FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2018年、ウィンブルドンはベスト8

すいません、ようやく戻ってきました。
試合は逐一追っていましたがブログの方に書き込めていませんで、
さもウィンブルドンと無関係の人間のようになってしまっていました。
おー、とんでもないことです。

さて、ベスト8の顔ぶれです。

・フェデラーvsアンダーソン
・イズナーvsラオニッチ
・ジョコビッチvs錦織
・ナダルvsデル・ポトロ


フェデラーvsアンダーソンとナダルvsデル・ポトロはいずれもシードを守った勝ち上がりですが
イズナーvsラオニッチとジョコビッチvs錦織は、4人共下位シードであり
順当以上の成績を収めた結果ということになります。
もちろん本来の実力で言えば全然驚きではない無い勝ち上がりです。

シードが順当であればイズナーvsラオニッチの場所はチリッチvsディミトロフでした。
この勝ち上がりを予想した人も多かったのではないでしょうか。
両者ともに実績、コート適正とも問題なしだったわけです。ただし、まさかの早期敗退でした。
初戦でバブリンカを引いてしまったディミトロフは不運もあったと思いますが
チリッチはなんとも無念の負け方でした。
グランドスラム調整の上手い選手ではあったのですが、
今回は初めから上位進出を狙った調整をしてしまったのでしょうか。

結果としてイズナーvsラオニッチのビッグサーブ対決が見られることになります。
もちろんチリッチもディミトロフもビッグサーバーですが、それよりももう一つ上を行っているビッグサーバーです。
90年代でウィンブルドンと言えばこういう対戦が当たり前でしたが、結構久しぶりに見ることができます。
両者の対戦はイズナーの3勝1敗ですが、全部で9セットを戦っていて実にそのうち7セットがタイブレークになっています。
参考までにカルロビッチとラオニッチは4セット戦って3セットがタイブレーク、
カルロビッチとイズナーは12セット戦って9セットがタイブレークです。
今大会、カルロビッチが「7-6 6-3 6-7 6-7 11-13」という凄い試合をしていますが
それに匹敵する非常に熱いタイブレーク合戦が見られるかもしれません。

ジョコビッチvs錦織のところはシード順で言えばズベレフvsティエムでした。
ただ正直のところ、ここはシード通りが順当とは言えないドローだったでしょう。
ジョコビッチは前哨戦などを見ても文句なしの戦い方をしています
下位シードなのが不思議なくらい、本命ともいえる勝ち上がりっぷりです。
錦織の所はキリオスが本命と見られていたかもしれませんが、錦織でも問題なしです。
まあストレートで快勝したのは少々意外でしたが。
難敵であるグルビスもしっかりくだし、自身初のベスト8となりました。
グランドスラム全てでベスト8進出というのは結構凄いです。
今回出場している中では、3強の他、デル・ポトロ、チリッチ、バブリンカ、フェレール、ユーズニーとなります。
出場していない中ではマレー、ベルディフ、ツォンガくらいでしょうか。
ここに名乗りを上げたわけです。いやいや結構凄いです。
ただ、ベスト4の壁は高くそして分厚いです。錦織は全米でしかベスト4に進出していません。
そして次は恐らく最も戦いにくい相手になってしまいました。

さて、少しズベレフに触れましょうか。
ティエムと同様全仏で活躍した選手なので、ここではそこまで本命視されていなかったと思います。
ただ、それでもいくらかの期待は持たれていたのではないでしょうか。
しかし、3回戦ではファイナルセットを「0-6」で落とすというなんともズベレフらしい幕切れで終わってしまいました。
初戦敗退でないだけましという言い方の方が良いでしょうか。
全仏では5セットマッチの連続を勝ち上がっていますので決して長い試合に弱いわけではないはずなんですが。不思議です。
でもいいんです。もう少しズベレフのグランドスラム成績について糾弾しなければいけないところなのですが
勝った相手がグルビスということで、どうしても個人的にはグルビスを褒める方に気分が傾いてしまいます。
グルビスは次の錦織戦で敗れましたが、3回戦まで全て5セットマッチを戦い、
錦織戦でも出だし好調とかなりのアピールをしてくれました。今年30歳ですからもはやベテランです。
これにて復活、ということではなく、ベテラン特有の突発的な活躍に過ぎないとは思うのですが
それでも好きな選手が結果を出してくれると嬉しいものです。
錦織にはまあ勝たないだろうと思っていたので気楽にグルビス応援の気分で観ていましたが
第2セット後半くらいで本格的にやばくないかと躊躇したくらいです。
その後、苦しい中でも挽回していった錦織のプレーも、第3セットまで粘ったグルビスのプレーも見事でした。
というわけで今大会のベストマッチに決定しました。試合内容というより完全に選手の好き嫌いで選んだ結果ですが。
今後RFvsRNが2008年決勝みたいなことをしない限りこの決定が覆ることはないでしょう。


で、そのRFとRNです。
どちらも1セットも落とさず勝ち上がり、そして順当に最上位シードが相手ということになりました。
わかりません。もうホントにこの2人はわかりません。
簡単に勝ちあがるかもしれないし、苦戦するかもしれないし、負ける可能性だって大いにあると感じています。
私はアンダーソンもデル・ポトロも好きですが、どうしても伝説の2人には勝ち上がってほしいのです。
10年前のあの試合が観たいのです。
どちらかといえばナダルの方が勝ち上がりの可能性が低いと思います。
デル・ポトロ、ジョコビッチに連勝するのは並大抵ではありません。
錦織来れば多少は与し易いでしょうが、それでもわかりません。
錦織にしてみればジョコビッチよりもナダルの方がやりやすそうです。

同じくここまで順調すぎるフェデラーも大丈夫でしょうか。順調すぎるが故に心配が増幅します。
単純に考えればアンダーソン、イズナー、ラオニッチですからフェデラーが勝ちそうではありますが
逆にこれらの選手に負けてしまうフェデラーを想像したくない思いもあります。
そしてこれらの選手が勝つ可能性も実は大いにあり得ると考えられるのです。
芝生でのビッグサーバーというのは本当に危険ですから。

私はフェデラーとナダルに対しては心配ばかりしてますね。



スポンサーサイト
  1. 2018/07/11(水) 12:00:00|
  2. 2018年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<2018年、ウィンブルドン準決勝アンダーソンvsイズナー | ホーム | 2018年ウィンブルドンが始まります>>

コメント

グルビスはこれだけのプレーを出来る選手が何故予選からのランクというか、なんにしても凄まじかったですね。
仮に予選3試合戦うのがなかったら色々怖ろしかったかもしれません。
全GSベスト8は奇しくも本文にも出てるカルロビッチに敗れたユーズニーも達成してますね。
GS100勝、ツアー500勝まで後もう少しの選手は伊達ではないというところでしょうか。
そういう意味では先日GS100勝、ツアー500勝を達成したベルダスコやガスケもかなり惜しいんですよね。4回戦の壁というのが・・・

錦織にしてみればジョコビッチよりもナダルの方がやりやすそうです>
あくまでイメージなんですが錦織選手の場合1セット内でゲーム数を稼げるのはナダルで、セットそのものを比較的取れるのはジョコビッチという印象があります。
実際に割合を調べたらそんな事も案外なさそうではありますが。
  1. URL |
  2. 2018/07/11(水) 14:06:17 |
  3. マルト #-
  4. [ 編集]

ジョコビッチ、今大会どうかと思いましたが、うまく勝ち進めていますね。

今大会は調子が悪かった頃気になっていたサーブの出来が良いなと感じます。昨日の錦織戦でもセットは取られましたが、要所で良いサーブが入っていたし、かなり期待していいのではないでしょうか。リターンが注目されますが、ジョコビッチの調子バロメーターはファーストサーブの出来と見ています。

フェデラーが敗れたのは、今大会好調だっただけに驚きました。管理人さん、本当にフラグ立てが上手ですね(笑)
  1. URL |
  2. 2018/07/12(木) 11:50:53 |
  3. おスミ #-
  4. [ 編集]

ベストマッチ…事前に熱戦は予想されていたとはいえセンターコートのあの試合を見ると覆りそうな感じもしましたがw
果たしてどうでしょうか
  1. URL |
  2. 2018/07/12(木) 16:46:41 |
  3. まいまい #dNWkbopA
  4. [ 編集]

激戦だらけでしたね。この後、これらを越える熱戦は起こりますでしょうか。

疲労度も含めて考えると

JI def KA
ND def RF

JI def ND

で、イズナーの初優勝。
無くはないと思っているのですが、いかがでしょう。

その昔、2010年の最長試合が人生のハイライトではなくGS優勝を、みたいなことを言ってたような(うろ覚えです)なので
ここまで至ってしまったらちょっと応援したいなという成分が多分に含まれた予想ですが。

ジョコvsナダルは普通に考えれば激戦必至ですし、勝った方が優勝に一番近いとも思うのですが、
QFの激戦の影響はいかほどでしょうかね。。
  1. URL |
  2. 2018/07/13(金) 00:42:43 |
  3. ふぁぶ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1146-912721aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター