FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2019年、全仏決勝は昨年と同じ顔合わせ

準決勝の2試合、皆さんいかがでしたか?
私は大いに楽しみました。

正直、フェデラーはせめて1セットはとって欲しかったですが、
でも、ナダルを相手に非クレーコーターとして最大限の戦い方を見せてくれました。
引き出しの多さ、アイデアの豊富さ、年齢を感じさせない流れるようなプレー、
そしてそれら全てを台無しにするナダルの壮絶なショット。

今回印象的だったのは両者のバックハンドでした。
フェデラーは、強打でなく、いなしてラリーを持続させる戦い方が面白かったです。
全豪でナダルを下した時にも見せた方法ですが、クレーということで使い方は少し違った気がします。
緩急や、低い球と高い球というようなバリエーションの織り交ぜ方が多彩で、
次は何を打つんだろう?と思わせてくれる一球一球の楽しさがありました。
だけに、ナダルも以前のようなフェデラーのバックにひたすら球を集める戦い方はしませんでした。
まあ、それでも試合の方はナダルが良すぎて結果として今一通じなかった部分もあるんですけど。
そしてナダルの方のバックハンド。鋭角に決めたいくつかのショットは
使い時によってはむしろフォアよりも鋭いんじゃないかと思わせる強烈な一打となってました。
フォアとバックの弾道がこうも明確に違っていて
しかもどちらも強いというのは相手としては実にやりずらいでしょう。

かつては「フォアとバックで差がないように打てる」というのが
テニスの美学の一つとしてあったと思います。
しかし、今では全く通用しない考え方だということが分かります。

もう一つの準決勝、ティエムvsジョコビッチは選手への思い入れに関係なく
最高潮の盛り上がりを見せるフルセットの猛烈な試合となりました。
雨による中断をはさみ、風の影響を受ける特殊なコンディション下での試合ではありましたが
手に汗握るとは正にこういうことを言うのでしょう。

特に最後の方はブレークの応酬が激しく、
今が一体どちらのペースなのか全くわからない試合の進み方になりました。
次はどうなるんだろうというハラハラ感で最後まで大いに楽しみました。

後から冷静に分析してみると、どちらも大事な場面でミスを犯して
自滅のし合いで混戦になったという部分はあったかもしれません。

それでも終始質の高いプレーであったことは疑いの余地はありません。
ティエムがジョコビッチとの真っ向勝負で打ち負けなかったというのは大きいですし、
幾度も訪れたピンチを切り抜けるジョコビッチの精神的な強さもさすがと思わせました。

しかし、観戦も疲れました。2日がかりの試合だったわけですが
1日目の終了時の見切り方が難しかったです。
中断したのは日本時間では深夜1:00くらいだったでしょうか?
そこからどこまで待つべきか、もう寝るべきか、皆さんはどこで判断しましたか?
私は覚えてないです。かなり待ちましたが限界が来て寝てしまった感じです。
でも結果的には、再開しなかったのでもっとさっさと寝てよかったのでした。
しかし、その前にも1回中断していてその時は割とすぐに再開しましたから
あの時点で見極めるのは難しかったです。
もしも試合が続くのなら夜遅くでも観戦する気だったので。

まあそんなこんなで眠気との勝負、グランドスラムではよくあることではあるのですが
試合が競っていてしかも目が離せない展開だっただけにまともにぶつかった感じです。
こんなに眠気を我慢したのは2009年ウィンブルドン決勝のフェデラーvsロディック以来でしょうか。
いや、さすがに10年ぶりってことはないか。
もっとあったかもしれませんが何となく思い出したのはあの試合でした。

それほど魅力的な試合だったということであり、再開後の2日目は開始と同時にTVに釘付けでした。
普段、家での私のチャンネル権はかなり低いのですが、テニスの時だけは権利を強奪する仕組みになっています。



スポンサーサイト



  1. 2019/06/09(日) 00:15:22|
  2. 2019年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<2019年、全仏決勝はナダルが勝利 | ホーム | 2019年、全仏ベスト4>>

コメント

ジョコビッチの敗退は残念だったのですが、同時にこの接戦をものにしたことで、本当にティエムは強くなったな、と頼もしい気持ちになりました。

決勝は体力的に圧倒的不利だと思いますが、ナダルに食らい付いて勝機を見出だしてほしいです。

ところで、管理人さんに聞いてみたいのですが、この先「今シーズンはティエムの年だった」と言えるくらいまでいくと思いますか?自分は何となく今のティエムは2010年の全米でフェデラーを倒して殻を1つ破ったジョコビッチに似た印象を持っているんです。プレースタイル的にウィンブルドンがちょっと厳しいかもしれないのですが、インディアンウェルズでフェデラーを破ったときのように全米オープンでビッグ4を抑えて優勝するようなことでもあれば、No.1も夢じゃないような気がするんです。

ぜひ管理人さんのご意見を聞いてみたいなと思います(^o^)
  1. URL |
  2. 2019/06/09(日) 09:57:23 |
  3. おスミ #-
  4. [ 編集]

フェデラーナダル戦の風に苦しむ展開を見て、戦前にフェデラーが何が起こるかわからない、天候もそうだし、体調もそうだしと言った発言を思い出しながら見ていました。事実フェデラーは様々な技を駆使してトリッキーな状況を味方につけようとしましたね、結果的に何回か後一歩まで行きましたが、そんな中でありえないパスとバックハンドで切り抜けてしまいましたね。何が起きても強いから12回目の決勝なんだと思い知らされました。
ティエムジョコビッチもミスは多かったとはいえ質の高いラリーが何度もありました。ズベレフとかも1stで疲れてしまってあとは置いてけぼりだったわけですから。ジョコビッチはSFまで全部ストレートでしたから、そのジョコビッチに最後は気力、体力勝ちしたクレーのティエムの強さに驚きました。因みに私金曜日は1時前でちゃんと寝たのですが、ファイナルのサスペンデッドでまさかの寝落ち致しましてあーティエム6-3くらいで結局勝ったかなと思ったらスコアを見て後悔したわけです。
  1. URL |
  2. 2019/06/09(日) 12:01:58 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

>おスミ様

今後のティエムを占うには間違いなくハードコートでの戦績が重要になると思います。
すでに力は十分にありますがまだ安定しない印象で、その点ではズベレフの方が一歩先を行っていた雰囲気があります。
かつてのムスターのような例はありますが今ではそれは例外的と捉えるべきで
やはり最低でも2つのコートでトップに位置しない限りNo.1にはなれないと思います。
ナダルもジョコビッチも1位になった年にはそれぞれウィンブルドンで優勝しています。
ティエムの場合はハードのグランドスラムでビッグ3の誰かを下すようなことがあればあるいはという感じになってくるでしょうか。

>ぽーち様

スコアはともかく準決勝はどちらも質が高かったと思います。
長い試合でしたし休息日が少ないという部分はありますが、
ティエムの体力がそれほど削られてるかといえばそうでもないかもしれません。
これまでの戦いからしてもティエムはナダルによく対抗してきています。
あとは良い決勝になってくれることを願うばかりです。

  1. URL |
  2. 2019/06/09(日) 12:07:06 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

フェデラーのコンディション

久しぶりのフェデラーとナダルのクレー対戦、2011年決勝以来ですから実に8年ぶりですね。結果は3-0でしたが、フェデラーもよく対抗できていたと思います。1,2セットのどちらかが取れていればもう少し違った結果になったのではないでしょうか。フェデラーとしては第2セットのブレークした後をすぐにブレークバックされたのが痛かったでしょう。

風のせいもあり、サーブなどが思うようにいかなかったかもしれません。ライン際の精度でナダルが勝っていた分が差になって出ていたような気もします。

しかし、ファンとしては昨年半ば来、今一つピリッとしていなかったフォアの強さが戻ってきたように見えるのは明るい材料です。ワウリンカ戦もかなり強打で打ち合えていましたし、今回もそう見えました。ここしばらくあまりフォアの強打を見ていなかった気がするので、芝シーズンに向けて期待したいところです。

さて、いよいよナダルvsティエムの決勝ですがどうなるでしょうか。今年のティエムは昨年と比べて一皮むけているような気がします。準決勝の疲労があまり後を引いていないといいのですが。
  1. URL |
  2. 2019/06/09(日) 20:19:29 |
  3. brunello448 #-
  4. [ 編集]

>brunello448様

準決勝、決勝を見て思ったのはじわじわ追い詰めていくナダルの強さでした。
どちらでも最初の方はナダルと互角に打ち合えている部分があったにも関わらず、あと一歩のところで取らせてもらえないのです。
ティエムもスコアを見れば最後は「6-1 6-1」なので疲れが出てしまったかと思えそうですが
実際にはそういう感じではなく、純粋にナダルに追い詰められてしまったという部分が大きかったのではないでしょうか。
このナダル特有の流れに屈しないのは本当にジョコビッチだけですね。

  1. URL |
  2. 2019/06/10(月) 10:59:38 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

試合中断と眠気

2009年ウィンブルドン決勝、長かったですよね。
あの第4セット目からの流れは好きで、たまに見返したりしてます。

睡眠時間と言う観点では、個人的には2008年のウィンブルドン決勝が強烈でした。
2度(?)の雨中断で試合が終わったのは日本時間の午前6時ちょっと前の記憶です。
中断を含んだ試合トータル時間は7時間くらい?
でも、(おそらく興奮していたので)不思議に眠気は感じませんでした。

2009年はフェデラーが勝ったので疲れは感じませんでしたが、
2008年の試合終了後は心身ともに疲れがドッと押し寄せ、
1週間くらい(いや、もしかしたら1年くらい)引きずっていた気がします。(笑)
  1. URL |
  2. 2019/06/11(火) 08:36:02 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

管理人様,

おっしゃる通りで,以前も書いておられたナダルのなんとも不思議な,決め手を相手に与えずに勝ってしまうところですね.まして今回は調子も尻上がりに良くなっていて,つけ入るスキはなさそうではありました.ただ両者ともに,もう少し良いコンディションでやらせてあげたかったと思います.

まぁ,私の興味は芝のシーズンに向けてフェデラーのフォアがどの程度復活しているかということでしたので,その点では今回の全仏は十分だったのではないかと.去年のウィンブルドンよりは良さそうな気がします.38歳の誕生日をいい気分で迎えてもらいたいです.

それにしても,ナダルの膝はどうなったのでしょうか.クレーシーズンにはじめの頃はまだ不安を抱えていたように思うのですが,ローランギャロスでは全くそれを感じさせませんでした.恐れ入った超人ぶりです.土からエネルギーを吸収しているんじゃないかという一部の囁きもひょっとしてと思わせるほどです(笑)

  1. URL |
  2. 2019/06/12(水) 21:49:23 |
  3. brunello448 #-
  4. [ 編集]

>かめ様

2008年もすごかったですね。手に汗握る試合で興奮してましたから確かに眠気はありませんでした。
2009年も最後には限界の睡魔と戦いに勝ち、覚醒して試合に興奮していたのを覚えています。

>brunello448様

今回のフェデラーは良すぎたくらいですね。逆にそれが大丈夫なのという気持ちも出てしまいますが、
無理して体力を使い果たしてしまったというわけでもなさそうですから、きっと大丈夫だと思いたいです。

ナダルがクレーからエネルギー吸収してる説いいですね。土属性というわけですね。

  1. URL |
  2. 2019/06/13(木) 12:21:45 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1199-ae3aa6d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター