FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2019年、全豪2回戦

僅か2戦なのに熱戦が続いています。
タイブレークが続いたり、フルセットにもつれたりという試合が多いです。
今後、この猛暑の中、選手たちは体力の調整との勝負になってくると思います。

2回戦でジョコビッチはツォンガと対戦しました。
11年前の決勝の再現ということで注目されましたが、さすがに当時の再現とはいかず、王者と挑戦者の戦いに終始しました。
ツォンガの方は必至でしたが、ジョコビッチは余力を残しての戦い方という感じで、
これはちょっとやそっとでは足元を掬われることはないのではないかと思われます。
ここ2年の同大会のジョコビッチとは別人です。
次はダニエル太郎を下したシャポバロフとの対戦となります。
これは大いに楽しみな対戦ですが、相変わらず大変に魅力的でそして大変に粗削りなのがシャポバロフのプレーです。
そのスタイルは、ナダルやフェデラーや以上にジョコビッチが最もやりづらいのではないかと思います。
あっさり攻略されるのか随所に光るところを見せるのか、大いに注目したいと思います。

トップハーフでもう一つの注目試合が、錦織vsヵルロビッチでした。これはもう、壮絶な戦いとなりました。
フルセットで最後にタイブレークとなればデータ上は錦織有利というのが明確で、事実そうなったわけですが。
しかし、当然試合をやっている間は最後までどうなるかわかりません。
最後のプレーで錦織がコートに倒れ込んだのもむべなるかなといった所。
カルロビッチのエースは実に59本。ここはさすがのカルロビッチでした。
錦織としては生涯最多被エース数だったのではないでしょうか。
カルロビッチの試合がよくここまでもつれんる要因はエースが多いというだけではありません。
1stサーブの確率が、ビッグサーバーにしては信じられないくらい高いというのがあります。
昨日の試合も実に75%でした。錦織も77%と非常によく、お互いがサービスゲームでポイントを取る形が決まっていましたので
大いにもつれてしまったということになります。
もしも、より早く決着をつける展開があったなら錦織の方にチャンスがあったと思いますがカルロビッチのピンチでの集中力も見事でした。
勝った錦織ですが、まだ2回戦でのこの激戦の連続は大丈夫でしょうか。
次は、コールシュラーバーとのいぶし銀対決を制したジョアン・ソウザとの対戦となります。

トップハーフには注目試合がもう一つありました。ラオニッチvsバブリンカです。
4セットでラオニッチが勝利しましたが、全てタイブレークとなる激アツの試合でした。
実力者同士が激しくぶつかり合うとこうなるんですね。
ラオニッチのエース数は39本でした。
カルロビッチ、イズナーオペルカとエースを連発した強サーバーが敗退した中でラオニッチは生き残っています。
サーブは大きな武器ですが、サーブだけでは勝てない時代です。

第7シードのティエムが敗退してしまいました。最後は棄権でした。
トップハーフのシード選手は初戦では誰も敗退しなかったのですが、現時点ではティエムが最も高いランクの敗退者となっています。


ボトムハーフの方に行きましょう。

ナダルは順当に勝ち上がっています。ここまでは危なげないですが次は勢いに乗っているデミノーとの対戦となります。
こちらのハーフでも次々と楽しみな対戦が組まれます。

フェデラーはタイブレーク2つを戦いましたので少々手こずった部分はありますがストレートで2回戦を突破しています。
これで全豪20年連続の3回戦だそうです。もう何が何だか、どの程度は破格の凄さなのかもよくわからないような記録です。
何せ比較がないですからね。もちろん全グランドスラムで最長の記録です。
てゆーか、そもそも20年連続での出場自体、他に例があるのだろうかというレベル。

ディミトロフとベルディフが勝ち上がています。
トップハーフのラオニッチやバブリンカと同じように、元実力者というべき選手で、
本来の力からはランクの下がっているわけですがこういう選手はいざ当たると怖いです。
今後の勝ち上がりに注目したいところです。

ベルディフはシュワルツマンとの対戦となります。
シュワルツマンは良い選手なんですけど、いつも思うのが、途中で失速するんですよね。
まあ小柄であるにもかかわらず全身を使ってフルショットを打ってきますので
これで安定感まで求めるのは酷だとは思いますが、どれだけ調子を持たせられるかが試合を大きく左右します。
あの派手なショットが決まるのを見るのは爽快なんですけどね。

ボトムハーフで最も大きな敗退は第5シードのケビン・アンダーソンとなりました。
試合の滑り出しは良かったのですが何故だかずるずると負けてしまいました。
急におかしくなったとかいうよりも、なんだかずるずるという感じでした。
勝ったのはティアフォーです。まだ2回戦なので多くの選手が残っているのは必然なのですが、若い選手が結構います。
これらの中から台風の目が出て来てくれると面白いんですけど。
まだラオニッチやベルディフの方が可能性があると思えてしまうのは、これまであまりに長く
実績組の選手たちが若者を虐げてきたからなんでしょうね。


スポンサーサイト
  1. 2019/01/18(金) 12:07:52|
  2. 2019年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<2019年、全豪は3回戦が終了 | ホーム | 2019年、全豪1回戦トップハーフ>>

コメント

アンダーソンは第1セットだったかで肩を負傷して失速したって聞いたんですが、大丈夫なんですかね?
  1. URL |
  2. 2019/01/18(金) 12:31:19 |
  3. おスミ #-
  4. [ 編集]

まず59本というのが歴代10位に入る記録ですからねぇ。
というか近年はカルロビッチを中心にイズナー等も次々と高記録を上げていたりするので
ビッグサーバーに関するコラムが後半の記録部分等大幅な記述変更余儀なくされそうで大変です・・・。
  1. URL |
  2. 2019/01/18(金) 18:54:49 |
  3. マルト #-
  4. [ 編集]

>おスミ様

ありがとうございます。そうだったんですね。怪我となるとこれまた心配です。
ベテラン選手のけがは治りきらないこともしばしばですから。

>マルト様

ぬ、そうでした。
ビッグサーバーの歴史は工事中としていることもあって油断してました。
確かにメンテナンスしなくてはいけないですね。ありがとうございます。頑張ります。


  1. URL |
  2. 2019/01/18(金) 21:40:31 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1177-e83e6c16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター