FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2019年、全米1回戦

1回戦が終了しました。
ビッグ3はさすがに順当に勝ち上がりましたがシード選手の敗退もいくつか出ています。
トップハーフの方が厳しいドローのように思えるのですが
初戦でのシード敗退はボトムハーフの方が多いです。

トップハーフでは第11シードのフォニーニがオペルカとの注目の一戦に挑み敗退しました。
これがトップハーフでの一番大きなシードダウンです。続いて第19シードのペラが敗退しましたが、
相手はカレーニョ・ブスタですので番狂わせという感じはしません。
その他のシード選手は全て勝ち上がっています。ノーシードの西岡も勝ち上がりました。
トップハーフが盛り上がってくるのはまだこの後ということでしょうか。


一方でボトムハーフは、第4シードのティエム、第8シードのチチパス、第9シードのカチャノフ、
第10シードのバウティスタ・アグーといった大きなシードダウンがありました。

チチパスはちょっと調子を落としていた上にルブレフとの注目の一戦でしたのでまあ落としてもやむなしという対戦でしたが
それ以外は落としてはいけなかったのではないでしょうか。

注目カードとして、第18シードのオジェ・アリアシムとシャポバロフの対戦がありました。
昨年に引き続きカナダ若手同士の全米初戦対決でしたが、昨年と同じくシャポバロフが勝利を収めています。

第6シードのズベレフはフルセットで勝利しています。
ズベレフはグランドスラムで手こずることが多く、非常に多くのフルセットマッチを戦っています。
実力はあるのに何とも危なっかしい選手であります。この人はこのままこういう感じでいくのかな。

ツォンガとベルディフは、かつて上位シードが他の選手を圧する存在であった時代に
ビッグ4に次ぐ選手として長く君臨していましたが、今回は残念ながら初戦で姿を消しました。
さすがにこの世代の選手たちがまだトップフォームでいられるというのは難しいのかもしれません。

引退を表明しているティプサレビッチは勝ち上がれば同郷対決が期待できたのですが
残念ながら初戦で敗退してしまいました。
ティプサレビッチもツォンガやベルディフと同じ世代の選手です。いわゆるフェデラーとナダルの中間世代に当たります。

ベテラン選手がじわじわと勝てなくなってきている様子ですが、
この世代の選手が皆無になってしまったかと言えばそうではなく、
シードで出場しているイズナーとベルダスコやノーシードのシモンはまだ勝ち残っています。
因みに勝ち上がっている最年長選手はもちろんフェデラーで、次はフェリシアーノ・ロペスになります。
エントリーでの最年長は当然カルロビッチですが、こちらは残念ながら途中棄権で敗退してしまいました。


スポンサーサイト



  1. 2019/08/28(水) 18:29:17|
  2. 2019年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<2019年、全米2回戦 | ホーム | 2019年、全米ドロー>>

コメント

フェデラーとルブレフ、ベルディヒとバウティスタ・アグート

フェデラー戦、最初から見ていたので気が気じゃありませんでした。
相手のプレーが把握できてからは、1セット目が嘘のようでしたが。(2セット目の最終2ゲームはおそらく練習してました。)
彼は初対戦の取りこぼしが結構ありますね。シモンしかり、ドンスコイしかり、チチパスしかり、ルブレフしかり。。。

あと、アメリカはインド人人口が多いのを実感しました。ナガルに対する1セット目の声援はすごかったです。
声量だけを比較すると、フェデラーに対するものより大きく感じました。
(ナガルに対する声援がすべてインド人とは限りませんが、少なくともIT業界では
米企業にはインド人が多いという印象なので、私のイメージと合致したという感想です。(笑))

フェデラーファンとしてはシンシナティで負けた相手のルブレフは憎き(笑)プレイヤーなのですが、個人的にはかなり伸びる選手と見ています。
去年の中頃までは、ロシア3人衆の中で彼が先頭走っていました。年齢は1年半くらい他の二人より若いです。

ベルディヒはこの頃、全然ですね。きれいな奥さんと結婚したので、テニスなんかよりさっさと家に帰りたいって感じなのかな。
「それに比べて、結婚を目の前にしているバウティスタ・アグートの活躍のすさまじいこと!」と思っていたら、彼も初戦負けですか。
あまり結婚は関係なかったですかね。(笑)
  1. URL |
  2. 2019/08/28(水) 23:27:40 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

大物食い?

ティエムに勝ったファビアーノはウィンブルドンでチチパスに勝っており、これでグランドスラム2大会連続でトップ10から勝利を挙げたことになります。
このファビアーノは現在30歳、タイトルは0でランキング最高位も70位に過ぎない一方、5セットマッチは何と5戦全勝で勝率100%!という、何とも不思議な選手のようです。
  1. URL |
  2. 2019/08/28(水) 23:38:16 |
  3. マーライオン丸 #-
  4. [ 編集]

フェデラーの1、2回戦を観ましたが、どうも身体が重そうな感じに見えてしまいます。
本人のコメントでは、2017年・2018年の全米時に比べて、最もコンディションが良いと言ってはいますが…
今年はクレーシーズンも出場していますから、疲労の蓄積があるのかもしれないですね。38歳ですもんね。←と自分に言い聞かせている。。。


対して、ナダルはまだ1回戦だけですが、すごく安定してますね。ここにきて、さらに1レベル上の安定感を身につけているように感じます。
ジョコは言わずもがな。素晴らしい安定感でスタートしてますね。これでセカンドウィークはさらに上げてくるからホントすごい。


と、BIG3中心の観戦になってしまっていますが、若手ロシア勢だったり、ティエム山から誰が勝ち上がってくるかというあたりも注目して見ていこうかと思います。
個人的には、全米だし、地味にアメリカ勢が何か風を吹かせてくれないかなーとか思ったり思わなかったり…
  1. URL |
  2. 2019/08/29(木) 09:01:10 |
  3. karo #vF6dOJDI
  4. [ 編集]

フェデラー、今年の全米はコートが遅いと不満を漏らしているようです。

なんとなく個人的に

全豪は跳ねるスローハード
全米はすべる高速ハード

のイメージがありましたが、今は違うのかな。個人的には全米は早い方がいいなー
だいぶ選手も疲労がたまってくるシーズンですし、早い方が負担がないのでは。


昔、サンプラスが全盛の頃、一部でポイントが短すぎるという世論を受け、ボールとコートを遅くした、と何かの記事で目にした記憶があります。
実際その頃と比べてどうなんでしょう?

たしかに、昔もっと早かった気がしますが、昔はフラット系の球が多かったり、今のが間違いなくフィットネス、フットワークが進化してエースが取りづらくなってるので、いまいち比較ができません。

どこかに定量的なデータあるのでしょうか?
  1. URL |
  2. 2019/08/29(木) 10:11:04 |
  3. ATPウォッチャー #-
  4. [ 編集]

ジョコビッチ、安定したスタートと前コメントで書いてしまいましたが、今日の2回戦はそうではありませんでした。
肩の治療を受けてる(?)ようで、これは心配ですね…

それでもストレートで勝ってしまうのはさすがですが。
  1. URL |
  2. 2019/08/29(木) 12:32:26 |
  3. karo #vF6dOJDI
  4. [ 編集]

皆さま、コメントありがとうございます。

フェデラーは確かに2戦とも出だしからベストとは言えない雰囲気でした。
第2週に調子を合わせてきていると考えれば今絶好調である必要もないのですが
正直試合は早く終わってくれた方が良いのではと思う気持ちもあります。
ジョコビッチも2戦目は少し手こずった感じがしました。
しかし、なんだかんだで最後にうまくまとめてくるのは両者ともさすがです。

全米のコートはいつから全豪より遅くなったんでしょうか。
ヒューイットが地元優勝を期待されながらも全豪のコートが遅すぎて合わないとぼやいていたのがありますので
2000年代前半には間違いなく全豪の方が遅かったのです。
フェデラーの最後の全米制覇が2008年、その後デル・ポトロ、ナダル、ジョコビッチと続いていった辺りから
全米のコートの速さに変化があったとみていいかもしれません。


ファビアーノの情報もありがとうございます。
調べた限り、現役で5セット勝率100%というのは今のところ彼一人しかいないですね。
引退選手だと、何人かいるのですが、どの選手も高くて最高位70位代というのが面白いです。
中では90年代ドイツの「Jens Knippschild」という選手が7-0という記録を持っていて
これが一番勝っている記録となっています。ファビアーノは5-0ですからそれに肉薄する記録となっています。


  1. URL |
  2. 2019/08/30(金) 10:59:10 |
  3. Au-Saga #amJC5lD2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1216-49afdb6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター