FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2019年、北米シーズン

全仏が終わるとすぐにグラスシーズンですが、
ウィンブルドンの後というのは一つの区切りになりますね。
この点では全豪と同じ感じです。小休止といったところ。

それでもツアーの方はもちろん休みなく行われています。

ウィンブルドンの翌週にはグラス1大会とクレー2大会が行われました。いずれもツアー250の小さな大会です。
グラスコートの大会はアメリカのニューポートです。ウィンブルドンがその年の最後のグラス大会ではないんですね。
ニューポートではイズナーが優勝しました。第1シードの優勝で出場選手の中では実績も抜きんでていたので順当勝ちと言えるでしょう。

その翌週、すなわちウィンブルドンの2週後にはツアー500のハンブルグ大会が行われました。これはクレー大会です。
グラスシーズンとハードシーズンの間にクレー大会が挟まれるのも面白いですが、
ティエムとズベレフが参加するというなかなか注目できる大会となりました。
ただ、ティエムはルブレフに、ズベレフはバシラシビリに敗退し
それぞれ勝った両者が決勝を戦ってバシラシビリが優勝しました。
ウィンブルドンで思うように活躍できなかったランキング上位の選手であればこういうところは取っておきたいところなんです。

このハンブルグの裏で行われたアトランタの大会はツアー250の小さな大会ではありますが
今年の北米ハードコートの最初の大会ということになります。
この時話題となったのは第1シードのイズナーとオペルカとの対戦です。
アメリカの新旧ビッグサーバーの対決ということでこの両者が戦うときはいつも取り上げられますが
今回も「7-6 6-7 7-6」という凄まじいスコアとなり、最後はオペルカが勝利しました。
エースの数はイズナー33本、オペルカ31本。ブレークゲームは一つもありませんでした。
大会の方はそのオペルカを準決勝で下したデミノーがそのまま優勝しました。
オペルカvsデミノー戦はエースの数28本vs5本と全く対照的な試合となっていました。

さて、その次の週、すなわち先週の3大会からが本格的な北米ツアーのスタートと言っていいでしょう。
ツアー500のワシントン大会を始め3大会が行われました。

ワシントンは何人かもベテランも出ましたが中堅と若手が中心のエントリーとなりました。
最後はキリオスが優勝しました。
このところくすぶっていた選手なので復活のきっかけになってくれるでしょうか。
優勝は1年半ぶりで、ツアー5勝目です。まだ5タイトルというのは少々意外に思いました。
失礼しました。今年1つ勝っているので6タイトル目でした。コメント欄でご指摘いただきました。ありがとうございます。

さて、この週はオーストリアでツアー250の大会が行われたのですが、これが今年最後のクレー大会となりました。
地元のティエムがしっかり優勝しました。ポイント的には前週のハンブルグで勝っておきたかったところですが
最後のクレー大会でしかも地元ということで良い優勝を飾ったとも言えます。
戦術の通り、今年は最後のグラス大会も最後のクレー大会も、地元の第1シードの優勝ということになります。

因みに今年最後のハードコート大会は、インドアのパリがトーナメントとしては一番最後となります。
アウトドアに限定すれば上海が一番最後です。両マスターズということで注目できますが、
第1シードはまだしも、地元選手の優勝というのは少々難しいのではないかなと思えなくもなかったり。

いずれにしろ、ここから年末まで全てハードコートの大会というわけです。
その皮切りが今週のカナダ、モントリオールのマスターズ大会ということになります。
ジョコビッチとフェデラーが出てこないのが残念ですが、ナダルは出場します。
ナダルはいきなりデミノーと対戦する可能性があります。

その他上位シードはティエム、ズベレフ、チチパス、錦織、カチャノフ、フォニーニ、メドベージェフ
ここまでが初戦免除された上位8シードですね。
ガンガンポイントを落としているズベレフは果たして今ハードシーズンどうでしょうか。



スポンサーサイト
  1. 2019/08/05(月) 18:58:00|
  2. 2019年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2019年、カナダとシンシナティ | ホーム | 2019年、ウィンブルドン決勝はジョコビッチ>>

コメント

キリオスは今期のアカプルコで優勝してますよ
  1. URL |
  2. 2019/08/06(火) 07:58:22 |
  3. #-
  4. [ 編集]

チチパスの靴とキリオス

キリオス、耐えましたね。チチパス戦の2セット目では、また「”あの”キリオスが出てきた」と思いましたが、3セット目にチチパス陣営からチチパスに靴をデリバリーした辺りから落ち着きを取り戻したように見えました。

それにしても、あのチチパスの靴はどうしちゃったんでしょう。今大会、何度も履き替えてやりづらそうでした。

で、キリオス、インタビューでNG発言しちゃったようです。「アディダスはダメだね」って。。。
みんな思っていたことでしょうが、その時点で慌ててインタビューが打ち切られたようです。

キリオスの復活はどうでしょう?今大会中、背中がとっても痛そうでした。今後の北米シリーズは厳しいかな。。。


3位まで上がったズベレフはとうとう、7位まで落ちましたね。
しかもレンドルとの関係解消をなんとハンブルグの準決勝の前夜に決めたようで。。。
なかなかGSが取れなかったマレーはレンドルの下でGSが取れました。
ズベレフの今後はどうなるんでしょう。。。今はつらいでしょうね。
  1. URL |
  2. 2019/08/06(火) 12:20:33 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1210-ce7286c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター