FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2019年、ATPファイナル、ベスト4出揃う

RRが終わりました。

グループAA
・チチパス
・ズベレフ

グループBB
・ティエム
・フェデラー


前記事で勝ち抜け条件を勘違いしてました。
オフィシャルサイトを見れば普通に出てるのだからあらかじめ見とけって話ですよね。
大変失礼しました。

2名の勝ち星が並んだ場合は直接対決の結果が優先され、
3名が並んだ時に初めてセットが考慮されるという形になっています。

セットの考え方も、以前はまず得失セット差が考慮され、次に得セット数で決まるという形でしたが
現在はセット取得率に代わっています。
微細な差のようですが、例えば得失セットが5-3と4-2の場合、以前のルールでは5-3が上位になりましたが
現在のルールでは4-2の方が上になります。

レギュレーションはまた変わる可能性がありますので、来年は事前にきちんとチェックするようにします。

さて、ナダルvsチチパスは面白かったですね。
チチパスは淡々と打ってるのになんであんなにサーブが速いんでしょうか。
今はストローク全盛の時代ですが、近年の若手はサーブの威力も凄いです。
今回のファイナル進出者では、ビッグ3がはサーブスピードの遅い選手ということになります。
まあサーブはスピードだけではないというのはその3人がきちんと証明してくれていますが。

ストローク全盛とは言ったものの、チチパスのネットへの意識は高いです。
ナダルのようにベテラン選手がプレーの幅を持たせるために前に出るオプションを増やすのはわかるのですが
今では若い選手も積極的に前に出る姿が目立ちます。

試合の方はサービスキープがひたすら続く緊張感の高い展開でした。
チチパスはストローク戦で負けておらず、ロングラリーでは互角以上に渡り合っていました。
どちらが勝つかわからない展開でしたが、
第2セット後半からじわじわとナダルが調子を上げてチチパスを追い詰めました。
何度もピンチを脱するチチパスのサーブ力も凄かったですが、流れはナダルに傾いていたと感じます。
最後はナダルかなという思いがありつつも、同じように感じていたティエム戦のジョコビッチが
最後に試合を落としていましたのでこの試合も最後まで分からなかったです。
決勝トーナメント進出が決まっているのに全力で戦っていたチチパスには好感が持てました。
ナダルもこの時点では進出の可能性がありましたのでそのような緊張感が名勝負を生み出してくれたのでしょう。

ナダルは2勝1敗でしたが、先述の得失セットの関係で敗退が決定しました。
0-2での敗退と勝った2試合はいずれもフルセットの激戦でしたので、致し方ありますまい。

次の試合でズベレフがメドベージェフに勝ったことでズベレフが進出を決めました。
一時はファイナル出場権獲得も危ぶまれたズベレフですが、復調の兆しを見せているでしょうか。
ショットレベルは相変わらず高く、どう調子を維持するかだけが課題のようなところもありましたので
試合を見てるとやっぱり強いなあという印象を相変わらず感じさせてくれます。
あの、大事なポイントをいとも簡単に落とすあっけなさとのギャップがまた可愛いところなんです。

メドベージェフは3連敗となりました。
今回、このグループは全ての選手に全勝の可能性も全敗の可能性もありましたので驚きではありませんが
それでもメドベージェフの勝ち上がりを予想した人は多かったのではないでしょうか。
今年は後半にピークがずっと続いていましたので最後に少し息切れしてしまったといったところでしょうか。
しかし、それでも来年も十分に楽しみと思える選手です。

今回出場した若い4人には今後も良いライバル関係を築いていってほしいですね。
第2のビッグ4みたいなね。

まあ、勘違いしてはいけないのは、現状のビッグ4は3人までは同じくらいの年齢ですが
一人だけは更に一世代上の別年齢層の選手ということです。
その一人、今回勝ち上がってるんですよね。



スポンサーサイト



  1. 2019/11/16(土) 09:10:07|
  2. 2019年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<2019年、ATPファイナルはティエムvsチチパスの決勝。(追記あり) | ホーム | 2019年、ATPファイナル、グループBB>>

コメント

大会前の展望として、ナダルはケガの状況次第という要素が強かったので、
・ケガ明けを感じさせずに磐石のテニスで突破
・本調子に戻らずあっさり敗退
という2パターンを予想してましたが、良い意味で裏切ってくれました。
レギュレーション上、仕方ないのですが、これだけプレーや試合展開で魅せてくれたナダルが敗退というのは、本大会の厳しさをより一層感じます…。

ところで、年間ランキング1位2位の選手がともに出場した上で、ともにラウンドロビン敗退というのは近年ありましたかね…?
今年の場合は、結果的にグランドスラムを制した人が決勝トーナメントに残らないということにもなっています。
  1. URL |
  2. 2019/11/16(土) 10:39:50 |
  3. karo #0Zy3iHN.
  4. [ 編集]

思い出してみたら、2011年がそうですね。
奇しくも、そのときも1位2位がジョコ・ナダルで(順番は今年と違うけど)、2人ともラウンドロビン敗退となっていました。

いつものことながら、こういう記録からも、BIG4の支配期間の長さ・異常さをまた改めて感じますねー。
  1. URL |
  2. 2019/11/16(土) 10:58:17 |
  3. karo #0Zy3iHN.
  4. [ 編集]

今回のベスト4では最大の年齢差が17歳だそうです。
これってやっぱり新記録なような気がしますねぇ。
  1. URL |
  2. 2019/11/16(土) 11:42:22 |
  3. sue #-
  4. [ 編集]

テニスは5か6歳くらいで世代が違うとすれば、
フェデラーとジョコビッチ
ジョコビッチとティエム
ティエムとズベレフ
がそれぞれそれくらい違いますね
  1. URL |
  2. 2019/11/16(土) 17:12:54 |
  3. だー #-
  4. [ 編集]

フェデラーとチチパスの年齢差が誕生月込みでほぼまるまる17歳差で、、、
フェデラーは21歳の時(2002年)にトップ10入りして最終6位ですから丁度今21歳で5位のチチパスがそれに近い位置なんですよね。

で、仮にもし2002年の時にフェデラーより17歳年上の38歳の元ナンバー1がファイナルの舞台にいたと仮定すると・・・
なんと90年代はおろか88年でピークを迎えたビランデル(1964年、前二人と同じく8月生まれ)の名前がが出てくるという。
一応コナーズ等長寿の選手はいましたが00年代初期当時では全く考えられない事でしょうね。
まあビランデルとフェデラーではグランドスラムを初獲得した年齢が違うという部分もあるにはあるのですが。
ちなみにビランデルはその仮定した2002年にテニス殿堂入りをしています。

フェデラーの超人的な肉体的若さ、頑強さは勿論言うまでもなく凄いのですがラケットの進化・それに伴うプレースタイルの進化・
そして更に必要とされる体力・体格の進化etc...がいくらかの時期で急激に変化し続けていたのが
今の時代は頭打ちの状態に近づいているのも選手寿命の延びに繋がっているのかなと考えてみたりしています。
  1. URL |
  2. 2019/11/16(土) 18:02:49 |
  3. マルト #-
  4. [ 編集]

>karo様

2011年というのは私にとってはさほど昔ではないのですがもう8年も前なんですね。
8年と言えば、例えばサンプラスが初めて1位になった年が1993年、引退年が2002年ですから9年です。
最多の年末1位を誇る選手の王者の始まりから完全終了までとほぼ同じというわけで、今のトップの異様さが解ります。


>sue様

間違いなく記録でしょうね。むしろベスト4での対戦とかではなく
単純にATPファイナルの出場選手の年齢差というだけでも記録だと思います。

パッと見たところ、
1970年のローズウォールとフラヌロビッチが13歳差
1987年のコナーズとベッカーが15歳差
1989年のマッケンローとチャンが13歳差
2003年のアガシとロディックが12歳差
といったあたりが年齢差のあるエントリーでした。

昨年、2018年のフェデラーとズベレフが既に16歳差で記録を作っていたわけですが
今年はチチパスによって更に一つ更新されたわけです。
そしてベスト4で対戦するというおまけつきです。


>だー様

今回はちょうどいい感じで年齢がばらけたといえるかもしれませんね。
フェデラーとジョコビッチと言えばライバル関係の印象もありますが
ヒューイットとマレーと言い換えばやはり少し時代の違う選手というイメージになります。


>マルト様

ベルディフがいんたいを表明しましたが、
ビッグ4だけでなくこの世代の選手達はテニス史の中にあって長寿の選手揃いだった気がします。
理論やトレーニングなどで寿命が延びているのは事実でしょうが、
この時代が特殊なだけでまた少し選手寿命は少し前に戻っていく可能性も否定できません。
というのも、デル・ポトロ、チリッチ、錦織、ラオニッチ、ゴファン等ジョコビッチよりも少し下の世代の選手達は
一足先にピークが過ぎてきているようにも見えるからです。
もちろん彼らもまだこれから巻き返してくる可能性がないわけではないので断言はできませんが。


  1. URL |
  2. 2019/11/16(土) 22:11:18 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1231-65d995f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター