FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2019年、モンテカルロ終了

盛り上がってまいりました、今年のクレーシーズン。
遂に本格的な戦乱の訪れなのか。

これまでも上の数人が強すぎただけでその他大勢が混戦だったのは状況は同じです。
ただ、今回決定的に違うのは2人の絶対の選手が敗退したということです。
しかも負け方もあれ?という感じ。
ジョコビッチもナダルも負けた試合は明らかに脚力が落ちてました。
実は両者ともその一つ前の勝った試合もあまりよい動きをしていたとは言えません。

両者、調子が良ければ強いのは事実なんでしょうが、
長続きしないというのは他の選手たちと同じ状態です。
そういうことがないのがこの選手たちの強さだったというのに、ある意味衝撃です。

ナダルはこのクレーシーズンで思うように結果が出なければランクを大きく下げます。
これまでも異様なほど逆境をはねのけてきた選手なのでこのままずるずるということはないでしょうが
ズベレフと並んで失効ポイントとの戦いを余儀なくされています。
ジョコビッチはグランドスラム3大会の貯金があるのでしばらくランクは安泰でしょう。
しかし、そろそろ調子を取り戻したいところです。全豪以来優勝がないわけですから。

準決勝、決勝のフォニーニのプレーは素晴らしかったです。
こうしたベテランが想定外に活躍してくれるというのも嬉しいものですが
このままフォニーニの時代が築かれるということではないだろうと思いますし
選手達の力が拮抗していて誰が勝つか分からないということなのだといえます。

ここしばらく結果を出せていなかった選手が唐突にマスターズを制するという時代であり
こんな良いプレーをする選手でもずっと勝てていなかったというのもまた不思議なことといえます。

今大会だけの現象なのか、正に混戦化となっていくのか。
バルセロナを挟んでマスターズが続きます。
誰かに注目ではなく、全体を俯瞰してみるようになるので興味の幅が広がることになります。
混戦模様を好まない人もいると思いますが、見方を変えると面白いものです。

次戦以降も注目していきましょう。


最後にメドベージェフについて一言。
面白い選手だし、特にバックハンドのショートクロスに良さを感じさせますが
どうにもショットが安定しないように見えます。変則的なフォームというのもあるのでしょう。
あんな打ち方で良く入るね、と感心させられる場面にも出くわしますが
一歩間違えば、ほらそりゃ入らないよね、という感想にもなり得ます。
サーブも不思議です。長身であるにもかかわらず強打でエースを連発するタイプではないです。
そのようなタイプであるなら率の高さを武器にすべきなんですが、驚くほど率が低い。
これは致命的ではないかとも思えるのです。
それでもある程度勝っているんですよね。もちろんジョコビッチにも勝ったわけですし。とても不思議です。
かつてのリュビチッチを思わせる部分があります。
才能はあると感じさせるのですが、どうにもショットが取っ散らかる印象です。

準決勝のラヨビッチ戦は第1セット「5-1」で勝っていました。しかし終わってみれば「5-7」。
第2セットも含めて実に10ゲーム連続で落とすという急転直下の敗退劇でした。
もう一つの準決勝でもナダルが8ゲーム連続で落としましたが、どうにも乱れた大会だった印象が強く残っています。



スポンサーサイト



  1. 2019/04/23(火) 11:07:49|
  2. 2019年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<2019年、マドリードはベスト8 | ホーム | 2019年、モンテカルロはベスト8へ>>

コメント

ナダルのベーグル

いつも楽しく拝見しておりますが、コメントは何年かぶりです。(笑)

今回のナダルが負けた試合でふと気になったことがありました。第2セット、あと1ポイントで0-6だったわけですが(結局、そこから2ゲーム取ったのはさすがでしたが)、過去、ナダルが「クレー」で0-6でセットを落としたことなんて、あるのでしょうか?デビューしたての頃はともかく、全仏で初めて優勝した年以降で、そんなことがあったのか?と、非常に気になりました。

同じように、フェデラーが「芝」で0-6でセットを落とすこともないような気がするのですが、過去そういうことはあるのでしょうか?
  1. URL |
  2. 2019/04/25(木) 12:43:49 |
  3. gaichi #-
  4. [ 編集]

>過去そういうことはあるのでしょうか?

2007年ハンブルクMS(当時)で、フェデラーが3セット目にベーグルしております

それ以外の試合でクレーでのナダルがベーグルされたことは無かったと思います。ツアー本戦に限りですが
ジュニア時代、チャレンジャーまで含めると、すみませんが私もわかりません。
  1. URL |
  2. 2019/04/25(木) 13:06:12 |
  3. RfRn #-
  4. [ 編集]

>gaichi様

ナダルがクレーでベーグルを取られたのは
RfRn様ご指摘の2007年ハンブルクのフェデラー戦、
2005年モンテカルロのコリア戦、そして同じく2005年ブエノスアイレスでのガウディオ戦があります。

ナダルからベーグルを複数回達成した選手というのは2人しかいません。
フェデラーとマレーです。フェデラーが3回、マレーが2回でした。

フェデラーはしかもハード、クレー、グラス、3種のコートで達成してます。
マレーはハードで2回です。

ナダルがフェデラーからベーグルを取ったのは1回だけ、マレーからは1度もありませんでした。

またナダルとジョコビッチはあれだけ戦っててお互いベーグルというものが一度もありませんでした。

  1. URL |
  2. 2019/04/25(木) 17:51:48 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

>RfRn様、管理人様
早々にコメントいただき、ありがとうございます。

過去にあったんですね~。
けど、そもそもがベーグルで取られることがほとんどないってことですよね。ジョコビッチですら取ったことないんですから。
その中で、フェデラーの3回は、やっぱりさすがとしか言いようがないです。

フェデラーがナダルにベーグル取られた1回は、過去記事にもありましたね。
https://ausaga.blog.fc2.com/blog-entry-269.html
この試合は、見ててショックを受けたことを、今でもよく覚えてます。

気になったことがすぐに解決して、すっきりしました。ありがとうございました。
こういう情報がすぐに分かるのは、このサイト(ブログ)ならではだな~と、あらためて感心した次第です。
これからも引き続き拝読していきます!!
  1. URL |
  2. 2019/04/25(木) 19:08:46 |
  3. gaichi #-
  4. [ 編集]

>gaichi様
申し訳ありません。情報が足りなくてすみませんでした

BIG4の残るジョコビッチ、マレーからもフェデラーはベーグルしてます
ジョコビッチからは2012年シンシナティ、マレーは2014年ツアーファイナルですね

管理人様初め歴代のコメント様の方々の、有益かつ豊富な知識は私にとっても
同じく、毎回感心しながら拝読しております、

私は投稿歴2年弱の、ここのサイトでは若輩の部類ですが。。。。
今後ともよろしくお願いします。


>管理人様
コレア、ガウディオの件、ご教示ありがとうございました。2005年と言えばナダルがブレイクした年として有名ですね。
そしてコレア、ガウディオともナダル出現前の忘れがたいクレーコーターですね
当時のフェデラーも、ナルバンディアン筆頭に彼等含む南米クレー巧者に勝利するにも軒並み苦戦していた
覚えがありますが、若き(当時18歳)ナダルも先人たちの洗礼を受けていたのですね
  1. URL |
  2. 2019/04/25(木) 23:34:19 |
  3. RfRn #-
  4. [ 編集]

>gaichi様

ありがとうございます。
しかし11年前の記事!!
書いた私ですら覚えてませんでした。

当時はクレーシーズンが終わった時点で相変わらずナダルは強いけどまだ2位で
1位フェデラーとの差が開き、3位ジョコビッチには近づかれている、という論調ですね。

まさかこの後ウィンブルドンも制し、一気に1位に上り詰めるとは当時考えていなかったのかもしれません。
2008年のウィンブルドン決勝は歴史の大きな1ページですからね。
敢えて、歴代ベストマッチを一つだけ上げろと言われたら私はこれと答えるでしょう。

しかしそれも11年前なんですね。トップ3が今と変わらないというのも衝撃は凄いですが。

・・・ん?
いや、今フェデラーは4位か、3位はなんか知らない人だぞ??


>RfRn様

まだ投稿いただいて2年なんですか。随分と長い間お付き合いいただいていると思ってました。
失礼しました。なにせ私の時計は11年前から狂ってますからね。
それというのも11年前に全仏、全英で決勝を戦った2人が悪いんです。
その2人の名前からペンネームを取られているRfRn様ですから私の時間がずれるのも致し方なしですね。

フェデラーのベーグルですが、4強から喰らったのはナダルの1回だけなんですね。
これはびっくりです。全員からベーグルしておきながら自分はやられていないという。

フェデラーは若い頃ナルバンディアンを苦手としていましたが、それでもベーグルは1度も喰らっていないです。
初対戦から5連敗していて、6度目にやっと勝つんですが、その最初に勝ったときのスコアは「6-3 6-0」でした。
こういう所、いかにもフェデラーです。
時に2003年マスターズ。フェデラーはこの大会で優勝し、その勢いのまま翌年の全豪でNo.1を獲得しました。後はご承知の通り。

これは今からなんと15年前!!


  1. URL |
  2. 2019/04/26(金) 09:17:21 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

>RfRn様
追加情報、ありがとうございます。
私は基本ROMる(死語?)ばかりですが、こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

>管理人様
何度もコメントするのもどうかと思いつつ、思った以上に話題が広がったのが嬉しく、最後にもう一言だけ失礼します。(笑)

2008年のウィンブルドン決勝は、去年WOWOWで『フェデラーvsナダル ~史上最高のライバル~』というドキュメンタリー番組もやってましたね。その番組の中で、「直前の全仏でフェデラーは屈辱的な負けを喫した」みたいなくだりがあったと記憶しているのですが、それがまさに今回の話題になったベーグルのことだったのか!!と、今さらながら思った次第です。

そして、最後の「3位はなんか知らない人」のくだり、こういう管理人様の一言が大好きです。(笑)
これからも楽しみに拝読させていただきます。よろしくお願いいたします!!
  1. URL |
  2. 2019/04/26(金) 13:03:04 |
  3. gaichi #-
  4. [ 編集]

ベーグル

みなさんのベーグル情報、すごいおもしろいです!
統計を組み直したこういう情報がバンバン飛び交うのがこのサイトの醍醐味です。

ところでフェデラーはナルバンディアンを苦手としていたんですか?知りませんでした。
どういうところが苦手だったのでしょう。。。

初戦2回くらいなら負けているのってありますが(フェデラー対シモンとかジョコビッチ対キリオスとか)、
さすがに5連敗は激しいですね。
  1. URL |
  2. 2019/04/27(土) 07:38:58 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

>gaichi様

ありがとうございます。今後とも当サイトをよろしくお願いいたします
テニス界ではまたいつか2008年級の大試合が行われるようになってほしいものです。
今のツアーも悪くはないですが、どうしても昔話の方が盛り上がってしまいます。

>かめ様

フェデラーが初期の頃に苦手としていたのはナルバンディアンとヒューイットでした。
両者とも早いタイミングでの打ち合いを得意としていた点に理由があると思われます。
当時のフェデラーはネットプレーも多用していましたからある意味中途半端なオールラウンドスタイルが
確実に隙をついてくる両者のショットの餌食になっていたのでしょう。
しかしNo.1になったころからフェデラーはストロークスタイルで全ての選手を圧倒するようになりました。
こうなるといかな巧者でも太刀打ちできなくなるのは必定となってしまいます。


  1. URL |
  2. 2019/04/30(火) 10:02:39 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

ヒューイットも

> 管理人様

ヒューイットもそうだったんですね。今、対戦成績を見たら、2003年までは2-7と圧倒的。
2005年頃から見ている私にはわからないことでした。情報ありがとうございます!
  1. URL |
  2. 2019/04/30(火) 22:28:27 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

いつのランキング?

昨日ズベレフが敗れ、205P失うことになり、来週月曜発表のランキングは
ジョコビッチ→ナダル→フェデラーになりますね。
「時間の感覚がマヒしたのかな?」と思ってしまうランキングです。
  1. URL |
  2. 2019/05/04(土) 19:55:42 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

>かめ様

今大会はランクが入れ替わる前にドローが決まったのでフェデラーが第4シードですが
昨年のポイントを考えればどのような結果であれ、しばらくはトップ3がトップ3を維持することになります。
もういっそのこと、当分このまま行っちゃえばいいんですけどね。

  1. URL |
  2. 2019/05/10(金) 12:00:26 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1191-a27773a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター