fc2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2024年、クレーシーズン

また長いこと更新できておらずすいませんでした。

さて、ある程度想像できていましたが、混沌としたクレーシーズンになっています。
本命ジョコビッチは本調子でないまま、
ナダルもいよいよコートへのお別れを始めている段階で
シナーやアルカラスも怪我をしている状況です。
モンテカルロとマドリードの優勝者はチチパスとルブレフで
共に十分な実力者であるものの直前までは調子を落としていると考えられていた選手でした。

最近のテニスはとにかく次元の違うパワーで強打し、全力ダッシュを繰り返すスポーツになっています。
その影響は選手の身体を蝕んでいるのでしょう。
ビッグ3時代の強い人がひたすら勝ち続ける時代は終わりを迎えています。
シナーやアルカラスもこれからのテニス界を引っ張って行ってほしいですが、
力を入れるべき大会を見極めながら戦っていくスタイルに切り替えていく必要がありそうです。

90年代もそうだったわけですから、またその時代に戻ったと言っていいでしょう。
ビッグ3とその同時代の選手が特殊だったため、その影響で
トップ選手へのマスターズ出場義務が課されたわじぇですが
ここはまたルールを緩和してもいいと感じます。

今一番触れたいのはナダルの話題ではあるのですが、
ちょっと感傷的になってしまいそうなのでささやかにとどめておきましょう。
もはや思い出の大会に出て別れを告げているという印象です。
足も以前の様には動かないし、長い時間試合ができないのがありありとわかりますが
それでも時に見せるショットレベルは凄いですね。
もうあの二つとないショットを見せららえるだけでも感動です。
そりゃシャツ欲しくなってもしょうがないですよ。

クレーシーズンはいよいよ大詰めでローマとそして全仏を迎えますが、
今年は変則的でしてウィンブルドンの後にパリ五輪があります。
ただでさえ調子の維持が難しくなっているというのに
クレー、グラス、クレーの大会推移は、選手のコンディション作りにも大きく影響します。
むしろ仮にジョコビッチがグランドスラムを捨ててパリ五輪に全振りしてきたりすると
どんなに直前まで調子のよかった選手などよりも遥かに脅威になるでしょう。

そんな意味でも今年は各大会本命不在に近く、違った見どころも多く見出すことができそうです。



スポンサーサイト



  1. 2024/05/06(月) 08:43:44|
  2. 2024年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター