FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2019年、年末ですね

しばらく更新から遠ざかっていました。
テニスのオフシーズンはデータ更新の時期ですので鋭意頑張ってまいりますが
反面個人的な多忙感が出てきていて、ここは折り合いを付けないといけないですね。
今回も年内更新を目指します。

今年のツアーは少し時代が動いた感じがありました。全体的にとても面白かったと思います。
もちろん地盤は強固なのですがじわじわと流動してきつつあるというか
ガッチガチだった地面がだんだん柔らかくなってきている感じです。

今回は引退選手もいますし、同時に新しく追加すべき選手もいます。
当サイトで取り扱う現役選手の一覧の顔ぶれもどんどん変わっていくことでしょう。

近年、テニスのデータサイトはあちこちで運営されてきていて
何よりATPのページも次第に充実してきていますから、
テニスをデータ面から知ってもらいたいという私の当初の目的は
当サイトを経由しなくても実現できる状況になりつつあります。

もちろん各データには昔ながらの問題は抱えている部分はありますが、
細かい部分を頑強にああだこうだいうよりも
充実したデータがネット上に存在してるんだという事実が重要なのだと思います。

当サイトは個人運営ですからどうしても手動での更新になってしまいます。
公式のように大量のバックデータを保持している状態に比べればスピード感もデータ量も貧弱です。
選手のパフォーマンスを表形式にして毎度更新していくスタイルは
そろそろ終わりにしてもいいのかなという気持ちが頭をよぎっています。

データ自体は他のサイトに任せて、そこから出たものを分析していく方に力を注ぎたいというか
サイト本体の記事を増やしていきたいというのが強くなっているんですよね。

取り敢えず今回はいつもと同じ方式で更新しますが
今後のやり方についてはまた色々と考えていきたいと思います。

当サイト開設は2005年、来年で15年ですから、さすがに変化があっても良い頃合いですね。
まあ私のことですから大した変化もさせずに楽する方向に舵を切ろうとするかもしれません。
何か思うことがあればご意見などいただいて戒めていただけますと幸いです。

今度とも「レンドル最教説&フェデラー最教説(&ナダル最強説&ジョコビッチも最強&他にも過去に色々いっぱい最強選手がいて、それら優劣をつけるというより全員を愛でるサイト)」を引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


※ここへきて衝撃の新サブタイトル発表!しかし長いので普段は隠れております。
一般には引き続き「レンドル最教説」or「フェデラー最教説」or「レンドル最教説&フェデラー最教説」の呼称でどうぞよろしくお願いします。
 

スポンサーサイト



  1. 2019/12/09(月) 13:54:31|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<2010年代の総括(追記あり!)(さらに追記あり!) | ホーム | 2019年、ATPファイナルはチチパスが優勝>>

コメント

タイトル

面白いタイトルですね。
自分的にはフェデラーファンなのでフェデラーのいろんな記録(特にグランドスラム優勝と一位在位)は抜かれて欲しくないですけど、ナダルとジョコはいくつかの記録を更新していきそうですよね。今年終わりの勢いのまま来年一気に時代が変わると面白いのですが、デビスカップのナダルを見るとまだまだすんなりは変わらなさそう。
フェデラーがグランドスラムで優勝したらなお面白い。
来年も楽しみです。
とても参考になり面白いデータいつもありがとうございます。
  1. URL |
  2. 2019/12/10(火) 01:24:29 |
  3. oneeye #-
  4. [ 編集]

H2Hの詳細な分析とか、カールソンのような稀有な存在に光を当てたりとか、チルデンがわざとセットを落としたりしていたという逸話とか、その他今でも面白く読ませてもらっています。

本体記事の充実、楽しみです!
  1. URL |
  2. 2019/12/10(火) 17:54:44 |
  3. #-
  4. [ 編集]

データ集も本体記事もブログ記事も全て楽しく拝見しております。
今後とも御無理の無い範囲で更新お願いします!
  1. URL |
  2. 2019/12/10(火) 21:02:35 |
  3. h #-
  4. [ 編集]

毎年データ更新を楽しみにしております。
1年分をまとめ、整理するのは相当な労力だと思います。
本当に毎年ありがとうございます!

しかし、私個人としては、データ更新結果以上に、管理人さま独自のデータの見方・分析・実はこんな選手がいた情報などを楽しみにしております。
そのため、分析結果やブログ記事自体が減ってしまう可能性があるのであれば、データ更新のやり方は管理人さまのやりやすいスタイルに変えていってもらって良いと思います。

今後も引き続き、「レンドル最強説&フェデラー最強説(&ナダル最強説&ジョコビッチも最強&他にも過去に色々いっぱい最強選手がいて、それら優劣をつけるというより全員を愛でるサイト)」を楽しみに読ませていただきます!
(やっぱり長いなー笑)
  1. URL |
  2. 2019/12/11(水) 08:43:25 |
  3. karo #vF6dOJDI
  4. [ 編集]

皆さま

コメントありがとうございます。
乾燥や激励などいただくと本当にうれしいです。

どうも最近はデータ更新が惰性になってきていたのを感じます。
作業自体が面倒というのも多少はありますが、
飽きたというより毎回のデータ更新に衝撃が薄まったのも原因だと思うのです。

一時はフェデラーやナダルが毎回記録を塗り替えてて
データを通じて歴史との比較を眺める感じになっていましたが
近年はもはやこれらの選手たち自身が歴史になってしまったため、
衝撃度の高いデータ更新にならなくなっていました。

豪勢な料理を食べ過ぎて普通のレストランでは満足しなくなってしまったという感じでしょうか。
まあなんとも贅沢の極みです。

今後、ズベレフやチチパスに新しい可能性が生まれてくればいいんですが
今の時点では、データ観点からの彼らの期待度となると、まだまだまだという感じです。
比較相手がヒューイットやカフェルニコフならばいいのですが
何せ世界はフェデラー、ナダル、ジョコビッチを知ってしまいましたから。
これからの選手達は大変です。

あと、どれだけの選手がフェデラーたちに阻まれてきたのかというのをデータ化してみるのも面白いかなと思っています。
そういえば他にも企画中でとん挫している記事なども多数ありました。
ズベレフやチチパスの方が遥かに頑張ってますね。反省反省。

というわけでただの書きなぐりになってしまいましたが、
今後とも鋭意頑張ってまいりますので当サイト、ブログともども気長にお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

  1. URL |
  2. 2019/12/16(月) 09:19:40 |
  3. Au-Saga #amJC5lD2
  4. [ 編集]

このサイト開設は2005年なんですね。Big4とともにある、くらいの歴史ですね。
私がこのサイトに訪れるようになったのは何年くらいからでしょうか。
2008年ウィンブルドン伝説の試合の後、2009年から小さい大会などテニスを熱心に見始めるようになったのできっとその頃からですね。

私にとってのこのサイトの魅力は、正確迅速膨大なデータ提供というより、管理人様の独自の感性を込めたデータ提供・コメントが一番だと思います。
テニス界に何かすごいことが起こった時、
「いや、実は過去にはこんなすごい選手がいたんですよ。データはこれ。」とか
Big4のせいであんまりすごくなさそうに見えてしまっているときに
「いや、実は過去と比べてもこんなにすごいことなんですよ。データはこれ。」とかみたいな感じで。

なんせ、このサイトとこのサイトの読者の方のおかげでより一層テニスを楽しめております。
今年も一年ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2019/12/18(水) 07:28:40 |
  3. ふぁぶ #-
  4. [ 編集]

>ふぁぶ様

ありがとうございます。そうなるともう随分と長いお付き合いになりますね。
いつもありがとうございます。

最近は試合を観てハラハラというかワクワクするような試合が多いです。
トップ選手の実力が拮抗していて誰が勝つかわからない上に全体のレベルも高いからだと思います。
大勝ちしない選手でもルブレフとかシュワルツマンなんか本当に面白い選手だと感じます。
データ面の充実に加え、純粋なテニスの面白さも取り上げていけたらと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  1. URL |
  2. 2019/12/19(木) 11:23:51 |
  3. Au-Saga #amJC5lD2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1234-41c04344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター