レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2018年、全豪2回戦

2回戦までが行われました。

初戦よりも印象の強いシードの敗退が出ています。
まずは何と言ってもゴファン、そしてバブリンカ。

バブリンカは第9シードとはいえ、昨年後半を休養に当ててましたからある程度やむを得ないでしょうが
ゴファンは調子が上向いていただけに残念な結果となりました。
ゴファンを下したのはベネトー。フェデラー世代ですから今や大ベテランの一人ですね。
思わぬ時に、ふと大きく勝ったりするのはベテランの怖さです。

ゴファン級の中堅選手としてディミトロフとティエムがいますが
どちらも勝ったもののフルセットにもつれる厳しい戦いでした。
最強時代のナダルやジョコビッチでも早いラウンドでフルセットにもつれることがありましたが調整試合感がありました。
どうしてもそれらと比べるとハラハラしながらの勝ち上がりに思えてしまいます。

前の記事で注目の試合として上げていた4試合ですが

・デル・ポトロvsカチャノフ
・ツォンガvsシャポバロフ
・カルロビッチvs杉田
・セッピvs西岡

いずれも前者が勝っています。
すなわちビッグネームの方が勝ったというある意味極めて真っ当な結果だったのかもしれません。
上の2つの試合は、キャリア組vs若手の代表的なところがありました。
デル・ポトロもツォンガも昨年末から調子を上げていましたから
まださすがにこの調子を保っていれば若手も勝つのは難しいというところでしょうか。
試合内容自体ははどちらも結構もつれたんですけど。
下の2つの試合は、日本人選手対決の実現ならずで残念でした。
まあカルロビッチが健在であることが証明されたのでこれはこれでいいでしょうか。

ナダルとフェデラーは安定の勝ち上がりを見せていますがまだ正直わかりません。
第2週に至って疲れが出ないとは言い切れないと思っています。
今年もこの頂上決戦が観たいですが、確率は皆が思っているほど高くは無いのではないかという気がしています。
私のいつもの心配過多の悪い癖です。

それと今年は第14シードでエントリーしているジョコビッチです。
2回戦では1セット落としましたが相手はモンフィスですからまあ許せる範囲でしょう。
まだ危なげというものは見せていません。次の相手はラモス・ビノラスです。
ジョコビッチにとってはこうした同世代の選手の方がやり易いかもしれません。
しかし、その次に待っているのは若手の筆頭格です。
A・ズベレフとチョン・ヒョンの勝者との対戦となります。
この試合は3回戦で一番の注目カードではないでしょうか。

昨年の若手によるATPファイナルの覇者と、本選に出た故に大会を棄権した選手による真の若手頂上決戦の実現とも言えます。
ランク的にはズベレフが上ですが、チョンは良い選手ですし、何よりズベレフはグランドスラムに弱いですから
結果がどうなるのか大いに注目したいと思います。
そして勝ち上がったほうがジョコビッチと対戦する(「対戦する可能性がある」としいた方が良いでしょうか。ジョコビッチも決して安泰ではない)。
早くも盛り上がりを見せる今年の全豪ドローです。

その他の3回戦注目カードは以下になるでしょうか。

・デル・ポトロvsベルディフ
・ツォンガvsキリオス
・フェデラーvsガスケ
・ディミトロフvsルブレフ

早くもデル・ポトロvsベルディフというGSファイナリスト同士の対戦が組まれます。

ツォンガはシャポバロフの次にキリオスというハードな戦いが続きます。

フェデラーvsガスケは一見すると2回戦のジョコビッチvsモンフィスを思わせますが
ガスケは今年エキシビジョンでナダルを下していますから要注意といえます。
ベネトーよろしく調子の良いベテランはいきなり暴れ出しますからね。

ディミトロフvsルブレフは次世代vs次々世代の対決です。


スポンサーサイト
  1. 2018/01/19(金) 12:58:00|
  2. 2018年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<2018年、全豪準々決勝 第1試合 | ホーム | 2018年、全豪開幕>>

コメント

カルロビッチ、一昨日は53本、今日は52本ですか・・・。
今日の記録も10位タイ入りなわけですが一昨日のと両方足しても届かないイズナーの記録はなんなんでしょう一体。

ベネトーは決勝0勝10敗の記録で名前が出ることが多いですがこの人って最高ランクを考えると対トップ10成績は結構健闘してるんですよね。
フェデラーにもやや調子の悪い時とはいえ2勝してますし。
プレーはやや剛直気味な正統派オールラウンダーで安定しそうに見えるんですが上位を食う時もあれば下位に取りこぼすこともしばしばなので
通算では負け越しというプレーの見た目に反して波の激しい個人的に興味深い選手です。
  1. URL |
  2. 2018/01/19(金) 19:58:02 |
  3. マルト #-
  4. [ 編集]

キリオス

ツォンガvsキリオス!スコアを見る限り、予想通りの大熱戦になったようですね。
個人的には、今回、キリオスが来そうな気がしています。
(フェデラーファンが他の人を優勝候補にするのもなんなんですが、
でも、ほら、ここには「名前を挙げると。。。」という"気"が流れていますから。。。(^^♪)

トミック、コキナキスとともにキリオスは豪の悪ガキ3人衆って感じでしたが、
この頃だいぶ落ち着いてきた感じがします。怒涛の大躍進が始まるか?!
  1. URL |
  2. 2018/01/19(金) 22:17:37 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

ズベレフ負けてしまいました。元々GSで弱く、クレーとはいえチョンが勝っていたのであまり驚きはありませんが。
ズベレフは何なんでしょうね。去年はラケット破壊してもそこから持ち直すようなところがありましたが、今回はそこから完全に崩れてしまいました。MS2つ取っていますから実力がないとは思えませんし、単に5セットマッチが苦手なんでしょうか。今回、去年の全豪、ウィンブルドンと先に2セット取って負けてるんですよね。

チョンの活躍で韓国のテニス選手について調べてみたんですが、過去にツアー優勝しキャリアハイ36位の選手がいたんですか、当時はテニスを見ていなかったので知りませんでした。トップ10にいた頃のフェレーロ、サフィン、リュビッチ、ロブレド、フェレールに勝っていますし、GSも4回戦が2回あるのでアジアレベルだとかなり強い選手だったのでしょうか。
  1. URL |
  2. 2018/01/20(土) 21:09:58 |
  3. たかはし #-
  4. [ 編集]

サーシャはリュビチッチと同じ道を辿るんでしょうか
  1. URL |
  2. 2018/01/21(日) 06:32:21 |
  3. サーシャは #-
  4. [ 編集]

皆様コメントありがとうございます。

激しい試合あり、番狂わせありで中々に見ごたえのある大会が続いています。

キリオスはツォンガ戦の後のディミトロフ戦でかなり見せ場を作ってくれました。
負けはしましたがこういう試合の連続で負けるのならば明日につながるという気がします。
見せ場の作り方もうまいし、ギャンブル的に勝負をかけるのも賛否はありましょうが観てて爽快感があります。
一時のダメな時のキリオスを知っているだけに、だいぶ見直した大会となりました。
それに引き換えズベレフは残念の極みです。本当は強いのに何でああも自滅するんでしょうか。
苦しい時に我慢することが全くできないように思います。
チョン・ヒョンも良かったですが、あの試合に関してはズベレフの自滅のイメージが強いです。
もちろんチョンはその後ジョコビッチを下しましたし、
その活躍の度合いが揺るぎないないものであることは疑いもありませんが。
ズベレフはこのままではネタ選手化もありえますね。そういうのはキリオスの役目だと思っていたのに。

チョンの前の韓国のテニス選手というのはイ・ヒュンタクのことですね。
安定したストロークを持つなかなか良い選手でした。
松岡と錦織のちょうど中間の世代の選手になると思います。
デ杯で一度松岡と対戦してまして、その試合は覚えています。
日本と韓国を並べるのはナンセンスという意見もあるかもしれませんが、あえて
 1967年生 松岡修造
 1976年生 イ・ヒュンタク
 1989年生 錦織圭
 1996年生 チョン・ヒョン
と世代がいい感じにばらけています。


  1. URL |
  2. 2018/01/22(月) 22:20:53 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

こんばんは。
ジョコビッチ、昨年のフェデラーのような復活とはいきませんでした。

チョンヒョン見事。
ジョコビッチを相手に5セットマッチでストレート勝ちはなかなか見れるものではありません。BIG4をもってしても困難なチャレンジでしたが、ジョコビッチが本調子ではなかったとはいえやってのけました。
全仏でティエムもやってましたが、そのときのティエムは優勝候補でしたしトップ10でしたからまた訳が違います。

一方そのティエムもやられましたね。

勝ったサングレンは26歳。
グランドスラム本戦初出場は昨年全仏。それまでは何度も予選に出ていますが予選二回戦の壁を越えられませんでした。このときはワイルドカードをもらっています。初戦でククシュキンに敗れました。
次は全米、このときはDAを果たして初戦でチリッチに敗退。
そして三大会目が今大会。初戦のシャーディ戦でグランドスラム初勝利、そこから快進撃で全豪オープン初出場でベスト8。

グランドスラム初勝利から初ベスト8はちょっと思い付きません。軽く調べてみてもオープン化後は見つけきれませんでした。
大会初出場でベスト8ならばそこそこいます。全豪ならドルゴポロフがいますし全仏ではビランデルやナダルが初出場初優勝をやってのけています。いずれもかなり若手の頃の話なので26歳のサングレンのそれはかなりレアな記録といえます。
ちなみに女子ならチャン・シュアイがやってます。
彼女はグランドスラム初出場から実に一回戦で14連敗していましたが、これを最後に引退しようとの臨んだ2016年全豪オープンで悲願のグランドスラム初勝利を果たすとそのままベスト8に進み引退を撤回しました。彼女の勝ち上がりにはハレプやキーズが含まれており、決して運に恵まれたものではありません。


準々決勝はチョンヒョン対サングレンとなりノーシードからベスト4が出ることになりますがいつ以来ですかね。
個人的にはツォンガ以降記憶にないのですが。

  1. URL |
  2. 2018/01/23(火) 00:56:04 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

チョンヒョン、すごいですね。ズベレフには勝つ可能性はまあまああると思ってましたが、ジョコには1セット取れれば健闘と言っていいだろうとか思ってました。フルセットした後にジョコですからね。
完全に過小評価でした。すみません。


そして2Rさん、情報ありがとうございます。
チョンヒョンは去年の全仏(vs錦織)や若手最終戦、ズベレフ戦も少し観ておりましたが、サングレンはこれまで全くノータッチでした。
これまで他の準々決勝3試合より注目していなかったのですが、俄然この試合が楽しみになってきました。

勝った方が(ベルディヒの可能性もありますがおそらく)初見殺しのフェデラーとですから、どちらにしても初の準決勝はどうなるんでしょう。
はい、まだ気の早い話ですね。まずは準々決勝を楽しみたいと思います。
  1. URL |
  2. 2018/01/23(火) 04:44:14 |
  3. ふぁぶ #-
  4. [ 編集]

>2R様
>ふぁぶ様

チョンvsサングレンの結果を待たずにエドマンドがやりましたね。ノーシードの準決勝進出。
2008年ウィンブルドンのライナー・シュトラー以来だそうです。
全豪ではもちろん同年にツォンガがやっています。この時のツォンガは決勝にまで進出しています。

誰が勝ち上がるかわからない大会でも、試合が面白いので盛り上がりますね。
名前にとらわれずに試合を楽しめるというのは良いものです。


  1. URL |
  2. 2018/01/23(火) 15:58:18 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1113-32c53db9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター