FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2019年、全仏2週目に突入

熱戦が繰り広げられています。
今年は競った試合が多いのが特徴といえます。今は実力の拮抗した選手が多いですから、
下位シードやノーシードでも実力者がエントリーする関係で早いラウンドで好勝負が目白押しとなるのです。

4回戦、すなわちベスト16まで進んでいますが、ここまで失セット0というのは3人のみです。
ジョコビッチ、フェデラー、そしてモンフィス。ナダルでなくモンフィス。

中でもフェデラーはベスト8進出一番乗りを決めていまして、
その勝ち上がりは未知数でしたが非常に効果的にトーナメントを勝ち進んでいます。
次がチチパスとの激闘を制したバブリンカで、そして更にナダルの可能性がありますから
いよいよここからともいえるわけですが。

ボトムハーフではフェデラー、バブリンカ、ナダルの3人がベスト8進出を決めていますが
残りの1枠、錦織vsペールが日没順延となり結果が明日へ持ち越しとなっています。
直前の試合が5時間のフルセットでしたから時間が伸びてしまったのも致し方ないでしょうか。

本日、トップハーフの4試合とともに続きが行われます。

トップハーフの4試合は以下の通り。
・ジョコビッチvsシュトルフ
・ズベレフvsフォニーニ
・ティエムvsモンフィス
・デル・ポトロvsカチャノフ

なかなか濃い試合が組まれています。

ジョコビッチと対戦するシュトルフは、初戦のシャポバロフにはストレートで勝利したものの
その後2回戦ではタイブレーク3つを含む4セット、
そして3回戦ではファイナルセット「11-9」という壮絶は勝ち方をしてきています。
危なげなく勝ち上がってきているジョコビッチに対してはさすがに有利な要素が薄いですが
より体が温まっているという点と、今年のジョコビッチが時に見せる急な不調が噛み合ったりすればあるいは
というところでしょうか。

その他3試合はいずれも見どころが大きいです。
フォニーニのマスターズ初制覇はフロックではなかったですね。
ズベレフも勝ち上がっていますが苦労しています。
勝った方がジョコビッチですからここは大きなポイントとなる試合といえそうです。

好調モンフィスはティエムと、そしてフェデラー同様未知数ともいえるデル・ポトロはカチャノフとの対戦です。
どちらも非常に楽しみな試合です。

ティエムは、トップ2に次ぐ優勝候補とされている選手だと思われますが、
ここまで全ての試合で1セットを失っています。常勝の選手であればここからペースを上げてくるところです。
苦戦しているのではなくエンジンが温まり切っていないのだとすれば、まだまだ底力が眠っているはずです。
モンフィスとの剛柔対決は見どころの多い対戦となるでしょう。
過去はティエムの4勝0敗ですが、曲者モンフィスは好調ですから今回は一味違うかもしれません。

デル・ポトロは西岡戦を見る限り足の状態が悪くギリギリのところでのプレーなのかと思いましたが3回戦は快勝でした。
本当にわからないです。次の相手はカチャノフです。これも実に読めません。


スポンサーサイト



  1. 2019/06/03(月) 12:00:00|
  2. 2019年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<グランドスラムデビューでの最高成績 | ホーム | 2019年、全仏開幕>>

コメント

トップ10が全員ベスト16入りということでここから先は良カードが目白押しですね。ただBIG3あるあるで挑戦者を決める戦いが熾烈過ぎてBIG3の前ではさらに何もできなくなりそうな気が…既にボトムはベストマッチのワウリンカ、今日も試合がある錦織ペール(2人とも勝ち上がりでも疲れ気味)がフェデラーナダルに当たらないといけません。
フォニーニズべレフ、ティエムなんかもジョコビッチに当たるまですんなりと行ける気がしません。
まぁそうして勝ち上がったBIG3同士が異次元の試合を見せてくれるのも楽しみですけどね。もうそんなに何回も観れる訳ではないですし(とかいってまだ数年見えたりして)。
  1. URL |
  2. 2019/06/03(月) 15:07:53 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

チチパス対バブリンカ、凄い熱戦でしたね。今のバブリンカ相手ならチチパス優勢と見てましたが、さすが元全仏王者でした。チチパスも最後まで諦めずボールに食らいついてました。巷では性格に難ありと言われますが、テニスに関しては真摯に向き合っていますし、勝ちに対する執念は素晴らしいです。
トータルではチチパスが1ポイント上回っていました、ブレークポイントが多いながらも生かせなかったのが痛かったです。

ナダルに破れたロンデロは初のGS本戦で4回戦まで勝ち上がりました。万が一にでもナダルに勝っていれば、1996年ウィンブルドンのアレックス・ラドゥレスク以来の初GS本戦QFでした。4回戦でも2012年全仏のゴファン以来です。
そこで気になったのですが、初GS本戦の最高成績って誰のどこまで何でしょうか。管理人はご存知ですか。
  1. URL |
  2. 2019/06/03(月) 20:14:08 |
  3. たかはし #-
  4. [ 編集]

チチパスの方が若干押していたようにも見えましたが、最後はグランドスラマーの経験値の差を見せたようなワウリンカの勝ちでした。
最後のパスも、本当にほんの少しの差でしたね。

チチパス、数年後にはティームと共に全仏を取ってもおかしくない期待を感じました。
さすがに、さすがに数年後にはそろそろナダルも磐石じゃなくなってくると思いますし、いい闘いができるのではないでしょうか。

ぽーちさんの言うとおり挑戦者争いが熱く面白い反面、Big3の試合が面白くなってくるのは準決勝くらいからでしょうか。
  1. URL |
  2. 2019/06/03(月) 23:48:35 |
  3. ふぁぶ #-
  4. [ 編集]

皆さま、コメントありがとうございます。

やはりチチパスの試合は印象に残ったようですね。
その後の錦織もすごい試合を戦っていますが、ナダル、フェデラーと当たる選手がこんなに疲労困憊でいいんでしょうか。


※たかはし様からの質問は別記事でアップしましたのでそちらご参照ください。

  1. URL |
  2. 2019/06/04(火) 18:03:44 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1195-6d741dc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター