FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2018年、収集データ大幅更新!

今年は無事に年内に、しかもかなり早く更新できました。
昨年度は年を超えてしまいましたからできて良かったです。

前記事でも少し触れましたが今回は新規の選手がいない上にベテラン勢も振るわなかったということがあり、
主に3強のデータを眺めていくというものになった気がします。

3強はやっぱ凄いです。
特にナダルが勝率90%を達成していたのには驚きました。自身の年間最高勝率です。
ただ、ナダルは怪我がち、フェデラーも出場大会を絞っているということで
ジョコビッチが現状で1位なのは異論のないところでしょう。
今回の集計では年の前半でのパフォーマンスがそれほどではなかったということもあり
データ上はナダルやフェデラーと僅差という感じですが、
この調子が来年も維持できれば2011年、2015年に次ぐ第3全盛期となるかもしれません。

【年間グランドスラム未遂】
では、今年のだけでなくの昨年の情報も載せています。
昨年の更新早々リクエストはいただいていたのですが、どう書けばいいかなと思っているうちに更新をさぼってしまっていました。
結局2人の合わせ技という強引な方法となりましたがまあそういうのもありかなと思います。

今年はネタ枠も寂しく、マレーの話題がほとんどありませんでした。
コールシュライバーやカルロビッチなどもそうです。
ここは期待のズベレフに頑張ってもらうしかないですね。
素晴らしい逸材ですからネタ枠でも本物枠でも良いので来年は話題をさらってべくせっせと種をまいております。


長く作成中になっている【対決!フェデラーvsヒューイット】をはじめ、追加記事計画中の【ビッグサーバーの歴史】
そして今回【コート種別検証】にも追加記事を書きたいという思いがあり新たに工事中として設定しています。
ノッているときに一気に書ければいいかなと思うのですが中々進まなくてすいません。

実際、【対決!フェデラーvsヒューイット】をアップするとなったら、もうそれだけじゃすまないですよね。
フェデラーのライバルをヒューイットだけで終わらすわけにはいかない。



スポンサーサイト
  1. 2018/12/20(木) 14:38:00|
  2. 2018年10~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<2019年、ATPツアー始動(当ブログは出遅れ) | ホーム | サイト本体鋭意更新作業中>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2018/12/20(木) 22:46:33 |
  3. #
  4. [ 編集]

皆様、早速コメントやメールで修正箇所のご指摘等ありがとうございます。
当サイトは皆で一緒に作るサイトですので、句点がおかしいとか
そんなレベルでも全然結構ですので気になるところをご指摘いただけると助かります。
(他力本願!!)

  1. URL |
  2. 2018/12/21(金) 09:01:49 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

トップ10ランキングの項で2つほど。
コルダに触れてる所で表の40位と違って何故か70位との誤記が。
もう一つは年末ランキングで錦織・チリッチ両選手が4回目でランクイン、デルポトロが5回目にランクアップしてますね。
  1. URL |
  2. 2018/12/27(木) 21:24:22 |
  3. マルト #-
  4. [ 編集]

あ、すいません早とちりでしたm(__)m
「4年以上在位かつ」「年末」でなので通算208週以上だと思うので下の話は忘れて下さい(汗)

取り留めもない事をふと思ったんですが前者を満たしておいて後者を満たせないような選手って多分いませんよね・・・
シーズン真ん中はトップ10在位していて年末年始には外れているみたいな。いたら多分ネタ扱い不可避ですが。

  1. URL |
  2. 2018/12/27(木) 21:40:02 |
  3. マルト #-
  4. [ 編集]

>マルト様

ありがとうございます。
ご指摘いただいていた部分、休みにかまけて更新をさぼっていましたが修正しました。

在位週の件ですが、可能性はあると思います。
当サイトの90年代のトップランカーでも触れていますが
1999年にランク1位になった5人のうちの2人、モヤとラフターは年末ではトップ10に入りませんでした。
そんな例もありますから、在位週と年末の間でさのある例もあるんじゃないかと考えられます。

パッと見たところ、例えばトップ10在位週がほぼ同じの3人がいます。
ラフター、エンクイスト(共に157週)、コレチャ(156週)です。

この3人の年末のトップ10回数を見てみますと
ラフター3回、エンクイスト4回、コレチャ2回です。

回数に差があるのも面白いですが、年末ランキングでいうとラフターが2位、
コレチャが3位という最高位に対しエンクイストは5位でしかありません。
非常に効率的に年末トップ10在位をこなしたことになります。

もう少しじっくり見ていくと更に色々見えてくるものがありそうです。
上の表に年末在位の数字をつけ足すというのも面白いかもしれませんね。







  1. URL |
  2. 2019/01/04(金) 19:39:30 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

>管理人様
恐縮ながら返信ありがとうございます。ラフターは全豪ベスト4、ウィンブルドン準優勝だった2001年にデビスカップ優勝後
最終7位で即引退だったのでもう少し続けていればどうなったのか気になりますね。
エンクイストは全豪準優勝以外でGS成績がさほど高くないからか同時代だとビッグサーバー系のクライチェク等よりも更に地味な扱いな気がします。
どのプレーもそつなくこなしたからでしょうか?対トップ10成績とか結構なものを持ってるんですが。

話はそれますがカルロビッチ御大がインドで決勝進出しましたがなんとベスト4の時点でコナーズ以来26年ぶりで決勝進出はローズウォ―ル以来42年ぶりだとか。
サービスエース数が語られがちな彼ですが年齢という分野で伝説級選手に迫るというのも中々味わい深いです。
カルロビッチは割とボレーヤーでもあるのでストローカーよりのイズナー等も果たして同じぐらいやれるのかも気になったりも。
  1. URL |
  2. 2019/01/05(土) 19:20:15 |
  3. マルト #-
  4. [ 編集]

>マルト様

エンクイストはタイトルは19獲得していて、中にはマスターズ相当の大会も3つあったりと
活躍度としては中々なんですけど、やはりグランドスラムでの実績が少なかったのが地味さを増幅していますかね。
もちろんプレーの地味さもあったと思いますが。

大ベテランといえば、そうですよね、今は何と言ってもカルロビッチでした。
どうしてもフェデラーの名を上げてしまいますが、カルロビッチはそれよりも3歳も年長です。
コナーズ、ローズウォールに並ぶなんてとんでもないことです。


  1. URL |
  2. 2019/01/08(火) 08:42:25 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1169-147d8747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター