FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2019年、グラスコート前哨戦

ハレとロンドクイーンズの大会が終わりました。

フェデラー氏、やりますね。
ハレで10回目の優勝。オープン化以降ではナダルに次ぐ2人目の同一大会2桁優勝の快挙です。
全ての試合で圧勝というわけではありませんでしたが、
前哨戦として、しかも全仏ベスト4に進出した選手としては出来過ぎというべき結果です。

決勝の相手であるゴファンも、膝の怪我があって長くトップコンディションではありませんでしたが
久々のツアー決勝進出となりました。こういう思わぬ選手が活躍するのが今のテニスです(F氏は例外)。
ゴファンはズベレフやベレッティーニを下しての決勝進出でした。
ベレッティーニはまだランクの高い選手ではありませんが、前週のツアー250のグラス大会で優勝していましてし
その際にはキリオス、カチャノフ、オジェ・アリアシムを下し、失セットゼロでの優勝でしたし
カチャノフには2週連続で勝利していまして、目下絶好調という選手でしたから
それに勝ってのゴファンの復活劇というのは大きかったと思います。


クイーンズの方はF・ロペスの優勝でした。これもまた伏兵ともいうべき思わぬ選手の活躍です。
今大会はワイルドカードでの出場でした。
マレーと組んだダブルスでも優勝していてそちらの方がニュースとして取り上げられていますが
純粋にシングルスだけでも見事な結果だったと言っていいと思います。
雨の影響でスケジュールがうまくいかないこともあり、シングルスとダブルスの両方で勝ち上がったロペスは
トリプルヘッダーなども戦いました。八面六臂の活躍です。
2回戦のデル・ポトロ戦は不戦勝となりましたがそれ以外のシングルスは全てフルセットの試合でした。
フェデラーとマレーに話題が行きがちですが、今回ばかりはロペスを取り上げないと叱責されても仕方ありません。
ロペスこそが先週のベストプレイヤーではないでしょうか。フェデラーと同じ37歳です。頑張りますね。

ロペスは今年のクレーシーズンでは、実に0勝4敗でした。
逆にそれがグラス準備への余裕を生み出して今回の快進撃につながったのかもしれません。

ロペスと決勝を戦ったジル・シモンにも同じことが言えます。
クレーシーズンでは活躍できなかった、かつてに比べればランクの落ちているベテラン。しかし決勝進出をしてしまう。
まさに誰が勝つか全く読めないという現在のテニス界の象徴というべき結果です(F氏は例外)。
シモンも決勝まで全ての試合でフルセットを戦いました。
今年のクイーンズは開始前から混戦になるだろうと感じていましたが、
思わぬ二人の決勝進出、どの試合も接戦だったという点で実に見事な予想にたがわぬ混戦模様を味わったと思います。


マレーに触れましょうか。
ダブルスでの出場でしたが、優勝ですよ、いきなり。
マレーの凄さというよりは、休んでしたベテランが久々に大勝ちする、正にその例の一つといえるでしょう。
でもうれしいことには変わりありません。ウィンブルドンでもダブルス出場を行うようです。
これで気をよくしたのか、一部報道でシングルスの可能性も指摘sれていますがそれはどうでしょうかね。

いずれにしろウィンブルドンのドロー発表を待ちたいと思います。


スポンサーサイト



  1. 2019/06/24(月) 12:01:58|
  2. 2019年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<2019年、ウィンブルドン開幕 | ホーム | 2019年、グラスシーズン第2週>>

コメント

GAORAでハレの決勝見ました。

フェデラー流石の試合運びでした。
ゴファンがいくつかのチャンスを逸したのが試合の流れを決定づけましたが、調子のピーキングが、大会倒しても絶妙でした。

ウィンブルドン、果たしてどうでしょうか?
7試合勝ちきれるでしょうか?
ジョコやナダル相手に攻めきれるでしょうか?


ゴファンも若い印象ありましたが、もう28なんですね。今回の活躍と決勝の雪辱をバネに頑張って欲しいです。
  1. URL |
  2. 2019/06/24(月) 12:26:58 |
  3. ATPウォッチャー #-
  4. [ 編集]

フェデラー、接戦をモノにする勝負強さはさすがでしたが、やはり全盛期と違ってミスが多いように感じました。原因が体力なのか、細かいフットワークの衰えなのかわかりませんが、年齢的なものは少なからずありそうです。とはいえ、ナダルとジョコビッチ以外には問題なさそうなレベルです。ウィンブルドン、どうして期待してしまいますが、今回のハレ優勝で第二シードを勝ち取ったのは大きいと思います。ポイントはナダルがジョコビッチ側に入るかどうか、あとはたまに発生する大型プレーヤー、トリッキープレーヤーにナダルが不覚を取るかどうかかでしょうか。
体力満タンの状態で、決勝ジョコビッチを破るフェデラーが見たいです。ジョコビッチ全盛期に対戦しているのもありますが、ウィンブルドンではフェデラーが負け越しているので。
  1. URL |
  2. 2019/06/24(月) 12:45:46 |
  3. Kosei #-
  4. [ 編集]

>ATPウォッチャー様
>Kosei様

全仏の時と同様、なんとなくジョコビッチが敗退するのならばナダルとフェデラー以外という気がしてしまいます。
もちろんビッグ3同士の対戦を観たい思いはありますが、フェデラーの優勝を考えるのであれば
ナダルとジョコビッチは当たる前にいなくなっていた方が安全度が高いという雰囲気も。


  1. URL |
  2. 2019/06/24(月) 17:20:04 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

>管理人様
フェデラーの優勝を考えるのであればの下り。。。
「それを言っちゃおしまいよ」と思いながら。。。私も同感だったりします。(笑)

昨日の試合は、開始前に「この人に勝ってほしいな」と思った人がすべて勝って気持ち悪い(?)です。
F氏、クラーセン、ロペス。。。あ、あと、マレー。
  1. URL |
  2. 2019/06/24(月) 21:51:39 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

>かめ様

その、私とは真逆の能力をウィンブルドンでもぜひ発揮してください。

クラーセンとは渋いところをついてきますね。
ダブルス専門の選手なので私もあまり詳しくなかったたため少し調べましたが
まさかフェデラー世代とは思いませんでした。
今週は本当にこの世代が頑張りましたね。

  1. URL |
  2. 2019/06/25(火) 08:55:20 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

クラーセンは2016年のツアーファイナルを見てからファンになりました。
当時はラムと組んでいました。決勝でマレー&ロペスと戦った人ですね。
クラーセンはテニス職人って感じの戦い方が好きです。

同様の観点で去年のNextGenのツアーファイナルでデミノーが好きになりました。
闘志が内側で沸々とわくタイプというのでしょうか。。。

ついでに言うと、たまたまつけたTVに映っていた2005年のウィンブルドンの決勝で勝った人も
同様の観点で好きになったんですが、こっちは職人と言うより、怪物でした。
あんなに泣くから優勝は相当大変なことだと思ったんですがね。。。
感情を外側で爆発させないよう、試合中、こらえていたのは確かだと思います。
  1. URL |
  2. 2019/06/25(火) 18:27:13 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

芝とは関係ないですがジョコビッチが今年の楽天に出るようです
ジョコビッチはオリンピック金メダルだけは取れてないのでその下見でしょうか
フェデラーとジョコビッチが金メダルを取れてない一方でマレーは2連覇というのはなんだか不思議に感じられます
フェデラーは1強時代だったり、ブレークへの唯一の敗戦だったり、ウィンブルドンでのマレーとの再戦で負けたりと、勝ってても良さそうですが負けてしまっています
デルポトロや錦織もオリンピックでは比較的いい成績を残してますし、オリンピックは他の大会とは全く違う何かがあるのでしょうか
  1. URL |
  2. 2019/06/25(火) 22:40:51 |
  3. ばっじ #-
  4. [ 編集]

今年のウィンブルドン、シードでナダルをフェデラーが上回り物議を醸しました。

過去、どれだけのクレーコーターがこの独自の基準に泣いたのか?実際のランキングからどれだけupset喰らったのか?
僭越ながら、お時間あるときにでも、データのプロである管理人さんに一度分析お願いしたいです。

最近はクレーでも、芝でも、もちろんハードでも成績残す例外が4人もいますけどね。
というか、4人のみならず、あらゆる意味でオールラウンダー化してるという雰囲気もありますが。


  1. URL |
  2. 2019/06/27(木) 21:35:26 |
  3. ATPウォッチャー #-
  4. [ 編集]

ウィンブルドンのシード順独自ルールは個人的には好きなのですが、確かにデータ的には気になりますね (丸投げ 笑)
見る方としてはまあそういうルールなんだな、で構わないのですが、
特にシードの切れ目(2と3、4と5、8と9、16と17、32とノーシード)をまたぐ場合は当事者としては何か言いたくもなりますわね。

ちなみにこれはシード順の計算だけに使われるのでしたっけ?
本戦ダイレクトインかどうかにも独自ルールが適用されるのでしたら、その辺りの選手にも影響しますね。


  1. URL |
  2. 2019/06/27(木) 23:37:09 |
  3. ふぁぶ #-
  4. [ 編集]

ナダルも何年もプロをやっているのに今更でしょう。
影響力を考えると今回は不用意な発言だったと思います。

芝の大会が少ないことに対する措置なので、独自ルール自体は良い制度だと思います。
  1. URL |
  2. 2019/06/28(金) 04:33:36 |
  3. kernel #-
  4. [ 編集]

ウィンブルドンシード順

上記kernel氏の発言に同感です。今に始まったルールではないですし、
おっしゃられているように芝の大会が少ないことに対する補正なので
むしろ公平とも言えるかと思います。
気になるのは、ナダル自身には悪気はなく思ったことを口にしただけと
おもいますが、もし本当に言ったのだとすれば、もう少し発言の影響力を
考えて欲しいところですね。以前にもツアーファイナルのコートについての
発言があったように記憶していますし。伝聞ではありますが。
  1. URL |
  2. 2019/06/28(金) 23:11:48 |
  3. brunello448 #-
  4. [ 編集]

ナダルのシーディング批判はタイミングや影響力を考えると残念ですが不用意な発言でした。
自分以外でエントリーランク通りでないた為、戸惑ったり疑問に思う選手もいるだろうとも
発言しておりましたが、自らが第3シードにされたことがあるのでどうしてもそちらへ話題が
行きがちになりますし、第2シードになったのがF氏である為、更に騒動を大きくしてしまいました。
今はSNSで憶測が立ちやすい時代でもありますし。。。

ちなみにF氏はハレで優勝しない限り、第2シードになることは条件で優勝し勝ち取ったシード権です。
思ったことは、各記事での一般のコメントなどでルールの是非を語る際
その伝統ルールへの認識を顧みずの批判も散見されてました。その点も残念でした。

話しは変わって、ウィンブルドンのドローが昨日発表されましたね。

詳細な解説、分析は管理人様にお任せするとして
ナダルはかなりキツイドローになってしまいました。
勝ち抜けば、SFでフェデラーとの対戦となりますが。いかに。
  1. URL |
  2. 2019/06/29(土) 08:02:03 |
  3. RfRn #-
  4. [ 編集]

ナダルに関しては聞かれたから答えただけとしか…
叩かれるのはちょっとかわいそうな気がしますね
  1. URL |
  2. 2019/06/30(日) 01:08:34 |
  3. #-
  4. [ 編集]

皆様、コメントありがとうございます。

いよいよウィンブルドンが始まります。楽しみですね。

シード問題ですが、私はナダルの意見はそう大きく取りあげるような問題ではないと思っています。
ナダルの言い方は全てを理解したうえでウィンブルドンだけ例外というのに違和感があるといものでしたので
そのように思う一選手としての意見があってよいですし、それほど選手にとっても組み合わせというのは大きな問題で
ファンがドロー発表だけでも盛り上がる理由になり得ることだと思えるのです。
まあ、第4シードのマレーが本来の調子だったとしたらここまで大きく取り上げられることではなかったのかもしれませんが。

かつてのウィンブルドンのシードでは明確な基準がなく、何となく順序が入れ替えられたりしていました。
今は、特殊とはいえ過去2年のグラスコート実績を加味した計算方法にのっとっていますので私はおかしいとは感じません。
ビッグ4が誰でもどこでも結果を出しすぎていますのでこのような問題になりえていますが
90年代のコート種別で成績が露骨に分かれていた時代であれば
クレー巧者ばかりが上位シードを占めるよりは自然な配慮なのかもしれないと思います。


  1. URL |
  2. 2019/07/01(月) 15:47:43 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

予選出場権も芝のみの計算でしょうか?

もし、ご存知の方いたら教えてください。
このウィンブルドン独特のシード計算方法は、予選出場枠にも適用されるのでしょうか?
というのが杉田の現ランクは250位以下で、普通に考えると232位より下の選手は
予選に出られない所を予選出場→勝ち残って、本戦出場をゲットしてます。
さすがにトルコの優勝は2年前より前なのでカウントされないでしょうが、
去年の芝での成績のおかげかなと。。。
(単に予選エントリーした選手が少なかっただけかもしれませんが。)

ちなみに杉田は初戦ナダル。そして、2012年にウィンブルドンでナダルを破ったロソルに
予選最終戦で勝ちました。ってことは!なわけないですね。。。2014年はロソルが負けてるし。
  1. URL |
  2. 2019/07/01(月) 23:22:07 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

かめ氏に返答

ウィンブルドン予選は3週間前のランキング(今年は6月3日付のランキング)が適用されます。
杉田は184位なので問題なく入れます。
ちなみにカットラインは242位(守屋)です。
  1. URL |
  2. 2019/07/02(火) 18:52:29 |
  3. マーライオン丸 #-
  4. [ 編集]

>マーライオン丸様

ありがとうございます!そっか、3週間前のランキングで判断され、その時は187位だったのですね。
検索では簡単に見つからない(そんなことはない?)素朴な疑問もこのサイトでは知っている方が多く、
テニスの楽しみが増します。感謝です!
  1. URL |
  2. 2019/07/03(水) 18:07:39 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

>かめ様
>マーライオン丸様

ありがとうございます。
予選はポイント差がほとんどない中でのせめぎあいですから、
2年前の成績も考慮に入れるような特殊ルールを適用すると
基準が変わりすぎてしまうということなんでしょうか。
公平性ということではそれで正しい気がしますが
そうなるとナダルの感じた違和感もあながち間違っていないという気もしてしまいますね。

  1. URL |
  2. 2019/07/05(金) 14:27:03 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1203-a611ea45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター