レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2018年、全豪決勝はフェデラーvsチリッチ

いよいよ決勝になります。

私事で恐縮ですが、体調を崩していましてどうにも思うようにブログの更新ができませんでした。
ただ、テニスは逆によく観戦できたというおまけのありがたみはありました。
メルボルンは日本とあまり時差がないですから、昼間にTVが観られるのはありがたいです。
とはいえ、やっぱり健康がいいですよね。皆様もお体にはご自愛ください。

で、強引に健康つながりで行くわけですけど、
テニス選手にとっての怪我というのも非常に残念なものです。
今回も途中リタイアがあったわけですが、特にナダルとチョン・ヒョンは
良い勝ち上がりをしてい状態だっただけに気の毒に思います。

怪我もコントロールしてこその勝利だと言えばそれまでですが、
炎天下で5セットマッチを2週間勝ち抜いてくるわけですから体の負担も相当でしょう。

試合内容を観ていたというのもありますが、
普段であれば難癖をつけてしまいがちなディミトロフやキリオスの敗退も
今回は全くケチをつける気になりませんで、むしろよく戦ったと大いに評価したいところです。

勝ち上がったノーシード選手たちも素晴らしかったです。
今後はこういうケースが増えてくるかもしれません。
たしか来年からグランドスラムではシードが16に戻されることになるかと思いますが
より一層勝ち上がりが分からなくなりそうです。
去年のフェデラーも来年であればノーシードだったということになります。
初戦でナダルvsフェデラーというのもあり得たわけで、
その是非はどうかというのもまた話題に上ることもありましょう。
運要素を強く持たせすぎるのもどうかなという気もしなくはないですが
まあこの辺は改めてその時に話題に乗せましょう。

さて、決勝です。

フェデラーが勝ち上がってきました。
まだセットを失っていません。もうこれはレジェンド。
そのプレーの好調ぶりたるや全盛期レベルです。
何といっても人気選手ですからナイターで組まれることが多く、
コンディション面で優遇されているなどという話もありましたが、
それもスター選手の特権といってよいレベルではありましょう。
昼と夜では体力消耗のレベルが違いますから
一言二言言いたくなるのも気持ちはわからなくはないですが
これはさすがにケチをつけても仕方のないことです。

チリッチは苦戦を繰り返しての勝ち上がりという印象でしたが
試合を重ねるにつれてどんどんプレーレベルを上げています。
ナダル戦はもの凄い真っ向勝負で、あの激しさがナダルの足を壊しかと思われる展開でした。
チリッチ側の疲労がどうかという思いもありましたが
準決勝ではコンディションを取り戻していました。むしろノッている感じです。
これまでの対戦はフェデラーの8勝1敗ですが、
チリッチが唯一勝ったあの優勝した時の全米での展開もあり得なくはないかもしれません。
好調の選手同士の対戦ですからこれは試合の見事さが期待できます。
決勝、楽しみにしましょう。


スポンサーサイト
  1. 2018/01/26(金) 20:16:57|
  2. 2018年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<2018年、全豪はフェデラーが優勝 | ホーム | 2018年、全豪準々決勝 第1試合>>

コメント

なんだか昨年のフェデラーナダル二強時代からフェデラー時代へ更に遡っているような錯覚に陥ります。
チリッチはこれで3回目のファイナリストということでこの世代ではGSトップの業績ですね。デルポトロが怪我しなければ…というところですが。
怪我人が目立った全豪でしたがSFは比較的楽な勝ち上がり同士なので、最後まで全力でぶつかる試合が観たいですね。
  1. URL |
  2. 2018/01/26(金) 22:44:12 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

2014年全米の記事を読み返しているのですが、チリッチはヨハンソンやガウディオのようにならずこれで3回目のGS決勝ですか。決勝常連とまでは言えないですが、十分な実績です。
当時はジョコビッチ、ナダル等がツアーを支配しており、ニューフェースの登場を期待されていたと思います。確かに、ズベレフなど一部MS等で活躍する選手は出ましたが、未だにGSはフェデラー、ナダルが活躍しているというのは全く予想できないものです。
BIG4はすでに全員が30を超えているため、来年、再来年と世代交代が起きたとしても、自分の力で越えていった感はないですね。
  1. URL |
  2. 2018/01/27(土) 16:06:01 |
  3. たかはし #-
  4. [ 編集]

>ぽーち様
>たかはし様

ニューフェースが出てきているとはいえ決勝は常連感が出てくるものなんですね。
それでもチリッチは早くから期待されていた上に今もってトップで戦い続けているというのは
ある意味晩成型にシフトした選手といえるかもしれません。
いずれにしろ、好調であろう両者の決勝が楽しみです。


  1. URL |
  2. 2018/01/28(日) 16:18:32 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1115-b4e5de9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター