FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2018年、ATPツアー大詰め、パリマスターズ開幕

最後のマスターズ、パリが開幕します。
ファイナル出場権及びランキング争いも激化しています。

まずNo.1争いですが、ナダルとジョコビッチに絞られたと言っていいです。
後半に入り怪我でし失速してしまったナダルに代わり、好調ジョコビッチがあと僅かのところに迫っています。
ジョコビッチは、今大会で一つでもナダルより上の順位で終わればNo.1は入れ替わります。
更にファイナルも控えていますのでジョコビッチのNo.1就任はかなり現実的です。
もちろんナダルも出場しますのでどの程度まで戦えるかによるわけですが
インドアはナダルが最も苦手とするコートですし、怪我明けというコンディションを考えても
2大会でジョコビッチよりも上の位置で終わるというのは少々考えにくいように感じてしまいます。

ファイナルへの出場権は上位6名が獲得しています。
ナダル、ジョコビッチ、フェデラー、デル・ポトロ、ズベレフ、アンダーソンです。
残り2枠をチリッチ、ティエム、錦織、イズナーで争っています。
ただし、デル・ポトロは怪我をしてしまい、ほぼ出場は無理だと思われるので
3枠を4名で争っていると言い換えていいでしょう。
しかし、デル・ポトロの怪我は膝の骨折ということですが大丈夫でしょうか、実に心配です。
彼は本当に怪我に泣かされてきた選手です。怪我さえなければNo.1になっていたと思わせます。
あの強烈な3強とまともに戦っていながらNo.1就任を思わせる選手なのですから
実力は本当に図抜けたものがあったのだと確信できます。
大きな怪我なので来年以降の選手生命に影響がなければいいですが。

パリは大きな大会なのでポイントの加算が結構あります。
出場枠を争う選手は一つでもラウンドを進める必要があるわけですが、そこはマスターズ、
早いラウンドでシード同士の対戦が組まれており、勝ち進むのは一苦労という状況が見えます。
シード勢は初戦が免除されているので2回戦からの出場となります。
そのため、一つだけ勝つと早くもシード同士の対戦が組まれるわけです。
順当にいくとチリッチはディミトロフ、ティエムはチョリッチ、そして錦織はアンダーソンと当たります。
どれも手強いですが、特に錦織は嫌なドローを引いてしまいました。
もちろん、先週のリベンジを果たす絶好の機会が来るのだとも言い換えることができます。
イズナーは第12シード予定だったゴファンが欠場したことで同ラウンドでのシード対決を回避しています。
少し有利と言えるかもしれません。このドロー運が吉と出るかどうか。



スポンサーサイト
  1. 2018/10/30(火) 10:52:45|
  2. 2018年10~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<2018年、パリマスターズのジャック・ソックは | ホーム | 2018年、ジョコビッチの復活>>

コメント

No1争いとツアーファイナル争いが佳境で非常に楽しみなパリですが、
その裏で実は密かに気になっていることがあります。

去年大荒れの大会を制した、個人的にもかなり好きなプレーヤーの一人、ジャックソックです。
去年の優勝+ツアーファイナル2勝分で1,400ポイント失効予定なので、下手すると一気に23位から150位くらいまでランキング落とします。
vsガスケなので緒戦負けも普通にありえます。今大会ギリギリシード枠から、一気にGS圏外です。

怪我した人以外で一気に100位以上ランク落とした人って、これまでいるんでしょうか?
大きな怪我をした訳でもなくGS・マスターズ全部出てますし、ダブルスではめっちゃ勝ってます、と言うかGS2つも取ってます。
なぜこうなっているのか、とても不思議です。
  1. URL |
  2. 2018/10/31(水) 05:03:51 |
  3. ふぁぶ #LkZag.iM
  4. [ 編集]

運命の二回戦が同時進行ですね。ワールドカップリーグの最終戦のようです。
ただ錦織としてはメス、楽天、上海、ウィーンとあと1つ(メスは2つ)勝ったら出場をほぼ手中にできたわけですから、ここぞという一勝をできなかったので、パリでもそうであればファイナルに届かなくてもやむなしという感じがします。もちろん安定した勝ち上がりは素晴らしい事ですが。またファイナルは疲労から選手の怪我も1.2人出る事が多いので万全な実力伯仲の試合を見たいところです。
  1. URL |
  2. 2018/10/31(水) 09:52:16 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

>ふぁぶ様

ソックの情報ありがとうございます。
そんな状態になっていたとは知りませんでした。
非常に興味深かったので、別記事を上げさせていただきました。
どうもありがとうございます。

>ぽーち様

色んな選手に注目ポイントがあります。
これまでパリというと消化試合のような印象を持つこともしばしばだったのですが
こう初戦から楽しめるのは良いですね。
錦織は決勝での連敗が続いていますが、大会を通じて調子を維持するのが難しくなっています。
体力的なものもあるでしょう。最終戦に出てほしいですが、
強敵との連戦になりますから勝つのも大変だろうと思います。


  1. URL |
  2. 2018/10/31(水) 15:59:04 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

錦織のツアー決勝での連敗記録が「9」に伸びたので 主な現役選手の決勝連敗記録も調べてみました。
調べる選手の条件は限られてくるので けっこう楽でした。

9 錦織(2016年4月~2018年10月 継続中)
7 フェレール(2013年3月~11月)
アンダーソン(2013年1月~2015年6月)
6 ベルダスコ(2010年5月~2013年7月)
 モンフィス(2005年10月~2009年2月)
 ラオニッチ(2016年3月~2018年6月 継続中)
 ゴファン(2014年10月~2017年2月)
5 バブリンカ(2007年7月~2010年1月)

仮に錦織が10連敗を喫したらベネトーに並ぶことになるのは知ってるんですが 1度も優勝したことがない10連敗とは
大きく意味合いが違うと思うので ベネトーは載せませんでした。
そんなベネトーも引退だそうで シングルスではついぞ優勝することなく現役を終えるんですね。
ちなみに10連敗目の相手は錦織です。2014年9月のクアラルンプール。錦織が全米準優勝の次に出た大会でした。
  1. URL |
  2. 2018/11/01(木) 07:52:24 |
  3. フェレールのくわえタオル #-
  4. [ 編集]

>フェレールのくわえタオル様

データ提示ありがとうごございます。いやー皆苦労してるんですね。

私も少し詳細を確認してみましたが
この中では、ベルダスコのみが4強と一人も当たらないで記録を作っていました。
6つのうち5つがツアー250で、500が1つだけあるという状態だったのでまあわからなくもない部分ではありますが、
4強と結びつかない敗退記録というのもある意味珍しいかもしれません。

こんなにも苦労している選手達が多くいる中で、今から15年前の昔には
決勝24連続というとんでもない記録を作り出した選手がいるらしいです。


  1. URL |
  2. 2018/11/01(木) 11:38:24 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1161-717495ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター