FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2019年、ATPファイナルRRは2戦目まで

本当は1日ごとに更新したかったのですがすいません。
RR2戦目まで終了しています。

グループAA

チチパス 2勝0敗
ナダル 1勝1敗
ズベレフ 1勝1敗
メドベージェフ 0勝2敗


グループBB

ティエム 2勝0敗
ジョコビッチ 1勝1敗
フェデラー 1勝1敗
ベレッティーニ 0勝2敗


まずは先に行われているグループBBの方から。

こちらはティエムですね。
フェデラー、ジョコビッチを相手に2連勝するとは思いませんでした。

もちろん実績は十分、パワーもスピードもあって守備力も文句なし
ハードコートでも戦えるということで、あわよくばどちらか一人はとの見方はあり得たでしょうが
まさか激戦を制しての2連勝とは恐れ入りました。

ジョコビッチ戦はフルセットタイブレークとまぎれもない激戦でして、フェデラー戦もストレートは言え、
スコアは競っていましたし内容も実力者同士のぶつかり合いにふさわしいものでした。
まあフェデラーが肝心の時に出すミスが気がかりだったくらいでしょうか。

格上相手に競った試合で勝てるというのは本当に力がついてきた証拠です。
対ジョコビッチは全仏に続いて2連勝となりましたがいずれも熱戦でしたので自信になったでしょう。

ティエムのウィナーの数は非常に多く、パワーでジョコビッチを圧倒していたということになります。半面ミスも非常に多かったです。
精密機械のようなジョコビッチが相手ですからティエムとしてはこの戦い方でいくしかなかったと思います。
それでも、このような戦い方は波が激しくなりますから、随所に結構な危なげもありました。
ファイナルセット、試合のかかったサービスゲームをミスの連続で簡単に落とした時には
最終的にはやっぱりジョコビッチが試合を持っていくのかなと思いました。
その私の予想は見事に外れ、行方の分からぬシーソーゲームは最後にティエムのものとなりました。
ジョコビッチはこういう試合を絶対に落とさないという印象があるのですが落としたのは少々意外でした。
純粋に試合としてはとても面白かったと思います。
トップ選手がいきなり全力で戦いますからそりゃこういう試合も生まれます。これこそがファイナルの醍醐味ですね。

このグループではティエムがベスト4進出を決め、ベレッティーニは落選となりました。
もう1枠はジョコビッチとフェデラーの勝者が手にするということになります。
順当にいけばジョコビッチ優勢なのだと思いますがどうでしょうか。この試合は見たいですね~。
何時にやるんだろう。


グループAAの方ですが、こちらはチチパスがベスト4進出を決めました。
もう1枠を残る3人で争います。恐らく2敗のメドベージェフにもまだチャンスはあると思います。
組み合わせはチチパスvsナダル、ズベレフvsメドベージェフです。

こちらのグループは本当に混戦模様で誰が勝つかわからない状態でした。
その中で見事に1セットも落とさずに2連勝を飾ったチチパスは大したものです。
混戦とはいえ、敢えて言うならナダルはもちろん、前回王者のズベレフ、ビッグ3に次ぐ4位のメドベージェフに比べ
チチパスが一番下と捉えれるケースはあったと思います。ティエムと同じでいい意味で周りを裏切った例と言えるかもしれません。

今大会全出場選手中で最も本調子でないのがナダルであることは疑いもないです。初戦はらしくないミスの連発で完敗でした。
それでも第2戦ではファイナルセット「1-5」からの大逆転という離れ業をやってのけました。
正直、1か月前のメドベージェフだったら簡単に試合は決められていたでしょう。
こういう僅かな差で辛うじて試合をものにして行く薄氷のナダルに凄みを感じますが、同時に痛々しさも覚えてしまいます。

ナダルは毎度毎度驚かせてくれる選手ですが、今回はさすがに厳しいと思っています。
但し、わずかな過去例からのデータ提示をさせていただければナダルは準優勝になる可能性を秘めているのです。
今回ナダルは怪我上がりで今大会にエントリーしてきました。
過去にチャンピオンが怪我のため直前の大会を欠場してファイナルにエントリーした例があります。
1988年のレンドルと2005年のフェデラーです。どちらも何か月かのブランクを経てのエントリーでした。
そして大会史上に残る見事な決勝を戦い、準優勝になっているのです。
ナダルにはその例に追随する条件が揃っています。果たしてどうなるでしょうか。
ん~やっぱり厳しいかなあ。

因みにもしもナダルがベスト4に進出したとして、ティエムが対戦相手となる能性があります。
ティエムはフェデラー、ジョコビッチを下していますが、ここでナダルも下すと
実にビッグ3全員から勝利を上げることになるのです。
流石に春の例ではないでしょうが、かつてマレーとかロディックとかくらいしか例がないことなのではないでしょうか。

もう少しいうと、ティエムが準決勝でナダルを下してビッグ3に勝利、
で、チチパスに負けて準優勝などということになった場合、
ビッグ3全員に勝利した挙句に優勝しないというとんでもないことが起こります。
これは流石に史上初めてのことなんじゃないでしょうか。



スポンサーサイト



  1. 2019/11/14(木) 16:12:00|
  2. 2019年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2019年、ATPファイナル、グループBB | ホーム | フェデラーとナダルの時代にATP NEXT GEN Finalがあったら!>>

コメント

こんにちは。計算してみたのですが、ティエムは2戦終了時点で直接対戦成績で既に1位通過を決めており、
2戦終了時点で1位通過か敗退のいずれかしかパターンがないナダルとの対戦は、互いに決勝に進出しないと実現しないようです。

毎度の事ながらややこしいルールですが、昨晩のティエムべレッティーニ戦のような消化試合を減らすには直接対決よりもセット取得率を常に優先させる順位ルールに統一した方がよいのでは…と個人的には考えています。
まぁそうは言っても、SFの対戦相手より本人の体調を重視するなら3戦目を「流す」という選択肢が存在するのは仕方ありませんが(これはティエムが無気力試合をしたとまで言うつもりはないです)。
  1. URL |
  2. 2019/11/15(金) 10:51:20 |
  3. maki #3D2Xkqf2
  4. [ 編集]

>maki様

ありがとうございます。
今回得失セットじゃないんですね。
確かに公式ページを見てみたら直接対決の方が優先されると書いてありました。
ドロー表を見ると、グループBBのwinnerがフェデラー、Runner-upがティエムとなっているように見えたので
そうだと思ってしまっていました。

  1. URL |
  2. 2019/11/15(金) 13:10:14 |
  3. Au-Saga #amJC5lD2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1229-3bbb399e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター