FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2018年、全仏1回戦

雨天の影響もあり、まだ全ての試合が終わっていませんが
ほとんどの初戦が行われました。

大きな乱れはありまんが、実績組としては
バブリンカ、フェレール、ソックの敗退がありました。
いずれもフルセットでした。

スコアをざっと眺めてみるとトップハーフはストレート勝負が多く、
ボトムハーフの方が4セット、5セットの競った試合が多い印象です。

ドロー発表の時点から予想されていたとおりにボトムハーフに注目が多いというわけでしょうか。
ただし、よくよく見ると少し雰囲気は違います。
ボトムハーフの注目が高いのは、優勝候補が多く集まっているという理由からでした。
その優勝候補の選手を見てみると、ズベレフ、ティエム、錦織、ジョコビッチといずれもストレートで勝利しているのです。
第4シードのディミトロフも優勝候補に上げられるかはわかりませんが上位シードとしてストレート勝利しています。
ゴファンはフルセットでしたが、本命はほぼ順当に勝っているということになります。
これは本命以外の選手の実力が伯仲しているいうことなんでしょう。
初戦から気合を入れて試合を勝ち上がった選手と本命がぶつかってくるということで
2回戦以降、ボトムハーフは激しい戦いになると考えられます。
次の一番の注目はティエムvsチチパスでしょう。錦織vsペールも油断禁物の対戦です。

トップハーフで本命系と呼べるのは、
ナダル、チリッチ、デル・ポトロ、アンダーソン、エドムンド、シュッワルツマン、シャポバロフ辺りでしょうか。
デル・ポトロのみ4セットでしたが、他は全てストレートで勝利しています。

ナダルは少し不安定でした。マドリードから続く決してベストでない状態は気になります。
ただ、ピンチにおける集中力はさすがです。ナダルと打ち合える選手は増えていますが
大事な場面でナダルからポイントを取れる選手というのはそうそういません。
ナダルの体力と気力のバランスがどこまで保たれるのがが大会の大きなカギとなるでしょう。

私はいつものようにどうしても不安に感じる部分が多いです。
相手の強打に食らいつく守備力は確実に低下していると思われます。


前記事で触れた個人的注目選手を見てみましょう。

見事勝利を収めたのはグルビスです。
今の状態で更に多くの勝利を望むことは難しいかもしれませんが、
せめてあと一つ勝ってティエムとチチパスの勝者と対戦してほしいです。

コールシュライバー氏は特に何かの話題を振りまくでもなく敗退してしまいました。
しかし相手はチョリッチ、テニス界の将来を担う逸材です。
こういう選手にしっかりと勝ち方を教えてあげるのも氏の務めなのかもしれません。
チョリッチは今年、全豪こそ初戦敗退でしたが、マスターズでは
フェデラー、ズベレフ、ジョコビッチ、ティエム、チチパスと強敵からしか敗退していません。
チチパス戦に関しては開始間もないタイミングでの棄権でした。
しかもソックやシャポバロフ、アンダーソン、カレーニョ・ブスタなどに勝利しているのです。
これは期待できる逸材の登場なのではないですか。注目選手の交代です。
氏の教えを受け継いだチョリッチが次の注目選手に繰り上がりました。

ミスターサーブ、カルロビッチはストレートで敗退してしまいました。
スコアは「6-7 2-6 6-7」です。タイブレークが2つあるのは相変わらずですが、
ここはいっそ、3つともタイブレークだろう、と思ってしまうのは致し方ありますまい。
同じサーブキングのイズナーは、やはりストレートの「6-3 7-6 7-6」で勝利しました。
勝ち負けの違いこそあれ両者ゲーム数はほぼ同じ、この状態でのエース対決は・・・
カルロビッチ26本、イズナー28本でイズナーの勝利でした

因みに今大会のサーブの最高速度は、アンダーソンに敗れたイタリアのロレンツィで、
なんと数値は驚きの254km/h(!!)でした。
因みに同じ試合でアンダーソンは最速が217km/hで平均サーブは202km/hでした。
ロレンツィの平均速度は182km/hです。ん~・・・本当かいな??

残るもう一人の注目選手が、第17シードのベルディフです。
まだ試合が終わっていません。現在「6-7 6-7」の状態で雨天順延中。
ピンチです。フェレール、バブリンカの状況を見ると、ここから2セットを回復して、
しかし最後に力尽きるというのが流れかなと思えなくもなかったり。


スポンサーサイト
  1. 2018/05/30(水) 12:16:00|
  2. 2018年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<2018年、全仏4回戦 | ホーム | 2018年、全仏ドロー発表>>

コメント

管理人様の神通力によりベルディフがファイナルで力尽きましたね…錦織、ズベレフ、ディミトロフと同時に窮地に立たされて誰がネタ提供するかと思いましたが、3人とも見事に切り抜けました。ちょうど同時で面白かったですか公式サイトもそのように報じていて面白かったです。残るはティエムですが2-1リードですから大丈夫ですかね。
  1. URL |
  2. 2018/05/31(木) 14:15:02 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

>ぽーち様

ベルディフのファイナルセット突入とズベレフの第1セットを落としたときには、おいおいと思いました。
もうわからないですね、本当に。
もう1、2戦様子を見てからの方が良いかとも思いましたが、次からはシード同士が当たってしまいますからね。
もう様子見だなどとは到底言ってられない状況となっております。
こういう大会の進み方もハラハラして面白いですね。


  1. URL |
  2. 2018/05/31(木) 16:04:05 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

ロレンツィのサーブ、事実であれば歴代3位相当ですか。
https://en.wikipedia.org/wiki/Fastest_recorded_tennis_serves
海外でも、間違いではないかというコメントが出ていますね。
https://tt.tennis-warehouse.com/index.php?threads/did-paolo-lorenzi-really-hit-a-254kph-serve-today.617791/
  1. URL |
  2. 2018/05/31(木) 18:36:42 |
  3. たかはし #-
  4. [ 編集]

>たかはし様

歴代3位、トップツアーとしては1位というとんでもない数字になります。
今公式ページを見てみたら、STATS欄が消えていて
ロレンツィのサーブ速度も194キロに修正されているようです。
今大会のイズナーの最速が初戦222キロ、2回戦218キロですから
さすがに機械の測定不良ということで片付いたようです。
女子の予選でも250キロが出ていたらしいですね。
ロレンツィ本人は何も悪くないのですからこれ以上大ごとになってはいい迷惑でしょう。
大敗した上に世界中からあいつのサーブはそんなに速くないなどと言われまくっては少々かわいそうです。
今回は大会側の反応は早かったですね。

  1. URL |
  2. 2018/06/01(金) 09:17:40 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1137-f2cc8db6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター