FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2018年、全豪開幕

全豪が始まっています。
大喜びで大会レビューなどする気満点だったのですが
多忙と、更に開幕と同時に体調を崩してしまいまして初戦が終わった状態での更新となってしまいました。
大変失礼しました。

今大会は去年の9シードと17シードがトップ2シードをもらっています。
代わりの去年のトップ2は、不出場と14シードという具合です。
1年で随分と様変わりしています。

今年1年もATPツアーは大荒れとなるんでしょうか。
去年はそれを予感させる大会進行だったので今年も勝ち上がりにも注目していきたいところです。

今年のトップ2、ナダルとフェデラーは完勝でした。
14シードのジョコビッチも圧勝でして、
初戦についてはそこまで大きな波乱はありませんでした。

健闘を見せたのは杉田です。第8シードのソックを敗退させました。
ソックは現在一番上位の敗退シード選手となっています。
プロテクトランキングでのエントリーとなった西岡も27シードのコールシュライバーに勝っています。
ダニエル太郎はベネトーに敗退してしまいましたが、
エース錦織不在の中で日本勢は中々の初戦の戦いぶりを見せてくれています。

その他の敗退シード勢は、アンダーソン、イズナー、プイユ、バウティスタ・アグー、ラオニッチ、そしてM・ズベレフです。
去年頑張った選手が多い印象です。
まあ、そりゃもちろん去年が良かったからシードをもらっているわけですが
去年の勢いがそのままとはいかない状態ですね。

ズベレフに関しては少し勝ち上がれば3回戦で兄弟対決の可能性もあったわけですがそれはついえてしまいました。
もっとも、第4シードのA・ズベレフにとっては兄弟対決よりも、
その後に待っているジョコビッチ戦が大いに気になるところでしょう。

2回戦で気になる対戦をいくつかあげてみます。

・デル・ポトロvsカチャノフ
・ツォンガvsシャポバロフ
・カルロビッチvs杉田
・セッピvs西岡

杉田と西岡は勝てば日本人対決が実現されます。
グランドスラムで日本人対決ってkれまであったんでしょうか。
記憶にはないですし、過去の記録としても見たことないですね。


スポンサーサイト
  1. 2018/01/17(水) 09:44:07|
  2. 2018年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<2018年、全豪2回戦 | ホーム | 2017年、収集データ大幅更新!>>

コメント

ベテラン二人は強かった・・・。
三回戦進出は簡単なものではありませんね。松岡さんもウィンブルドンベスト8以外は二回戦止まりでしたし。
とはいえGSシード選手を倒すことも錦織選手除くと44年ぶりとのことなのでそれが二人同時にという時点で凄い事ですが。
西岡・杉田両選手のこれからの更なる奮闘を期待したいですね。
GSで日本人選手同士が戦ったことはないですね、おそらく。2012年ウィンブルドンが若干惜しかった感じがします。
この時は添田選手が全盛期を迎えていてデルポトロに1―3で敗れましたが、勝てば三回戦で錦織選手と対戦だったという形でした。
台湾人選手同士は一回あったようなので日本人選手同士も見てみたいなぁ。(ジェラシー)

しかしカルロビッチ御大は去年に続いてデスマッチでエース53本の記録ですか・・・。これでエース記録3位~7位はカルロビッチということに、オヨヨ。
  1. URL |
  2. 2018/01/17(水) 16:54:46 |
  3. マルト #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです。杉田といい、ツォンガのリベンジといい熱戦が続いていますね!
今回はナダルのタンクトップが気になります。2008年以来でしたか?だいぶ袖が開いているような。ナダルのタンクトップというと、No2時代を思い出しますが、これは何かの前兆でしょうか。いやまだ始まったばかりですね。
  1. URL |
  2. 2018/01/18(木) 01:23:19 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

と思ったらこんなブログ記事が。

1試合サービスエース歴代トップ10
https://ichimame.com/tennis/most-aces-in-one-match-top-10

ここ数年はカルロビッチの他にも当ブログでのビッグサーバー特集に乗ってる記録を更新する人が生まれてますね。
近年になるほど記録更新が多いのはサーブス技術、ラケットの進化が今なお進んでる証なのかもしれません。
  1. URL |
  2. 2018/01/18(木) 23:36:55 |
  3. マルト #-
  4. [ 編集]

>マルト様

そう考えると錦織って凄いですよね。日本といわずアジア史上で圧倒的な実績を上げています。
杉田戦のカルロビッチは相変わらずでしたがエースの速度自体はもっと早かった印象があります。
さすがにこの年齢となるとテクニックでエースを取る面もあるのかもしれません。

>ぽーち様

ただのファッションなのか、あるいは暑さ対策なんですかねえ。
私は今年のナダルの動いた姿をまだ見ていませんが
以前のNo.2時代のような動きに戻ってくれるとそれはそれはうれしいものですが。



  1. URL |
  2. 2018/01/19(金) 18:15:48 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1112-e206922e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。