FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2019年、全米第1週終了

あれ、あれあれ~優勝すると思ってた。今回錦織優勝すると思ってた。
フェデラー、ジョコビッチ、ナダルを倒しての栄冠か、悪くないねと思ってた。

デミノーは若く今後期待の良い選手ですからあり得ないことではなかったわけですけど
錦織ミスが多かったです。多すぎました。あれでは勝てないでしょう。
これでは仕方ありません。実力が伯仲していれば良いコンディションの選手が勝つわけですから。
若手とベテランの差が縮まる中で錦織も追いつかれる側へと回っています。

それに比べてビッグ3は何なんでしょう。
ナダルはチョンとの一戦、少し手こずるかもという気もあったのですが寄せ付けずに完勝しました。
最初の2戦で少し調子を落としていたフェデラーも3~4回戦を驚くべき快勝で勝ち上がりました。
4回戦はゴファンでした。これまでで最も実績のある実力者でしたが4ゲームしか取らせない無慈悲な圧勝でした。

ジョコビッチも不安を抱えていた肩の痛みはほとんどなかったというコメント通り3回戦を快勝で勝ち上がりました。
現時点ではまだまだ行われていないですが、もう間もなく行われる4回戦ではバブリンカと対戦します。
こちら、過去19-5と大幅リードであるものの、グランドスラムでは2-3とベッカーvsエドバーグ状態を示していまして
注目の一戦といえますが、現在の状態でジョコビッチの優位は変わらないのではないでしょうか。
もちろん油断は禁物で良い試合にになることを期待したいところではあります。

特に面白かった試合があります。モンフィスvsシャポバロフです。
初めてテニスを見る人にどんな試合がいいですかと言われたらこういう試合を見てもらいたいです。
今何かと話題になりがちなベテランvs若手ですし、何よりワクワクするショットの応酬で最後まで楽しく観戦しました。
動きの躍動感、何より試合全体の楽しさにおいて今のところ今大会のベストマッチです。

さて、名前の出てきたデミノー、チョン、シャポバロフのように3回戦までは比較的若い選手も勝ち残りました。
シード勢ではメドベージェフ、ズベレフ、ルブレフがいますし、個人的に注目の選手であったポーランドのマイクシャク、
コメント欄で注目選手として紹介していただいたオーストラリアのポピリン、カザフスタンのブブリク等々。
錦織に勝ったデミノーも次の4回戦でディミトロフに敗退してしまいましたので
残っているのはシードの3人のみということになっていますが、今後の楽しも増えてきていると感じます。
※すいません、ルブレフはノーシードでした。大変失礼しました。
長く虐げられていた若手選手たちですが、まだ相変わらずビッグ3には及ばなくても
トップ10には十分対応できる存在になりつつあります。既に何人かはトップ10ですしね。

観ていて想像以上に良かったよかったのがルブレフでした。
キリオス戦は才能のキリオス全開という感じではあったのですがそのパワーや技術に
圧倒されることなく確実に打ち返す力強さ、そしてショットの安定感を感じました。
この辺りは同郷のカチャノフ、メドベージェフを上回るかもしれません。ロシア三羽烏は今後も目が離せないですね。


スポンサーサイト



  1. 2019/09/02(月) 09:04:00|
  2. 2019年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<2019年、全米ベスト8出揃う | ホーム | 2019年、全米2回戦>>

コメント

フェデラーの勝ち上がり方はもう、本当になんなんでしょう。
私は過去何度、愚かな心配をしてしまったことか。

さて、男子テニスも若手が結果も出してきて楽しいのですが、
以前からちょくちょく物議を醸すキリオス、審判にキレたチチパス、今大会ですっかりヒール役になってしまったメドベージェフ、とテニス界の未来が少し心配な面もあります。
(個人的には全員好きです)
フェデラー、ナダルといった人格者がトップなのは素晴らしい一方、たまにはやんちゃ坊主もいた方が私は面白いと思うのですが、
観客が彼らを許さず(許すべきでないケースもあるでしょうけど)、からかい半分で変な方向に持っていくのもやめてほしいです。
そういう風にならない振る舞いを選手はすべき、というのも正論なのですが。。。
  1. URL |
  2. 2019/09/02(月) 12:33:04 |
  3. ふぁぶ #-
  4. [ 編集]

ジョコビッチ、ワウリンカに2セット取られて3セット目も2-1とリードされたところで棄権しましたね。ワウリンカ相手には肩が持たなかったのでしょうか?長引く怪我でなければ良いのですが。
ジョコビッチがこの状態だと年末1位争いもわからなくなってきましたね。
  1. URL |
  2. 2019/09/02(月) 12:50:02 |
  3. Kosei #-
  4. [ 編集]

ルブレフ

書き間違いかもしれませんが、今回、ルブレフはシード選手ではないです。
シード実力選手ではありますが、昨年のケガでランキングを落としてしまっているので。
私も管理人様同様、ロシア三羽烏の中では(去年のような故障が頻発しなければ)ルブレフが一番伸びると思っています。

ところで、今大会まで知らなかったコプファー。彼は何者なんでしょう?メドベージェフ相手に(スコア上は)接戦をしていました。
25歳。現在のランキングも過去最高位も3桁。どこから来た何者?今までどこに隠れていた?とても気になります。

モンフィス&シャポバロフ戦は途中見ましたが、おもしろかったですね!特に第4セット。もう一方的にモンフィスの勝利だと思いました。
元々、モンフィスはエンタメ性の高いテニスをしますし、シャポのテニスは出てきた時からおもしろい(荒削り過ぎるのが難)。
シャポがいる限り、テニスからおもしろさはなくならないと思っています。(笑)
  1. URL |
  2. 2019/09/02(月) 15:53:35 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

>ふぁぶ様

まだ発展途上の選手であれば許される面もあるのかもしれません。なんだかんだでチャンピオンにもなれば成熟してくるでしょう。
マッケンローですらコート外では紳士でした。ナスターゼくらいですかね、最後までずっと悪童だったというのは。
逆に言えばだからこそキリオスはずっと「時々強い選手」なのかもしれません。


>Kosei様

ジョコビッチの棄権は残念でした。
勝ち続けているときはビッグ3を打ち破る選手が出てほしいなどと言ったりするのですが
いざこのような形で大会を去るということになってしまうと本当に寂しいです。
結局は強いジョコビッチが観たいんですよね。

ただ、これでわからなくなりました。まさか全米初のあの二人の対決が・・・いやいや気が早い気が早い。


>かめ様

そうでした。ルブレフはノーシードでチチパスを初戦で下してたんでした。
その堂々としたプレーぶりにすっかり忘れてしまっていました。
あとコプファーは私も寡聞にして初めて知る選手でした。こういう選手の登場というのは嬉しいですね。
ただ、決して若いというわけではないのが今の時代を表しているといえる面があります。

  1. URL |
  2. 2019/09/02(月) 17:27:42 |
  3. Au-Saga #amJC5lD2
  4. [ 編集]

コプファーの正体

正体と言うほどではないですが(笑)、コプファーはアメリカの大学テニスで活躍していたようです。
2015年と2016年にはAll-Americaに選出されています。
同じ年に選出されている選手としては、今は手術で欠場中のマッケンジー・マクドナルドがいます。
つまり、イズナーやアンダーソン同様、プロの開始が遅かったんですね。25歳の謎が解けました!
  1. URL |
  2. 2019/09/03(火) 21:11:15 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

>かめ様

情報ありがとうございます。
そうなりますと正にこれからくる選手といえそうですね。
これは是非今後注目してみたいと思います。
  1. URL |
  2. 2019/09/05(木) 09:07:58 |
  3. Au-Saga #amJC5lD2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1218-f46ae61f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター