FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2018年、モンテカルロマスターズ制覇はやはりナダル

大会期間中に記事アップできずにすいませんでした。
しかし大会の方は面白かったですね。

特に錦織が久々に勝ち上がったので世間の注目度もありました。

混沌の2018年ですし、かつてクレーと言えば誰が勝つか見当がつかないコートの代表でしたから
どうなることかと思っていましたが、意外や概ね順当な勝ち上がりになったように思います。

もっとも、実力伯仲の選手が多く、どちらが勝つかわからないような試合は
どちらが勝っても順当と評価されますから順当率が高いのも当然と言えば当然ではあるのですが。

その中でも錦織の勝ち上がりは順当とも言えるし、番狂わせとも言えたと思います。
まあノーシードでしたのでチリッチとズベレフの撃破は出来すぎの結果だったかもしれません。
サーブが入らないのは相変わらずですが、ストロークはシャープさが戻ってきている気がします。

あとはこのコンディションが長く続くかというのが心配な箇所です。
このように一回勝つとマスコミは大きく取り上げるので次の大会で敗退したら落胆の大きさが強調されます。
コアなテニスファンはそのようなことがないように冷静に流れを追って行きたいところです。

優勝はナダルでした。これはもうさすがです。
今回も怪我明けでしたし、果たしていつまでその超人力が発揮されるのか、と毎回思うのですが
まだ、人間のレベルに落ちてくる気配がないようです。
ナダル次第では今クレーシーズンも混沌としてくるぞという思いもありましたがどうでしょう。
まだクレーシーズンの2位争いを他の選手達で行わなくてはいけない状態なんでしょうか。

いかなナダルでもコンディションを崩すことはあるでしょうから
その時に他の選手がどれだけ力を発揮できるかというのは重要です。
昨年はティエムが全力でこれを成し遂げ、そして直後に燃え尽きました。
同大会はズベレフが制しましたが、直後の全仏で早期敗退だったのはご承知の通りです。
ナダルに勝つというのは思いの外神経をすり減らすもののようです。

今大会で、ナダルの勝ち上がりは以下のスコアでした。
「6-1 6-3」「6-3 6-2」「6-0 6-2」「6-4 6-1」「6-3 6-2」
5ゲーム取るのがやっとです。
こんな状態のナダルであればさすがに難しいでしょうが、今年もナダルがこの状態をずっと続けるのか
そして他の選手がどう立ち向かっていくのかは注目していきたいところです。


今大会では他の勝ち上がりも面白いものがありました。
例えばチチパスとシャポバロフが対戦し、勝ったチチパスがゴファンと対戦する、とか
ジョコビッチがチョリッチを倒し、ティエムがルブレフを倒し、勝った両者が激突するとか
ガスケがミーシャ・ズベレフを下し、直後にアレクサンダー・ズベレフと対戦するとか。
(ガスケが勝ってなかったら初の兄弟対決実現でした)

こうしてみると、本当に実力伯仲が多すぎて
どんな勝ち上がりでさえも順当のように思えてしまうというのは事実のようですね。
2カ月に及ぶクレーシーズン、括目していきましょう。


スポンサーサイト
  1. 2018/04/23(月) 09:46:48|
  2. 2018年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<2018年、バルセロナベスト8 | ホーム | 2018年、マイアミ優勝はイズナー!>>

コメント

錦織がマスターズ優勝を狙うには

こんにちは。
バルセロナは初戦を勝てばまたナダルというドローなので、中身はどうあれ初戦を勝てればマスコミはドローが悪かったという方向に持っていけますね。勝ったら大々的に取り上げて負けたらナダルの壁高し。とマスコミ的にはなんとも都合がいいドロー。
さすがに二回戦からとはいえ、バルセロナでベストコンディションとはいかないでしょうから、ここもまた経験値にしてほしいところ。ただ手首の状態も気になります。

個人的にはローマよりマドリッドのほうがフィットしてるかなという印象があります。ただナダルのパフォーマンスは凄かったですね去年は。ローマは確かにナダルのパフォーマンス落ちそうだけど、錦織もどうでしょうかね。ローマはあまり勝ってるイメージがないんですよね。マドリッドの成績がいいからですかね。
優勝はともかく、クレーで一番ナダルと渡り合えそうなのはマドリッドかなあと思ってますがどうでしょう。
  1. URL |
  2. 2018/04/23(月) 11:41:21 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

錦織の活躍

更新ありがとうございます.

残念ながらMasters4回目で初制覇というジンクスを破ってしまいました.しかし今の状態では,決勝まで勝ち上がれたのは十分以上の成果と言うべきでしょうね.相変わらず手首を気にしているのは気がかりですが.

にしても,ここまでの勝ち上がりで(それに昨日の試合も)やはりサーブが,ことに肝心の所で入らなくなるのが自分を苦しくしていますね.サービングフォーザセットとかサービングフォーザマッチとかはハラハラさせてやっぱりダブルフォルトで落とすとかは,本人もわかってはいるでしょうが,どうにかならないかと思ってしまいますね.
サーブに不安を抱えていると,プレッシャーのかかる場面でより影響が出てしまうのでしょうか.

結果,勝っても試合を長引かせることになって,最後勝ち上がっても優勝までは遠いということになりそうです.これ以上の成績を望むなら,サービングゲームの改善が急務ということになりそうです.ずいぶん前から取り組んでいるので,上がり目は難しいのかも知れませんが.(ただセカンドサーブは意外と上手く行っていることが多いですよね.ダブルファーストならぬダブルセカンドとかいう秘策はできないもんでしょうか?)
  1. URL |
  2. 2018/04/23(月) 15:52:11 |
  3. brunello448 #-
  4. [ 編集]

錦織復活

4度目の正直になりませんでした。4回目はジョコビッチに変わり初回対戦した相手ですが
赤土最強印が相手ですからね。これじゃジンクスは通じませんし、翻ってBIG4健在ぶりをまた見せつけられた次第です

今回非常に健闘した錦織ですが、手首の事もあって、やもすればバック主体のプレイスタイルに移行した感想を持ちました
かなり苦渋の選択だったと思いますが、錦織のフォアがやや影を潜めたのでズベレフにしろチリッチにしろ
あと復活の真の恩人?のベルディフにしてもちょっと裏を書かれた感じでしょうか

変なところに着目してしまいますが、この試合誤審と思えるのが2回ほどあったと。いずれも大事な場面でした。
何故かCGも自主規制されてましたね。あれは去年のある試合の教訓なのかと…これは冗談ですが
ココで言いたいのは、判定が覆っても錦織がナダルに勝つことはできなかったと思うし結果は変わらなかった。
ただ前から思っていたことを言うと、錦織は微妙な判定への抗議がどうもおとなしすぎます

もう少しアクションの度合いを高めないと審判も人間ですから「そうか、それほど怒ってないな」
となってしまって互いに遺恨は残らずとも、勝ち負けにこだわるならこういう面も高めないといけないと思いました

日本人らしく内にため込んでしまうところがあるのでしょうが、これだけツアーを重ねていても、彼は自分に対して腹をたて
ストイックの裏返しでラケットに最近よくあたりますが、対人的には相変らず大人しく率直に勿体ないと思います
これは性格の問題なので、この辺にしますが。
課題のサービスともうひとつの課題、観客をも巻き込むとは言いませんが抗議術ももっと学んで下さいと思いましたが、いかがでしょうか?
  1. URL |
  2. 2018/04/23(月) 21:49:38 |
  3. RfRn #-
  4. [ 編集]

錦織が勝ち上がってくれて嬉しい反面、どの選手もどこまで勝ち上がれるかは結局どこまでナダルと対戦しないかっていう感じで^^;

そういえばモンテカルロの結果をもって、ジョコビッチの生涯勝率がナダルを下回ってしまいましたね・・・ここから先はしばらくデッドヒートを繰り広げるのかなぁと。
  1. URL |
  2. 2018/04/24(火) 16:42:00 |
  3. TOTO #-
  4. [ 編集]

錦織選手のサーブはこれはもう天性の背筋とかの問題な感じがして治らないものかもしれませんね。
背が多少小さくても伸びのあるサーブを打つ選手はいるのですが。
MS成績、インディアンウェルズがベスト8、シンシナティが3回戦なのを除くと後は3大会でベスト4、4大会で準優勝って
冷静に考えたらかなり凄いんですがそれだけに優勝に届かないのが惜しいですね・・・。

話変わってふとカルロビッチ対ロブレドという年長対決がバルセロナであったわけですが今回のを含めカルロビッチの4勝0敗とは・・・。
ハードばかりならまだ分かるんですが、4試合中クレーが3試合でこれなのでよほど相性が悪いんでしょうね。
アンドゥハルの2年に渡る怪我からのいきなりの復活優勝も驚きでしたね。土でソリッドなテニス出来るのにハードはあんまりという選手も珍しい気がします。
  1. URL |
  2. 2018/04/24(火) 21:48:51 |
  3. マルト #-
  4. [ 編集]

皆様、コメントありがとうございます。

錦織はまだ長いシーズンを戦うのは難しいようですね。
今クレーシーズンはターゲットを全仏ではなくどれかのマスターズに絞ってもいいかなとも思います。
全仏2週間を戦い抜く体力があと2ヶ月で付くとは思えないのと、無理しての怪我の悪化が心配というのがあります。

  1. URL |
  2. 2018/04/27(金) 10:30:13 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1127-efdbcf62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター