レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2017年、ウィンブルドン開幕

さて、お待ちかね、2017年ウィンブルドンが開幕します。
今年は久々の混戦模様と言える大会前評判ですので初戦から目が離せません、
特定選手のファンであれば最初から気の抜けない応援が必要になるのではないかとも思います。

直前の前哨戦ではジョコビッチと杉田が優勝しました。
両者ともに本番でも活躍をしてほしいですが、
この直前というスケジュールが吉と出るか凶と出るか。

では、ドローの方、見ていきましょう。

まずトップハーフです。
息切れ寸前の崖っぷちNo.1ともいうべきマレーは、比較すればやや楽なドローを引いたと思います。
ただ、今のマレーにはどんな緩いドローであって楽とは捉え難い部分があります。
一番近いシードがフォニーニで、次にプイユかキリオスとなります。
本来であれば順当に勝てるといわねばならぬところですが、もはやどれも強敵です。
特に好調のプイユは危険な選手と言えます。
キリオスも調子はあまり良くないですがマレーも似たり寄ったりなのでやはり厳しいです。
このクウォーターにいるノーシード選手、ペール、ヤノヴィッツ、ヴェセリや
ダスティン・ブラウンでさえマレーに勝つチャンスがあると思えます。

マレーの隣のクウォーターは第5シードのバブリンカと第12シードのツォンガの山になります。
ここには前哨戦でフェデラーを下したハースがおりますし、
また初戦からベルダスコvsケヴィン・アンダーソンという好カードも組まれています。


マレーと準決勝で当たるのは第4シードのナダルです。
フェデラーを取るかナダルを取るか、どちらも微妙と言えますが
ウィンブルドンに関してはまだナダルの方が良いのかなということで
ここでもマレーは良い方を引いたんじゃないかと思います。
もちろん本人にそれを活かせるほどの勝ち上がりが可能かと言われれば疑問なわけですが。

ナダルはトップ選手で唯一前哨戦に出ませんでした。
2011年以降のグラスシーズンのジョコビッチや、今年全豪のフェデラーやナダル自身の例があるように
休息を多くとったほうが良いというということもあり得ますので
こればかりはどっちが良いとは言えないので何とも分かりませんが
ナダルはクレーシーズン結構連戦で来ていたので今回の選択はありではないかと思います。
調整充分で挑めるというのは大きいですし、
何よりナダルにはウィンブルドンで絶対に勝たねばならぬというプレッシャーがありません。
正直、全仏のパフォーマンスそのままを発揮することは難しいと思います。
一つでも上に行ければ御の字といった気楽な気持ちで挑んでよいのではないでしょうか。
ナダルの山には、好調の第16シードジル・ミュラーや、第21シードのカルロビッチもいます。
またノーシードでは、2012年にここウィンブルドンでナダルに土を付けたロソルがいます。
一応ナダルは2年後にリベンジを果たしてはいるのですが、
この時の敗戦がナダルのウィンブルドンでのパフォーマンスにケチをつけて
その後上位進出から全く遠ざかっているということになります。

ナダルに対する山には、第7シードのチリッチと第9シードの錦織が入りました。
錦織は今回上位8シードに入れませんでした。
ただ、もちろんドロー的に8シード以内には入れたほうがいいのですが、
正直、ウィンブルドンでの実績はあまりよくないので
シード順が活きてくる準々決勝まで勝ち上がれさえすれば御の字とも言えます。
チリッチと対戦するのを目標に勝ち上がっていって欲しいです。
怪我、大丈夫でしょうか。
因みにチリッチの初戦の相手はコールシュライバー氏です。こちらも楽しみです。
コールシュライバー氏、10ゲームくらいは取ってほしいな。


ボトムハーフに行きましょう。
ドロー標準に見ていくと、まずは第6シードのラオニッチと第10シードのA・ズベレフの山になります。
前哨戦では明暗を分けた両者ですが、本来はどちらもグラスコートに強い選手ですので順当な勝ち上がりを期待したいです。
コンディションによっては上位進出の可能性も充分にある両者ですから、変に最初の方でつまずかないでもらいたいところです。

そしてこの敗退のクウォーターにいるのが第3シードのフェデラーです。
ナダルと並んで未知数の典型ともいうべき今大会の目玉選手といえましょう。
ナダルが本当に完璧な未知数であるのと違い、フェデラーにはハレの優勝がありますからまだある程度は読める選手です。
しかし、シュトゥットガルトでの初戦敗退もありますし、ベテランは急な体力の低下もありますからやはりどうなるかはわかりません。
期待値で言えば優勝候補筆頭と言いたいところですが、実のところそう簡単に断言はできません。
初戦はいきなりドルゴポロフと当たります。このところ調子を落としてはいますが危険な相手です。
その他、同じ山にはダニエル太郎、M・ズベレフ、トミックの他、イズナー、グラノジェルス、そしてディミトロフがいます。
フェデラーはハレの調子を持続できるでしょうか。
順当にいけば準々決勝でフェデラーと当たることになる第13シードのディミトロフは
アルゼンチンのシュワルツマンと初戦で対戦します。これもまた楽しみな一戦です。

続いて第8シードのティエムと第11シードのベルディフの山が来ます。
ここもまた読めない選手が揃ってます。
クレーシーズン猛威を振るったティエムですが、グラス前哨戦では結果が出せませんでした。
本来グラスコートでも勝てる選手なので調子次第では上位も伺えるのですが
クレーで力を出し切った今年、グラスでのプレーを取り戻せるでしょうか。
またベルディフも、このところ調子を崩していますが元ファイナリストですから本来であれば上位の候補です。
成り行き次第で早期敗退も上位進出もあり得るという実に読めないドローとなっています。
ここでは初戦でガスケvsフェレールというこれまた豪華な顔合わせがあります。

そして最後の山、第2シードのジョコビッチが入っています。
ここには第15シードのモンフィスがいます。両者が当たるとすれば先週の決勝の再現となります。
また、その他、同じく先週優勝した杉田もここに入っていますし、F・ロペスやデル・ポトロもいます。
マレーの山に比べると、かなり層が厚い印象です。

全体を見渡してボトムハーフの方に選手が寄った印象があります。
初戦から楽しみな対戦も組まれていますし、楽しみな2週間を過ごすとしましょう。


スポンサーサイト
  1. 2017/07/03(月) 06:00:00|
  2. 2017年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017年、ウィンブルドン1回戦トップハーフ | ホーム | 2017年、ハレとクイーンズ他>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1083-b62ef61f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター