FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2019年、上海マスターズはベスト4へ

今回の上海マスターズは若いベスト4が揃ったことが話題になっています。

・メドベージェフvsチチパス
・ズベレフvsベレッティーニ

メドベージェフとベレッティーニが23歳、チチパスとズベレフは21歳です。
この若さの選手がマスターズでベスト4を占めるのは1999年のハンブルク以来実に20年ぶりとのことです。
並みにその時のメンバーはリオス、サバレタ、モヤ、ラペンティでした。

久々の若い選手達というだけでなく、今回はチチパスとズベレフが、ジョコビッチ、フェデラー
という巨頭2名を直接倒してのベスト4進出ということで衝撃度も強くなっています。

若い選手の台頭は随分前から期待されていたものでしたが、
活躍するにしても断片的でありテニス史上の巨大な存在を脅かすには至りませんでした。

今もってまだ脅かしているとまでは言えないのかもしれませんが、
それでも若い選手たちの中でも確実に強い選手が明確になってきています。

今回のチチパスvsジョコビッチもズベレフvsフェデラーもフルセットの接戦でした。
集中した中で打ち負けなかったというのは非常に大きかったのではないでしょうか。
まともな打ち合いで打ち負けないケースが増えているのは実力差が縮まっている証拠です。

ベスト4に残っている4人の中では、ベレッティーニがキャリアが一番少ない選手でしたが、
今年は2タイトルを取り(グラスとクレー!)、全米のベスト4で一気にランクを上昇させました。
現在自己最高の13位ですが大会終了後には間違いなく更に上に来るでしょう。
準々決勝ではティエムを下しました。ティエムはビッグ3に次ぐ地位の選手ですから
これも大型勝利だったといっていいと思います。

上位と当たる機会の少なかったベレッティーニはビッグ3との戦績がほとんどありませんが
その他の3人はなかなか有効に戦っています。

ジョコビッチに勝利したチチパスはこれでジョコビッチ戦を2勝1敗としましたし、
今年の全豪で2連覇中のフェデラーを下したのは記憶に新しいです。
ズベレフはフェデラーとの対戦成績を4勝3敗としまして、ジョコビッチにも2勝3敗と健闘しています。
メドベージェフはフェデラーからの勝利はありませんが対ジョコビッチは2勝3敗でこのところ2連勝しています。

皆、現在の最強選手であるジョコビッチと互角に近い戦いができているのは凄いです。
ジョコビッチは完璧な選手ですから、勝つには
総合力で負けずに、更に試合中にも好調を維持し続けないといけません。
立派に戦えているのはどの選手も世界のトップクラスであることを証明しています。
ただし、グランドスラムではまだ誰もジョコビッチに勝利できていない点は指摘しておく必要があるでしょう。

こうして見てみると、将来有望な若手の最大の壁はナダルであることがわかります。
ジョコビッチ、フェデラーとは互角に渡り合う力を備えている彼らですがナダルにはほとんど勝てていないのです。


いずれにしろ、今回ナダルは出てきていません。
この若手中心となったレースを誰が制するのか、
今後の勢力図を占う上でも大きな意味があるでしょう。
長くズベレフが若手をリードしてきていましたが、今年の勢いではメドベージェフが先頭に居ます。
ただし、そこに大きな差はありません。
西麓図がどう固まっていくのか、はたまたどの選手も今だけの勢いで終わってしまうのか
今大会だけでなく年度末までの争いや来年以降の争いも楽しみになってきます。


スポンサーサイト



  1. 2019/10/12(土) 10:10:00|
  2. 2019年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<2019年、上海マスターズはメドベージェフが優勝 | ホーム | 2019年、楽天オープンはジョコビッチが他を圧倒>>

コメント

チチパスはマドリードでナダルに勝てましたが、そのあとローマで返り討ちにされてるんですよね。
チチパスがBIG3全員から勝利していて
ズベレフが二人、メドベデフはジョコだけですね。
ただ、メドベデフに関してはハードのマスターズならナダル、フェデラーにも互角に戦えそうな感じですし、ズベレフも去年のローマではナダルをかなり追い詰めてましたね
この三名はBIG3とも互角に戦えるので頼もしい感じがします
これをグランドスラムでもやってくれると世代交代だと胸をはって言えるんですが、どーもズベレフはまだ時間がかかりそう....

  1. URL |
  2. 2019/10/12(土) 13:08:57 |
  3. hage #-
  4. [ 編集]

>hage様

そうでしたね。ありがとうございます。チチパスはナダルに一度勝っていました。
どの選手も実力は十分にあるので、あとはどこで本当の意味で力関係が逆転するかですね。
来年くらいが大きな山場かと思うのですが、そう思って早10年くらい経ってますからね。


  1. URL |
  2. 2019/10/12(土) 23:16:32 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

若い選手の活躍が目立ちますが、3強のGS支配はまだまだ続くのでしょうか?1位争いはどうなりますか?ジョコは上海まさかのベスト8で1位を死守するのが厳しくなりましたね。。。
  1. URL |
  2. 2019/10/14(月) 17:10:15 |
  3. らら #-
  4. [ 編集]

追記です。

大舞台でバブリンカが最強選手ジョコに勝てるのは何か秘訣があるのでしょうか?対戦成績は大差をつけられていますが、GSだとバブリンカが有利でいつも凄い試合になりますよね。
  1. URL |
  2. 2019/10/14(月) 17:32:36 |
  3. らら #-
  4. [ 編集]

ATPのニュースフィードで流れてきて知ったのですが、
メドベージェフはこれで6大会連続決勝進出で、現役ではナダル・マレーの9大会、7大会連続に次ぐ第5位だそうです。
継続中なのでマレーやナダルに並ぶ・超える可能性もまだありますね。

ちなみに1位は二人同数ですが、言わなくてもまあ誰かわかりますよね。
1位は本当に相変わらず桁が違うトンデモ記録なので、これを考えるのはまだまだまだ先ですが。

ちなみに引退した選手を含めると連続決勝進出記録はどうなりますでしょう?
1位は流石に変わらないと思いますが、某サイトのタイトルの人もランキングに入ってきますでしょうか?
  1. URL |
  2. 2019/10/16(水) 06:18:19 |
  3. ふぁぶ #-
  4. [ 編集]

>らら様

3強のグランドスラムでの強さは格別で、若手選手たちでも本当に勝てません。
グランドスラム以外では勝っていてもですね。
そこへ行くとバブリンカの対ジョコビッチ戦績は本当に不思議です。
グランドスラムに滅法強いジョコビッチがなぜグランドスラムでだけ負けるのか。
特に決勝で当たった全仏と全米に関しては最後は力で打ち勝った感じでした。
テニス界七不思議のひとつです。


>ふぁぶ様

よくぞ触れてくれました、この話題。
ちょっと遅れていますが次の記事で取り上げようと思っております。
しばしお待ちください。


  1. URL |
  2. 2019/10/16(水) 14:50:45 |
  3. Au-Saga #amJC5lD2
  4. [ 編集]

上海はメドベージェフの優勝で終わりました。現役選手ではビッグ4以外殆どいない(ティームくらい?)、何大会も連続ファイナリストになっているという現実が彼の充実振りを現しています。会場内は圧倒的にズベレフへの声援が多かったけれども、全く意に介さず、守るときは深いボールでしっかり守り、チャンスと見るやすかさずDTLへ持って行く切り替えの速さが素晴らしかったです。ズベレフもテンポを変えようと緩急つけたりショートボールを取り混ぜたりしようとしていたようですが、もひとつメリハリが利いていなかったように見えました。

以前メドベージェフのバックハンドについて質問させていただきましたが、上海ではロングになりそうでならない彼のフォアハンドに目が奪われました。クイッとキュッと回る腰がショットの安定にひと役かっているのでしょうが、そのキレたるや・・・。本当に面白い選手です。この感情は、10数年前「ひょこひょこ走り回ってポンポンボールを付くへんてこりんな選手が出てきたなぁ」とジョコビッチに興味を持って以来です。

らら様がジョコビッチとバブリンカの関係について触れておられますが、私はバブリンカがジョコビッチには強いのに、その強さをなぜフェデラー戦で発揮できないのか、それが不思議で不思議でたまりません。ジョコビッチに対しては最後までずっと集中を切らさず打ち抜けるのに、フェデラーに対してはどうしてもそれが出来ない。アニキだから?
  1. URL |
  2. 2019/10/16(水) 19:20:05 |
  3. tote #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1224-7b43ae90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター