FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2020年、全米ベスト8出揃う

ベスト8が出揃いました。

・カレーニョ・ブスタvsシャポバロフ
・ズベレフvsチョリッチ
・メドベージェフvsルブレフ
・ティエムvsデミノー

新鮮な顔ぶれです。
シャポバロフvsゴファンとルブレフvsベレッティーニという注目だった2試合は4セットマッチの熱戦になりましたが
それ以外はストレートもしくはストレート以下での決着となりました。
いうなれば、絶好調の選手が勝ち上がった結果と言って差し支えないと、ある意味言えるのかもしれません。
歯切れの悪い言い方にもなってしまうのは致し方ないですが、準々決勝の試合はどれも楽しみです。

このところグランドスラムの優勝者はフェデラー、ナダル、ジョコビッチ、マレー、バブリンカの5名で占められていました。
今大会ではそれ以外のチャンピオンが誕生することが確定しているということで、これは2014の全米以来(だからあの時勝っとけば以下略)ですし、
グランドスラムの初優勝者が誕生するというのも2014の全米以来(だからあの時勝っとけば以下略)となります。
また、グランドスラム決勝が3強以外で占められるというのも2014の全米以来(だからあの時勝っとけば以下略)です。
ティエムとメドベージェフは決勝の経験がありますが、それ以外の選手にとっては決勝すらも初めてなので
もしもボトムハーフでルブレフかデミノーが決勝に進出したら初決勝同士の対戦ということでそれも2014の全米以来(だからあの時勝っとけば以下略)となります。

決勝だけでも2014の全米以来(だからあの時勝っとけば以下略)ということなのですが
今大会に関しては3強の誰もがベスト8にも残らないという相当なレアケースが発生しています。
これを探ってみると、2004年全仏にまで遡ることになります。

2014の全米以来(だからあの時勝っとけば以下略)ですら相当なものなのに、それよりも更に10年も遡るわけですね。
もうなんだかよくわかりません。
今回ベスト8に残っているどの選手も当時ははまだプロ選手にもなっていませんでした。
最年長のカレーニョ・ブスタですらプロ入りは2009年です。


さて、まずはカレーニョ・ブスタvsシャポバロフ。過去の対戦はカレーニョ・ブスタの3勝1敗です。
初対戦は2017年の全米でその時は「7-6 7-6 7-6」でカレーニョ・ブスタが勝利していました。
その年のシャポバロフはカナダでナダルを下し一気に名を上げた時期でした。早くもあれから3年経つんですね。
過去のデータはカレーニョ・ブスタ優勢ですが若い選手はそれだけで測りきれるものではないとだけ申しておきましょう。

ズベレフvsチョリッチ。過去の対戦はチョリッチの3勝1敗です。この両者も全米での対戦がありまして、
カレーニョ・ブスタvsシャポバロフと同じ2017年、2回戦で対戦してチョリッチが「3-6 7-5 7-6 7-6」で勝利しています。
この年のズベレフはマスターズ2大会を制し、実績がないにも関わらず優勝候補とされて挑んだグランドスラムでした。
グランドスラム以外では強いが・・・というその後のズベレフの不名誉な評価の先駆けとなった大会だったいといえましょう。
浮き沈みを経験したズベレフは以前とは一味違う、というのはあるでしょうが、チョリッチだって今大会は一味違います。
過去のデータはチョリッチ優勢ですが、ここもそれだけで判断するのは難しいでしょう。

メドベージェフvsルブレフ。面白い試合が続きますね。過去の対戦はメドベージェフの2勝0敗です。
過去2戦はいずれもハードコートですが、グランドスラムでの対戦はありません。
ルブレフはまだメドベージェフからセットも奪っておりません。
ルブレフは、メドベージェフのスタイルの特異性について、
そのペースに巻き込まれてしまうと対戦相手はどんどん乱れていくんだという話をしています。
今大会は攻略の糸口をつかめるでしょうか。
メドベージェフはベスト8に残った8人の中で最も苦戦をせずに勝ち上がっている選手です。
これを好調と見るか、まだ強い選手と十分に打ち合えてないとみるか。

ティエムvsデミノー。過去の対戦成績はティエムの2勝0敗。
この両者も全米での対戦があります。しかもまた同じ2017年でその時はティエムが「6-4 6-1 6-1」で勝利しています。
ベスト8の4試合のうち3試合が3年前の同大会の再戦というのが面白いです。
挑む形となるデミノーですが、今大会はガスケ、カチャノフ、そして好調ポスピシルと難敵を撃破して勝ち上がっています。
ティエムは現時点では優勝候補の筆頭格にいる選手ではあろうと思いますが、どこまでその好調さをぶつけることができるのか楽しみです。









とまあここで終わってもいいんですが、やっぱり触れておいたほうがいいですよね。ジョコビッチ。
失格はレギュレーション上はもう仕方ないというか当然のことだといえます。
その強さとは裏腹に今年のジョコビッチにはケチが付いて回ります。
わざとではないだろうにとか、運が悪かったとか、あれがフェデラーだったら失格になっていたのかとか
いくらか擁護する声もありますが、やはり非難する声の方が大きいようですね。
アドリアツアーとか新しい選手会の発足案とか、コート外の動きもあってジョコビッチへの風当たりも強かったですから
この辺もやむを得ないことと言えるでしょうか。

しかし、こんな形で連勝の記録が途切れるというのは何とも残念なものです。
ジョコビッチ自身の今年の連勝というだけではありません。
新しいグランドスラム王者の誕生も、せめてビッグ3を一人でも倒しての上であってほしかったと思います。
まあデル・ポトロやチリッチが一応そうだったわけですが、まさか両者の方がビッグ3よりも先に落ちるとは想像もできませんでしたからね。
両者の優勝が新しい時代を作ることにはなりませんでした。それは実にマレーですらそうです。
どれほどビッグ3の存在というのは大きいのでしょうか。

もちろん、新しい王者というのはそれだけで価値があります。ビッグ3を倒していなかろうがその後時代を作っていけばいいわけです。
ただ、今回はフェデラーもナダルもいないということで、優勝者はジョコビッチを倒した上での戴冠でないと箔が付かなかったと思えなくもないのです。

ここで最もコメントに窮する結末があります。皆さんも予想の範囲内でしょうが、カレーニョ・ブスタが優勝するというパターンです。
他のどの選手であれ、「遂に栄冠」とか「若き王者」とか言えるのですが、カレーニョ・ブスタの優勝は最も微妙なんじゃないでしょうか。
若い選手でもないしこれまでグランドスラムで惜しい成績があったわけでもない。
一応今回ジョコビッチに勝った選手ではありますが、あの状態で勝者という称号を得るのは無理があるでしょう。
もちろんカレーニョ・ブスタが今後全ての試合で見事な勝ちを収めれば十分に勝者に値すると思います。
しかし周りは今、新しスターを欲しがっているのです。それは恐らくカレーニョ・ブスタではないのだろうと思ってしまいます。

私がかなり意地悪なテニスの神様であったなら、もう優勝はカレーニョ・ブスタにします。

というわけで、久々の予想行きましょう。

優勝は、カレーニョ・ブスタ!!もういいよ。勝っちゃって!
勝ってテニス界を微妙な空気で包んでやろうぜ!!


スポンサーサイト



  1. 2020/09/08(火) 13:18:47|
  2. 2020年8月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<2020年、全米ベスト4 | ホーム | 2020年、全米ベスト16>>

コメント

 管理人さんの神通力が通用してほしいです(笑)

 さて、ジョコビッチの件は残念でしたが、ベスト8に残った選手には良い試合を期待したいです。試合のレベルが高く白熱すれば、自然と人気は付いてくると思います。ただし、私たち観戦者は「BIG4」達によって非常に目が肥えてしまいました。「BIG4」に迫るような試合をしないと必ずケチがつきます。今後のテニス人気のためにも、是非頑張って欲しいです。
  1. URL |
  2. 2020/09/08(火) 16:56:55 |
  3. ふふ #-
  4. [ 編集]

いつも記事更新楽しみにしております。

ネタで書いてるのだと思いますが、2014米のチリッチは最高のプレーをしていました。
簡単に錦織が勝てるような相手ではなかったと思います。

マジレスしてしまいすみません。
  1. URL |
  2. 2020/09/08(火) 19:56:34 |
  3. はな #-
  4. [ 編集]

カレーニョブスタというと、全豪の錦織との試合が思い浮かびますが
あの時のしぶといカレーニョブスタなら決勝進出は十分ありえると思います。
メドベデフvsティエム(おそらくこの対戦になるかと)で削りあった勝者が決勝であっさりカレーニョブスタに…という展開も十分考えられます。
でももしそうなったらすごーく微妙な雰囲気になりそうで…w

ふと気になったんですが、こういったカレーニョブスタみたいないぶし銀的ポジションがGS優勝した例ってどのくらいあるんでしょう。


  1. URL |
  2. 2020/09/08(火) 20:43:25 |
  3. てにす #-
  4. [ 編集]

・カレーニョ・ブスタvsシャポバロフ
・ズベレフvsチョリッチ
・メドベージェフvsルブレフ
・ティエムvsデミノー

こうして並べてみると、個人的にどの試合もリアルタイム、かつフルで観たくなる非常に楽しみな試合・組み合わせだと素直に思いました。
素晴らしいプレーもたくさん出るだろうし、白熱した試合展開もあったりするんだろうな、と。

あれ?じゃあ今後の大会もこの8人+αメンバーが中心となったテニス界で満足できるってことになるのか…?

いや、やっぱりこれじゃ満足できない!!

他の方がコメントしているとおり、良くも悪くも宇宙人たちのせいで目が肥えてしまったのでしょうね。

これまで何度も期待して結局実現していないことですが、宇宙人たちが現役でいる間で、せめて
・グランドスラム1つ
・マスターズ3つ
くらいを1シーズンでかっさらう選手が出てきてほしい!!
…できれば20代前半で。。。
  1. URL |
  2. 2020/09/08(火) 20:56:23 |
  3. karo #vF6dOJDI
  4. [ 編集]

ジョコの件でモヤモヤしていたのですが、このブログ、特に後半を読んで沢山笑わせていただきました。いつもありがとうございます。
もう細かいことは何も考えず、残った試合を楽しもうと思います。頑張れ!カレーニョブスタ!!(でも本当はちょっとシャポを応援しています
  1. URL |
  2. 2020/09/08(火) 22:15:42 |
  3. ふぁぶ #-
  4. [ 編集]

「だからあの時勝っとけば」
曲とか映画とかのタイトルですか?(笑)
  1. URL |
  2. 2020/09/08(火) 22:22:01 |
  3. フェレールのくわえタオル #-
  4. [ 編集]

カレーニョブスタのデビューが2009(全米デルポトロ)というのもなにかのタイミングですね。管理人様の予想に耐えうる選手がいないから戦績分析のみかと思いましたが最後にご指名いただきましたね。私的には最後ブレイクアップした(1セット目取っていたかもしれない)ので十分ではないかと思ってます。
  1. URL |
  2. 2020/09/09(水) 01:20:55 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

私は2000年からテニス見てるのですが、過去のいぶし銀的な優勝でいうと、、

時代の狭間の02年の全豪のヨハンソンと、全仏のコスタでしょうか。
というか、前者はサフィン、後者はフェレーロらニューボールズが決勝で取りこぼした感が強いですが。。
その中でヒューイットは最もメンタル安定してたので全英きっちり取りましたよね。

03年はフェレーロ 、フェデラー 、ロディックらGS初優勝者が現れて、いよいよニューボールズ時代到来かと思いきや、結局それは、フェデラー時代の到来でした。笑


錦織、、だからあの時勝っとけば。。
でも上記いぶし銀の2試合もそうですが、相手が過去最高のプレイをしてた感は否めません。
若いスターに持ってかれてたまるか!という、中堅の維持、、でしょうね。
  1. URL |
  2. 2020/09/09(水) 06:44:23 |
  3. ATPウォッチャー #-
  4. [ 編集]

皆様、コメントありがとうございます。

3強不在となった今大会ですが、残りをどう楽しむかですね。
せっかくなのでうんと楽しみましょう。

てゆーか、逆になんか楽しくなってきてますね。
やはりこれだけコメントいただけると私もテンション上がってきます。
ありがとうございます。

残った選手達は、どうしても3強との比較というのが出てくるでしょう。
それは仕方がないんですが、全員力は十分なので良い試合をしてくれるはずです。
むしろ3強と違った良さを見つけながら楽しんでいきたいところです。

だからあの時勝っとけばは一時期連呼していましたが
前記事のコメントでぽーち様に引用いただきましたので思い出しがてらに連呼させていただきました。
ありがとうございます。
いやー、「久しぶりに運動した」というのと同じくらいの気分ですっきりしますね。
皆さんも言いたいことは思い切って言うと良いですよ。

カレーニョ・ブスタのいぶし銀優勝というワードいただきましたが
ATPウォッチャー様に上げていただいたヨハンソン、コスタ以外に私は1990年のゴメスが浮かびました。
いずれの選手も時代の狭間に発生していますね。

もっと最近だと2014年にバブリンカが全豪優勝した際には少しそれに近いものがあったかもしれません。
ただ、彼はその後連続でグランドスラムを取り、王者側の選手となってしまったため
初優勝の時のいぶし銀感は吹き飛んでしまいました。




ちょっとフライングですが、今カレーニョ・ブスタvsシャポバロフが行われています。
ファイナルセットに突入しました。熱いです。
私はもちろんスコアしか確認できていません。
嗚呼~それだけでもこんなにハラハラワクワクするのだから
実際に試合を見ていたらどれだけ興奮したのでしょうか。

こりゃ、ビッグ3がいなくたって大丈夫ですよ!


  1. URL |
  2. 2020/09/09(水) 13:56:22 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1257-f7edad06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター