FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2019年、全仏ベスト4

・ジョコビッチvsティエム
・フェデラーvsナダル

結局残ったのはトップ4シードですか。
大会前の一抹の不安をどうしてこうも軽く吹き飛ばしてしまうのでしょうか。

グランドスラムで別人のようになれるのがトップの条件なんでしょうか。
不安があったとはいえジョコビッチとナダルはマスターズを取ってますし
ティエムもツアー500のバルセロナを取っています。
それに比べて未知数の極みであったフェデラーのなんと驚くべきこと。
ただし、準々決勝では唯一ストレートではない勝ち上がりとなりました。
しかも相手はナダルですからこの辺りは厳しいものがあるかもしれません。
もっとも、ここまで来るだけでも奇跡的なことでここはもう
本当に戦前の気持ちと同様楽しんでプレイしてくれればと願います。

ベスト4がシード順通りだったら決勝もトップ2というのが大方の見方となるでしょう。
私も正直そう思います。
しかし、ここは敢えてティエムとフェデラーを応援していきますよ。


スポンサーサイト



  1. 2019/06/07(金) 12:58:05|
  2. 2019年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<2019年、全仏決勝は昨年と同じ顔合わせ | ホーム | 2019年、全仏準々決勝ボトムハーフ>>

コメント

シード通りの勝ち上がりとなり、なんとなく「新しい風は吹かなかったか」と残念な気持ちがありつつ、準決勝の2試合の組み合わせが安定すぎて、本当に本当に楽しみな気持ちとが入り混じっております。

ティエムとフェデラーを応援するという管理人様のフラグが今回はどういう結果をもたらすのか…
見届けたいと思います!
  1. URL |
  2. 2019/06/07(金) 18:26:36 |
  3. karo #vF6dOJDI
  4. [ 編集]

フェデラー、ドロー公開時は上手く行けばベスト8くらいまで行くと予想していましたが、更に上にまで行ってしまいました。この選手はいつもいい意味で予想を裏切ってくれます。ただ次の相手はナダルです。ナダルvsフェデラーは黄金カードかもしれませんが、クレーとなると2008年のトラウマがあるので、個人的にはあまり望まない対戦です。

ティエムは4年連続のSF進出です。これを達成しているのはBIG4はもちろんのこと、他はビョルン・ボルグ、イワン・レンドル、マッツ・ビランデル、ジム・クーリエ、フアン・カルロス・フェレーロと全員がGS覇者、No.1経験者です。全員クレーの成績がいいのは当たり前ですが、コテコテのクレーコーターという感じではないですね。事実、全員が全仏以外のGSファイナル経験があり、フェレーロ以外はタイトルもあります。逆にマレーは全仏のタイトルがありません。
ティエムはシーズン通しての安定感はあまりないですが、全仏では常に結果を残しています。今大会でもいいので、いつか彼には全仏を獲って欲しいのですが。

ジョコビッチは今大会でフェデラーの全仏9年連続ベスト8を更新し、最多の10年連続に更新しています。
  1. URL |
  2. 2019/06/07(金) 19:06:20 |
  3. たかはし #2kbNzpR6
  4. [ 編集]

>karo様

フラグとしては悪くなかったんじゃないでしょうか。
もうナダルは仕方ないですから。ただティエムがやってくれました。

>たかはし様

ティエムの比較対象がまた凄い面子ですね。
ズベレフが大スランプの今の状態では全仏の新王者に一番近い選手です。
ただ、壁があまりにも大きすぎるというのは問題です。

  1. URL |
  2. 2019/06/08(土) 23:24:22 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1198-57243a89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター