FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2020年、ローマ開催中

ローマは2回戦まで終わっています。
上位8シードは初戦免除なので初戦を終えた状態です。

マスターズはグランドスラムに比べると試合の進行が早くていいですね。
トップ選手も多く出てますし、手軽に名勝負が楽しめる感じです。

今年実質無敗のトップシードジョコビッチは初戦快勝で勝ち上がりました。
すぐ隣の山にはチェッキナートがいて、2年前の全仏の再戦になるかとも思われたのですが
チェッキナートは敗れてしまいました。代わりに勝ちあがったのはクライノビッチです。
ジョコビッチとは同郷対決ということになります。
両者は過去に1度だけ戦っています。実に10年前なのですがその時はクライノビッチが勝っています。
まあ10年前といえばジョコビッチ覚醒の前ですし、
しかもその時は1セット終了時点でジョコビッチがリタイアしているので実質無敗ということになります。
お、なんか、はやらそうかな「実質無敗」。

今大会、話題を提供しているのは地元18歳のムゼッティですね。
バブリンカ、錦織を連続撃破しました。しかもどちらも快勝です。
片手打ちバックハンドというのがまたよろしい。
次の相手はドイツのケプファーで、こちらもデミノー、モンフィスを撃破してきています。
無名同士ながらも注目の対戦になりそうです。
勝った方はジョコビッチに挑む可能性があります。

ムゼッティだけでなく今大会はここまで若い選手が目立っています。

21歳ノルウェーのルードがカチャノフを下して勝ち、次にチリッチと対戦します。
ルードもいい選手です。爆発力のあるタイプではないですが粘り強くクレーで威力を発揮する選手です。

シャポバロフも勝ち上がっています。
全米が悪くなかっただけに今大会は早期敗退かと思っていましたがそうでもないですね。
勝手に良い大会の後はダメと思い込んでしまって失礼しました。
とはいえ、次に負けても彼であれば良くない判定になるとは思うので気は抜けませんがね。

シャポと同程度に注目しているシナーも勝ち上がり、次にディミトロフと対戦します。
シナーは全米初戦敗退でしたがカチャノフとファイナルセットタイブレークの熱戦でしたし
今大会もペール、チチパスと倒してきてますから否でも注目が高まります。

ニュージェネレーションズといわれた世代の中でも更に若い彼らが
本当の意味での新しい時代を担っていくのかもしれません。
ズベレフやメドベージェフはいつかNo.1になるかもしれませんが、
時代を築く世代かといわれればまだそうとは言い切れないですからね。

シャポバロフですら若くはないのかもしれないですしね。彼は1999年生まれです。
シナーやムゼッティはまだ10台、実に2000年代の生まれです。
フェデラーとは約20歳違うわけです。凄いですね。
ここまで世代交代が滞ったスポーツが果たしてあったでしょうか。


---以下追記---

すいません。ナダルについて書かずに記事アップしまっていました。
ナダルは初戦「6-1 6-1」の完勝でした。相手はカレーニョ・ブスタでした。
全米ベスト4のカレーニョ・ブスタですが、激しい試合が続いた上に休息十分のナダルが相手
しかもクレーコートですから、これはもうやむを得ないというか運がなかったといえるでしょう。
大きな大会が連続すると、良い悪いを繰り返すのは今のテニス界では自然なことです。

記事内で若手活躍の可能性を紹介していますが、このまま彼らが勝ち上がっていったとして
この大会はいいですが、では全仏はとなると途端に期待値が下がります。もうどうしようもないことですがね。
そこへ行くとジョコビッチやナダルのような選手は本当におかしいです。
まあ厳密に人ではないなにかなので比較自体に意味がないですね。
人じゃないけど人っぽい。実質人。



スポンサーサイト



  1. 2020/09/18(金) 11:09:00|
  2. 2020年8月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2020年、ローマベスト4 | ホーム | 2020年、全米はティエム優勝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1261-f657ae5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター