FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2019年、全仏準々決勝ボトムハーフ

今年のベスト8の顔ぶれです。
・ジョコビッチvsズベレフ
・ティエムvsカチャノフ
・フェデラーvsバブリンカ
・ナダルvs錦織

カチャノフがデル・ポトロに勝利したことで辛うじて新顔感の雰囲気が残りましたが
なんだかんだでキャリアのある選手が揃うという、戦前の混沌とした雰囲気からは違う
安定感のある勝ち上がりが展開されています。

もう少し乱れる部分もあるかと思ったんですがね。
なんだかんだで接戦を勝ち上がってきたバブリンカと錦織に負うところが大きいです。
この両者の場合、その経験値がベスト8にまで勝ち残らせたのだと感じます。
対戦相手との実力差ばほとんど近接状態であり、両者とも敗退していてもおかしくなかったわけですから。

改めて、近年のグランドスラムは経験がものをいうんですね。
そして両者はフェデラーとナダルに敗退しました。
バブリンカはかなり競った素晴らしい試合を見せましたが、錦織の方は瞬殺と言っていいレベルでした。
更に上を行く経験値に封じ込められてしまったわけです。

バブリンカも良い試合をしましたが、なんといってもフェデラーの戦い方はです。まったく惚れ惚れします。
このストローク優位の時代に、クレーコートにおいて、しかもバブリンカという強打の見本市のような選手を相手に
何故ああも効果的なネットダッシュを仕掛けられるのか。他の誰も真似できないフェデラーだけのプレーです。
試合全体を見ればミスもあったし、パワーで負けていましたからもちろん万全な勝利ではありませんでした。
しかし、大会前は出場できれば良いとか、第2週に行くだけでも十分とかそんな状態だったはずなのに
久々の出場でベスト4って、ちょっとおかしいというかなんか次元が違いますね。

バブリンカも悪くはなかったです。
チチパス戦もそのピンチを凌ぐ能力の高いこと!
第1セットの2ndサーブ獲得率は3割程度だったのになぜタイブレークまで持ち込めるんでしょうか。
試合を通じてブレークポイントを凌いだ数は実に「16」。チチパス戦に至っては「22」でした。
こんなのを続けられたらフェデラーの調子もいつか狂うのではないかと思わされました。
流れはいつバブリンカに行ってもおかしくはなかったですが、そこはフェデラー、
昨日の試合では最後まで崩れませんでした。良い試合だったと思います。

ナダルvs錦織は、もう気の毒としか言いようのない試合でした。
正直、錦織が勝つとは思っていませんでしたが、全豪や全米でのジョコビッチ戦同様、
こうも力の差を出されてしまうというのでは
ベスト8に残ったということでその健闘を称えたい気分がある反面、
その上に行くには通用しなさすぎるという絶望にも似た感覚が襲ってきます。
第2週以降は疲れからナダルに対してはチャンスがあるのではないかという戦前の予想はどこに行ったのか。
もちろんまだ2試合を残していますからナダルの好調もずっと持続するとは限らないわけですけど。

本日はトップハーフの2試合が行われます。
ボトムハーフに比べると「キャリア組vs挑戦者」という雰囲気の2試合です。
薄氷の勝利を重ねてきているズベレフは、GS3連覇中のもう一人の強者が空いてです。錦織状態にならないといいですが。
ティエムvsカチャノフの方が純粋に実力の拮抗した選手同士の試合として楽しめるかもしれません。


スポンサーサイト



  1. 2019/06/05(水) 12:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<2019年、全仏ベスト4 | ホーム | グランドスラムデビューでの最高成績>>

コメント

錦織戦は、ほぼ予想通りでした。
かつ出だしの躍動感のなさというか、疲労感を見て、これは5ゲーム取れたらいいかな、と思ったら本当に5ゲームでした。

しかしナダルの強い事。
甘いボールには、アングルへの強烈なエッグボール。
厳しいボールには、倍返しのカウンター。
相手のブレークチャンスで冴え渡るサーブ。
相手の戦意をくじく事に天才的です。
ジョコビッチもそうですが。


フェデラー戦楽しみですね。
ネットプレーvsストローク。
サーブvsリターン。
右利きvs左利き。
攻vs守。
柔vs剛。
ユニクロvsナイキ。


って、テレ東、錦織終わった瞬間、やらないんかーい。
ワールドカップは、日本負けてもやるのに、錦織以外は視聴率取れないもんなんでしょうか。。
残念。
  1. URL |
  2. 2019/06/05(水) 12:27:00 |
  3. ATPウォッチャー #-
  4. [ 編集]

フェデラー、全仏の準決勝は2012年以来ですか。
それ以降は最高QF止まり、その後の直近3年は出場せずで、何故に久々帰ってきてまた準決勝まで勝てるのでしょう。
ナダルの試合は盤石すぎたのですが、流石に次の試合は見る方も楽しみです。

さてさてまずはトップハーフのQFがどうなることやら。
  1. URL |
  2. 2019/06/05(水) 12:48:18 |
  3. ふぁぶ #-
  4. [ 編集]

>その上に行くには通用しなさすぎるという絶望にも似た感覚が襲ってきます

そんな錦織でも4大会連続QF以上進出しているんですよね。
ただBIG4相手だとまるで歯が立っていないのは厳しいがもうのびしろがあまりないでしょうね。

今回のナダル戦もいつも見せる粘りが全く影を潜め、ため息とともに視聴するのは諦めました。
幸いにもWOWOWでは同時2ch放送してたので
1セットダウンしたの見届け、フェデラーバブリンカの方へ切り替えて、以後見てません。

追い撃ちのようですがペール戦のあと、ナダル戦について正直きついですねというコメント。
明日はきっと負けますよと、言っているのと同じで、この認識が非常に気になりました。

応援している日本中のファンがいる立場で、こういうコメントするものなのかな~。
  1. URL |
  2. 2019/06/05(水) 15:00:23 |
  3. RfRn #-
  4. [ 編集]

いつも楽しく拝見しております。

フェデラーvsワウリンカは熱い試合でしたね!ワウリンカのブレークポイントを握られた後の、そこからの強さが際立ってました。
私も錦織のコメントは気になりました。ワウリンカもフェデラー戦前にチチパスと5時間を越える死闘を制して勝ち上がってきており、体力的にキツかったはずです。
しかし、コメントも実際の試合もフェデラーに気後れすることなく非常に競った試合でした。
当然全仏を制した経験のある選手ですから、比較対象として適当ではないかもしれませんが、苦しいときこそ発揮されるメンタルがグランドスラムを制するプレーヤーには求められるのではないかなと、この両試合を見て感じさせられました。
  1. URL |
  2. 2019/06/05(水) 23:25:13 |
  3. h #-
  4. [ 編集]

皆さま、コメントありがとうございます。

バブリンカも対フェデラーの対戦成績は3勝22敗で錦織vsナダル以上に勝ってないんですが
こうも接戦と大敗とで差が出てしまうのは、やはり根本的な体力の違いといった部分になるんでしょうか。
錦織の疲れが出てる感じは観ててすぐにわかります。
もちろん現時点でのクレーのナダルと久々出場のフェデラーとでは相手の印象が違うのは事実です。
ただ、錦織も屈指のフルセット勝率を誇る名選手の一人ではあるわけです。
気力と体力が乗った時には驚異の粘りを発揮しますが、
一方で乗れなければ本当にあっという間に負けてしまいます。
ジョコビッチやナダルが相手だと、出だしでああ、もう勝てないなと分かってしまうのは残念です。

正直、ナダルvsフェデラーなんてテニスの歴史上最高の黄金カードなんですけど地上波ではやらないんですね。
こういうとこですよね。


  1. URL |
  2. 2019/06/06(木) 09:12:12 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2019/06/06(木) 14:13:39 |
  3. #
  4. [ 編集]

錦織戦は放送するのに、それ以上に重要なカードは放送しない。。。
日本に関係ありそうなbattleだけを見せて、warの全体像は見せない。
あるいは、日本に関係ありそうなbattleだけ見たくて、warの全体像には興味ない。

これっておそらくテニスだけの話でもなく、スポーツだけの話でもなく、
ここ100年くらい変わらない日本の姿のような気もします。。。
他の国でもこんなもんなんでしょうかね?
  1. URL |
  2. 2019/06/06(木) 14:25:18 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

かめさん

全豪、全仏は深夜ですが決勝やってくれてますよね?全英はNHKがやりますし。BIG5同士の試合やらないのは勿体無いとしか思いませんが、すごい放映権料がかかるんでしょうね〜
  1. URL |
  2. 2019/06/06(木) 21:25:25 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

TV放映

> ぽーち様

ご指摘、ありがとうございます!なるほど決勝自体はやっているんですね。

はい、NHKの全英放映の姿勢は好きです。日本人の活躍の有無にかかわらずずっと続けてくれていますし、
期間中は毎日かなりの時間、放映してくれますから。
他社と違って、複数チャンネル持っているからできる技なのかもしれませんね。
  1. URL |
  2. 2019/06/06(木) 22:56:55 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

日本選手および日本を殊更に貶し日本以外を持ち上げるのが通であるという価値観は根強くあります
以前のサッカーで特に顕著でしたが(海外厨などという言葉ができるほど)これは未だに残っているほどです
100年どうこうの傾向なんてのは全く当てはまらないと思いますね
  1. URL |
  2. 2019/06/06(木) 23:11:03 |
  3. ad #-
  4. [ 編集]

土の上ではまさに最強の4人が残った、という感じですね。
ランキングの1~4がそのまま残っただけとも言えますが、
マレーがいない今、土ではビッグ4と言っていいメンバーに感じます。

フェデラーナダルももちろんですが、ジョコティームも凄く楽しみな対戦です。

  1. URL |
  2. 2019/06/07(金) 02:02:50 |
  3. ふぁぶ #-
  4. [ 編集]

皆さま、コメントありがとうございます。

TV放送の件ですが、他国との比較ということになると、
日本以上に自国選手をクローズアップする例はあるかもしれません。
自国選手愛といったものが日本以上の国は多くありますし
例えばキプロスではバグダティスの試合だけを放送というようなこともあったかもしれません。
ちょっと比較は難しいですかね。事例が欲しいところです。

しかしなんだかんだで錦織がここまでやってくれているおかげでグランドスラムの放送に
普通に日本の選手が出てくるという状況はうれしいものです。
それだけに期待も高まってしまう部分があるのは事実でしょう。
「錦織が準々決勝」だから目立つのであって、
「松岡修造が3回戦」だったらそこまで目立たなかったはずですから。




  1. URL |
  2. 2019/06/07(金) 11:54:42 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

確かに、そうでした。ちょっと前を考えれば、今の状況は大変ありがたいことを忘れていました。
自分が生きている間に、ツアーファイナルに出場する日本人選手が出てくるなんて夢にも考えられなかった。
日本人選手の活躍のおかげでTV枠が増えたわけで、これに対する感謝を忘れてはいけませんね。
露出が増えた分、報じられ方が気になる対象も増えてしまったということかも。。。(笑)

私がテニスという観点でTV不信を感じ始めたのは伊達公子の報じられ方がきっかけでした。
小さな大会で優勝した時には、どの局もこぞって報じていたのに、
翌年の全仏1回戦でのサフィナに対してあげた大金星は、私が記憶する限り、あまり報じられていなかった。
「不当な扱いだ!」と一人で怒っておりました。(笑)

でも、そうそう、まずは、放映が増えていることをありがたく感謝しなければなりません。
  1. URL |
  2. 2019/06/08(土) 09:41:07 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

>かめ様

不信という気持ちはよくわかります。
そうなんですよ。勝ち上がったときだけ露骨に取り上げるからおかしくなるのであって
取り上げるなら取り上げるで、大々的でなくていいからコンスタントに扱ってほしいんですよね。
私の場合は選手の観点というよりも競技という観点で特にそう思います。
錦織と大坂が敗退したら全仏はもうなったかのようになってしまいます。
多少は仕方ないですけど、一応誰が勝ちましたくらいは最後まで拾ってもいいんじゃないかと。


  1. URL |
  2. 2019/06/08(土) 23:16:03 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1197-e6cfb2e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター