは快勝というべき内容でした。大会を通じて快勝だったといえます。
セットを落としたの初戦のはコールシュライバー氏だけでした。
コールシュライバー氏、やるねえ。
今は、クレーコートでもプレーのスピードアップが当然となってきている感があります。
マドリードとローマや全仏のコート速度の違いもあるため、今後も同じようにはいかないかもしれませんが
良いサーブと早いタイミングのショットを持つ選手は5年前よりはクレーで勝てる時代になっています。
マレーがこのまま全仏の優勝候補に躍り出た、とまでは言いきれないとは思いますが
これまでよりも評価が高まってくるのは事実でしょう。ローマの戦いぶりはチェックしたいです。

錦織は残念な敗退でした。やはりマレーには弱いですね。一番やりにくいタイプの選手です。
まだそこまでランクの上がっていない頃から言われていました。フェデラーやナダルよりもマレーの方がやりにくいだろうと。
まあ、そういう選手にであっても、今の錦織であればせめてもう少し善戦すべきであったとは思いますが、今回は仕方ないでしょうか。
コートもクレーとしては速めでしたしマレーも絶好調でした。
勝ち続けるのは難しいです。それと同時にマスターズ1000の壁というのも感じます。
ここ5年、現役でマスターズ1000を制している選手は、4強以外にフェレール、バブリンカ、ツォンガのみとなっています。それも1回ずつです。
錦織は名前的にはここに食い込んでもよい選手になっていると思います。最高ランク、グランドスラム準優勝の実績、生涯タイトル数。
ただ、まだ比べるとトップとしてのキャリアは短いです。
これは同時にチャンスでもあります。グランドスラムと同じでマスターズ1000は4強が支配している場です。
今優勝すれば、そこに食い込むニューキャリア組としての最初の選手となるのです。
例えばカナダで先にラオニッチに優勝を許してしまうようなことがあってはいけません。
次にローマがあります。勝ってほしいようなここで勝ってしまうと全仏前に息切れしてしまうような、そんな難しい気分ではありますが、
約束もされていない全仏優勝のためにローマを棒に振るようなことを考えてはいけませんよね。

準々決勝のベルディフvsイズナーはとても良い試合でした。
スコア的に更に競っていたキリオスvsフェデラー戦を観ていないので何とも言えませんが
少なくとも私が目にした中では大会ベストマッチでした。
イズナーはバックハンドのカウンターがいいですね。フォアも強い。
ベルディフもサーブは強烈なほうだと思いますが、比べるとイズナーのほうがやはり凄く、
しかもネットにも果敢に出るので、派手で多彩な仕掛けが実に印象的でした。
ベルディフがまた巧みにこれをかわそうと安定したストロークで応対していくのが観てて心地よかったです。
ベルディフは割と最近まで、グラスよりもクレーの勝率が低い選手だったのですが
今ではクレーでもしっかりとフィットしているように感じます。
もちろんベルディフ自身の変化もあるでしょうし、先述のクレーコート全体のスピードアップというのも影響しているでしょう。
ただ、ベルディフという選手は猛烈なパワーや猛烈なフットワークを武器にしているというよりも
全てのショットレベルが安定して高いという印象です。
こういう選手の場合、総合力の高い選手からすれば与し易い相手となってしまうことになります。
ジョコビッチやナダル、フェデラーになかなか勝てないのはそうした部分があるでしょう。
しかし、同時にこのような総合レベルの高い選手というのは円熟味を増したときに強くなる傾向にあります。
ベルディフはベテランの域に足を踏み入れた状態となっていますからここから魅せてくれるかもしれません。


テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/05/11(月) 10:05:50|
  2. 2015年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

2015年、マドリード開幕

開幕と言ってもそこそ試合の方は進んでしまっています。
連休まったりしすぎました。

さて、大会の方ですが、やはりジョコビッチは出場せずでした。
一般に優勝候補はナダルか錦織とされているようです。
まあ自然でしょう。

去年もこの2人の決勝でした。
惜しくも錦織が試合途中で棄権となってしまいました。
今年はリベンジとなるでしょうか。

両者の再戦、観たいですよね。
ただ、それにはナダルも錦織も決勝まで勝ち上がらないといけません。
去年できたから、優勝候補だからといって簡単にはいかないのは当然です。
まあそれでも決勝にくらいは出ていただかないと。
もちろんこれは私からの第二の挑戦状ということになります。マドリーでの決勝進出。

当ブログでは毎度毎度25歳ピーク説を唱えていますが
錦織の年齢はみなさんよくご存じでしょう。そう、25歳です。
正に今がピークなんです。
ここで去年のように体を壊してしまうようなことがあると
もうどんなに頑張っても今後長丁場のツアーで安定して勝ち続けることはできないということになってしまいます。

そしれもう一つ、仮に今がピークだというのなら、
この先、力はどんどん下がっていってしまうだけなのではないか、という不安もあるかと思います。
確かにそうで、否定できません。
しかし、最近はスポーツ医学も進化していますし、選手の体調管理の手法も向上しているとみることができます。
何より錦織のピークがムスターのように例外的に25歳よりも後である可能性すらあり得るわけですから
活躍するには今年が最後というわけではもちろんありますまい。
ただ、来年は今年よりも更に力が向上するかといえば、そうとは言い切れないのが事実です。
やはり私としてはどうしても今年にかける思いを強く感じながら試合を追っていくことになります。

大会ではキリオスがフェデラーを下しました。
去年から絶好調を維持してきているフェデラーですが、
さすがにクレーでも同じパフォーマンスを維持するのは難しいようです。
しかし試合の方はフルセットで全てがタイブレークというという壮絶なものでした。
まだまだ力関係の逆転が起きたというわけではないでしょうが、
さすがに体力勝負となった時に分が悪いのは仕方無いでしょう。

さて、最後に恒例の私の魔の手を選手たちに伸ばしていきたいと思いますよ。
今大会、あえてクレー巧者でない選手に注目していきたいと思います。
マレー、ラオニッチ、ディミトロフ、イズナー等。
フェデラーが敗れてしまったのでそのリベンジも兼ねてこれら選手の活躍に期待です。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/05/07(木) 10:06:50|
  2. 2015年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

2015年、バルセロナ、錦織圭への挑戦状

バルセロナではナダルがフォニーニに敗退しました。
モンテカルロに続いてバルセロナもナダルの大会というイメージだったのですが
クレーでの力関係が確実に動いたことになります。
仮に今年の全仏でナダルが優勝したとすれば、そちらの方がニュースかもしれません。
それほどの大きな衝撃がテニス界には走っているといえそうです。

さあ、錦織選手、わがブログからの最初の挑戦状となります。

第1シード、そして大会のディフェンディングチャンピオン。
去年もナダルがアルマグロに敗退し、そして錦織選手が優勝しました。
今年はエントリーの時点でシード順も逆転してますし、
ナダルは去年よりも更に早い段階で敗れています。
去年に輪をかけて優勝に近い場所にいます。

もちろんまだフェレール、ロブレド、コールシュライバー氏など強敵は残っていますが、
まあ、錦織選手が優勝しない理由はないでしょう。

バルセロナはマスターズ500のちいっさな大会です。
グランドスラム優勝を目指す選手にとっては片手間で優勝できる程度の大会です。
錦織選手の優勝は最早確約されたようなものです。

因みに第4シードのチリッチは初戦で敗退しています。
見る影もなし。んっもー、だからなんであの時勝ったんだか。
いけませんね~おやおや


テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/04/24(金) 09:21:32|
  2. 2015年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

2015年、モンテカルロもジョコビッチ

またもやジョコビッチの優勝でした。
今年はマスターズ1000を全部取る気でしょうか。

モンテカルロといえばナダルの大会だったのですが、
準決勝の対戦ではこの両者のそれもクレーでの対戦とは思えぬ差を見せた形となりました。

ベテランのフェデラーも、さすがに好調とはいえ
クレーでのパフォーマンスはハードのようにはいかないでしょうから
今のジョコビッチの存在感は数年前のナダルに取って代わっているといえるかもしれません。
クレーで強いストローカーといえばフェレール、バブリンカなどがいるのですが
ジョコビッチにとってはお客さんともいえるような過去の対戦成績となっています。
贔屓目なしにジョコビッチを止める最有力候補はモンテカルロに出場しなかった
錦織圭ということになるでしょう。

ただ錦織も、対ジョコビッチのみを考えれば最有力な対抗馬ではあるのですが
他の選手にも必ず勝てる選手というわけではありません。
ジョコビッチには勝てなさそうなバブリンカもフェレールもアルマグロもベルディフも
そしてフェデラーもナダルも、錦織にならばまだ勝てそうという感覚なのではないでしょうか。
ジョコビッチと当たるまでの勝ち上がりというのは錦織にとってのポイントとなってきます。

主役は変わっても、ここ10年クレーシーズンにおける1強の勢力図に変化はありません。
誰が最初に土をつけるのか、それとも誰も土をつけられないのか、注目に値します。
ナダル全盛時代はフェデラーやフェレーロがその役を担いました。
ナダル自身若かったのもありますが、更に若い選手はまだナダルに太刀打ちできていませんでした。
しかしジョコビッチは若手ではありません。ここは是非、より若い選手に登場してほしいところです。
錦織選手。期待しすぎるとダメなのが日本人の特徴ですが、錦織は色々と日本人離れしています。そこは問題ないでしょう。
あとは当ブログの期待度が高すぎるとダメ、というナショナリズムとは隔絶した
不可思議な特性がテニス界には存在しているという部分を解決しなければなりません。
そう、錦織選手はジョコビッチの他に当ブログと戦わなくてはいけないのです。
さあ、かかってきなさい。私の戦闘力は53万です。


テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/04/22(水) 11:43:49|
  2. 2015年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
前のページ

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター