FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2017年、全米ベスト16

さて、ベスト16にまで進みました。

トップシードは第1シードのナダル、第3シードのフェデラー、第6シードのティエム、
第9シードのゴファンと上位シードが残っていますのでまだいいのですが、
ボトムハーフに至ってはトップ10シードが一人も残っておらず、
最上位が第12シードのカレノ・ブスタという状態です。
第17シードのクエリーが次点で、今年のウィンブルドンではベスト4に進出してますので
ボトムハーフでは一番実績のある選手といえると思います。
地元アメリカ選手で唯一の生き残りというのもあり期待のかかるところでしょう。
しかしもちろん、今後誰が勝つのか皆目見当がつきません。

トップハーフも上位シードがいるとはいえ
次の試合ではそれぞれ気の抜けない相手と当たります。
ナダルはドルゴポロフ、フェデラーはコールシュライバー(「氏」対決!)
ティエムはデル・ポトロ、そしてゴファンは成長著しいルブレフです。

どれも上位だからと勝てると断言できない対決ばかりです。
まあ強いて言うなら一つだけ緩めの対戦が・・・いや言いますまい。
素晴らしい試合になってくれるに決まってます!

ナダルもティエムもゴファンもクレーシーズンで頑張ってた選手です。
その後低迷気味であったのですが、ここへ来てこういう選手が勝ち残っているとは
ハードシーズンの前哨戦などというのは全く当てにならないものになっているわけです。

もうここまで来るとネームバリューなど関係なく
一つ一つの試合を楽しみにしていきたいです。


スポンサーサイト
  1. 2017/09/03(日) 21:38:07|
  2. 2017年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<2017年、全米ベスト8出揃う | ホーム | 2017年、全米2回戦>>

コメント

ボトムハーフの顔ぶれが本当にすごい…
こんなこと言っちゃ、勝ち残ってる選手に大変失礼なのはわかってるんですが、わかってはいるんですが、「グランドスラム前週のATP250大会だっけ?」と思ってしまう。。。

このボトムハーフのベスト16、ベスト8メンバーを予想できた人は、世界中探しても誰もいないのではないでしょうか?

個人的に、シュワルツマンは2、3年前からちょっと気にかけて観ていた選手なので、ここまで勝ち残ったことは嬉しいです。でも、クレー巧者なイメージなので、全米でここまで勝ってることに驚いてもいます。
今年の全米のサーフェスは遅いというニュースもちらほら聞くのですが、その影響も多少はあるんですかねー。
  1. URL |
  2. 2017/09/04(月) 18:38:20 |
  3. karo #vF6dOJDI
  4. [ 編集]

クレー巧者のイメージが強いのに全米で勝ち上がったといえばロレンツィもそうですね、アンダーソンに敗れましたが。
28歳までツアー勝利0の選手で35手前から全盛というのは類例が少ない気がします。
トップとは言い難いですが50位前後ぐらいでもあまりいないんじゃないでしょうか。
シュワルツマンは小柄だからこその俊敏性をいかんなく発揮してますがこれだけバシバシ打つ選手はこれぐらいの身長の選手では例が少ない印象です。
  1. URL |
  2. 2017/09/04(月) 20:54:34 |
  3. マルト #-
  4. [ 編集]

ほんと今年のUS Openはどうなっちゃてるんでしょうか。上のコメントにもありますが、トップハーフに比べ、ボトムハーフといったら。シャパバロフも消え、主催者的には、女子も米国勢好調ですし。クエリーといきたいところでしょうね。実績(特にハード)ではクエリーが一番なんでしょうが... まさかのアンダーソン?!
  1. URL |
  2. 2017/09/04(月) 21:10:35 |
  3. Toshi #-
  4. [ 編集]

> マルト様

「ロレンツィは28歳までツアー勝利0」について教えていただきたいんですが、
(いろいろ検索したんですが情報を見つけられず。。。)
ATPの本戦で勝ったことが一度もなかったんでしょうか?
というか、challenger中心の出場で、ATP大会も本戦には
なかなか出られるレベルじゃなかったということでしょうか?
だとしたら驚異的な成長ですね。
  1. URL |
  2. 2017/09/04(月) 23:10:10 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

かめ様>
あ、すいません。ロレンツィのATP公式サイトActivityを見ての言葉だったのですが(ロレンツィのWikipediaから経由できます)、調べが雑でした。
正確には2007年にバルセロナで1勝してました。なので初勝利は25歳の時ですね。
とはいえ認識はそれで正しくて2008年、2009年合計でツアーは0勝1敗、本格的にツアーに出始めるのは
2010年からでグランドスラムに出始めたのもこの年からなのですが成績はツアーのレベルに跳ね返されており3勝14敗となってます。
翌年はまた出直しと言った具合にほぼチャレンジャー周りでツアーでは2勝3敗、グランドスラム本戦出場なしとなっていますが、
ちょっと興味深いことにこの年のローマでナダルから1セット奪っていたりします。
グランドスラム本戦は13度目にして2014年の全米で初勝利ですが、シード常連選手では無いので奇妙と言うべきかは微妙ですけど
ツアーで結果を残してるのは大体がクレーコートな選手なのですがグランドスラムにおいては全米が突出して得意という具合になってます。
(ちなみに全仏とウィンブルドンは今年に本戦初勝利を挙げてます)
  1. URL |
  2. 2017/09/05(火) 06:15:28 |
  3. マルト #-
  4. [ 編集]

ロレンツィ、私も少し調べてみました。
1999年には大会出場記録があるので一応テニス選手としてのキャリアは17歳でスタートしているようですね。

ATPの下部大会に初めて出たのは2003年、21歳の時です。
Wikipediaにはデビュー2003年と書いてあるのはこれを指しているのだと思います。

トップ大会の出場は2006年1月のアデレードが最初です。
因みに最初の対戦相手はマレーで、何と第1セットを取っています!マレー弱し!

その後もしばらくはチャレンジャー大会に出続けていて
中にはまだ10代であったデル・ポトロを下している記録もありますが
ツアーレベルでの初勝利はマルト様仰られるように2007年のバルセロナまで待たねばなりませんでした。

これだけでも遅咲きというか、むしろトップツアーで戦うことのできないレベルの選手とすら捉えられます。
そこからも長く、2勝目は3年後、2010年のローマとなります。
その後はちょくちょく勝つようにはなり、2014年にはサンパウロの大会で決勝にまで進出しています。
トミー・ハースやファン・モナコに勝っているので中々の戦果です。
そして一気に名を挙げたのが2016年、34歳でツアー初優勝を果たし初優勝の最年長記録を更新したのでした。

今年は優勝こそしていませんが2つの大会で決勝に進出しています。
7月のクロアチア、ウマグでの大会では決勝の相手はルブレフでした。もちろんルブレフはツアー初優勝です。

今年のグランドスラム成績は全豪、全仏、ウィンブルドンで2回戦進出、そして全米で4回戦ということになります。
これはいずれもキャリア最高の成績です。
ツアー優勝こそありませんが、ロレンツィのベストイヤーは35歳の今年と言えるのではないでしょうか。

  1. URL |
  2. 2017/09/05(火) 14:28:26 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

ロレンツィ

> マルト様、管理人様

情報ありがとうございます!すごくすっきりしました。そして見れば見るほどこの人のキャリアはすごいですね。
ツアー初優勝の最年長記録を打ち立てた時にもすごいなぁと思ってましたが、
まさかその前にこんな歴史があったとは。すごすぎます。

ATPのActivityって年を切り替えて見られたんですね。知らなかった。
「今年のしかないなんて使えないなぁ」と思ってました。こちらの情報もありがとうございます!
  1. URL |
  2. 2017/09/05(火) 21:36:05 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

今大会は若手が活躍しているというだけでなく
ベテランであってもこれまでと違う顔が上位に出てきているという点でいつもと趣が違います。
ロレンツィなどは正にその象徴で、混沌としていても決して若ければいいというわけでもないんですね。
面白いもんです。

  1. URL |
  2. 2017/09/07(木) 12:02:55 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1096-5c0ff340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。