FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2018年、ジョコビッチの復活

皆様すいません。全米のあと随分と時間が経ってしまいました。
多忙とか体調不良とかいろいろ重なってしまって、というまたいつもの言い訳となります。

さて、アジアラウンドが終わりまして、今年のツアーもいよいよ大詰めです。
選手たちのファイナルのエントリーや怪我の具合など気になる部分も色々ありますが
今回はジョコビッチを取り上げたいと思います。

強いですよね。
もちろん以前から信じられないくらい強い選手ですが、
今の状態は第3全盛期と言っても良いゾーンに入ってきていると感じさせます。

ショットの精度が凄いです。サーブ、フォア、バック。
展開も多彩だし、受けて立つことも攻めてポイントを取ることもできます。
全く隙が無く、他の選手が勝つビジョンが浮かばないです。

昨年、フェデラーとナダルが驚きの復活を見せました。
両者は復活直後から衝撃の勝ちを重ねて、観ている我々の度肝を抜きました。
それに比べてジョコビッチは、復帰直後こそそれほどのインパクトはありませんでした。
その点でフェデラーとナダルが人知を超えた神の域に達しているとするならば
ジョコビッチはそれに一歩届かない、限りなく神に近い人というあたりなのかという気もしました。
しかし、今のジョコビッチはどうでしょう。昨年のフェデラー、ナダル以上の存在感があります。
復帰に時間をかけた分、熟成度も更に図抜けたのだと思わせます。
やはりジョコビッチも神の域に達していたのでした。

昨年のフェデラーとナダルは、両者が同時に復活したというのもあり
支配域を上手く分割しているという印象がありましたし、
何より重要な大会へのコンディション調整の妙というのもを感じさせました。
さすが百戦錬磨のベテランという感じだったわけです。
中には調整大会もあり、出れば全ての試合で無敵という印象ではありませんでした。

それが、今のジョコビッチはどうでしょう。
確かに復帰して1年以上トップに君臨しているフェデラーとナダルほどにはまだ支配時間が長くはないのですが
今年の夏にウィンブルドンを制して以来、誰も寄せ付けない圧倒的な強さというものを感じさせます。
本当にジョコビッチが一番強かった時のあの感じに近い状態です。
昨年のフェデラーとナダルの復帰とはまた一味違う凄みがあると言えるのではないでしょうか。

この状態がいつまで続くかというのは分かりません。
来年のことを言うと鬼が笑うと言いますので今年までの話に留めておきますが
年末までこのまま一気に突っ走る可能性は非常に高いのではないでしょうか。
フェデラーとナダルのコンディションが万全でないだけに尚更そう思えます。
ここでジョコビッチを止められる可能性のある選手として結局大ベテラン2人の名が先ず上がるという点で
テニス界全体の低迷を憂慮せざるを得ない部分は往々にしてあります。
以前のジョコビッチ時代であれば、他にマレーやバブリンカがいましたし、デル・ポトロにも可能性はありました。
しかし、これらの選手は現時点でジョコビッチの敵になり得ません。
では、新しい選手はどうかといいいますと、これまた本当に可能性が感じられません。
圧倒的なジョコビッチ時代を演出しているのは、これら他の不甲斐ない選手達でもあると思えてしまうほどです。
まあそれほど異様な強さをジョコビッチが発揮しているということになるのでしょう。

ジョコビッチがNo.1に就任しますと、今年3人目のNo.1ということになります。
春先にはフェデラー、ナダルの激しい入れ替え劇がありました。
前にも少し触れましたが、2004年のフェデラー就任以来、年間で3人がNo.1になるというのは初めてのことです。
少々意外ですが、3強、4強と言われていた長い年月の中で、彼らは激しく1位争いをし続けてきたというよりも
中でも特定の選手が支配する状態というのがう勢力図のメインだったといえます。

ここ10数年間変わらぬメンバーによるNo.1争いが展開されてきたわけですが
もう少し、この見慣れたメンバーによる熱い戦いに注目していきたいと思います。

しかし、本当にこれでこの3者がツアーを離れたらどうなるのでしょう。
女子のようにジャンケンでNo.1を決めるかの如く大量生産王者が生まれる時代が到来するのでしょうか。



スポンサーサイト
  1. 2018/10/22(月) 12:02:32|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2018年、ATPツアー大詰め、パリマスターズ開幕 | ホーム | 2018年、全米はジョコビッチ>>

コメント

ようやく管理人さんにも神の領域と認めてもらえて、ジョコビッチのファンとしても光栄です(笑)

ただ、自分としてはジョコビッチは2月に手術しているので、そこからウィンブルドンまでと考えると案外フェデラーやナダルが休んでいた時期とそこまで変わらないんじゃないかとも思っています。もちろん、ウィンブルドン優勝という結果が出るまではハラハラドキドキと本当に心配していましたが。

個人的にはこの前の上海でのチョリッチの姿は非常に頼もしく、次の王者を狙っていける存在だと感じました。その日の解説の方も言っていましたが、フェデラー戦では決してフェデラーの調子が悪かったわけではなく、逆転される緊張感が常にあった中での勝利だったので、見ていて期待したくなりました。

ジョコビッチに完敗したズベレフの姿と含めて、ランキングではズベレフが王者候補かもしれませんが、やはり自分はチョリッチを推していきたいです。
  1. URL |
  2. 2018/10/24(水) 00:12:51 |
  3. おスミ #-
  4. [ 編集]

>おスミ様

3神の中でもプレースタイルに関してはジョコビッチが一番完成度が高いような気がします。
苦手なコートがない度合いで言えばちょっとやばい領域です。

ズベレフは偉大なコーチが付きましたから、ある意味ポスト・マレーを狙う逸材ですか。
このままネタ氏でいくのか、覚醒を見せてくれるのか。

チョリッチは非常に良い選手です。その剛だけでない戦い方は非常に魅力的です。
このスタイルは今ではあまり多くないですが、もっと増えてほしいタイプだと思います。
ただ、やはり上位互換ともいうべきジョコビッチを相手にするには厳しいところがありましたね。
同じタイプとなるとチョリッチがジョコビッチに勝つには実力で上回るしかないのですが
この一見難しそうなチャレンジもチョリッチの若さを考えれば将来への期待が持てます。

現在の多くの若手選手が克服しなくてはいけないのは安定感の欠如への対策ではないでしょうか。
数年前にテニス界を席巻していた現在のベテラン達は皆遥かに安定感がありました。
例外的な4強だけではなく、ツォンガ、フェレール、ベルディフなども常に上位に位置していました。
こういう上位に常に位置する若手というのが今後どんどん増えてこなくてはいけないでしょう。
チョリッチも今年ランクを上げていますが安定度という面ではまだまだ危ういです。
現在チョリッチはランキングでも若手2番手に躍り出ていますので
このまま上位をキープして近くズベレフとの2強時代を形成してくれれば面白くなってくるのですが。


  1. URL |
  2. 2018/10/24(水) 10:25:13 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1160-c1ae8bd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター