FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2020年、全仏は頂上決戦へ

さて、最後にはこの二人が残りました。
なんだかんだ言ってもまだATPは勢力図を大きく変化させられないようです。

勝ち上がりで苦戦しているのはジョコビッチの方です。
第1週は圧倒的な勝ち方を続けていましたが準々決勝で初めてセットを落とし
準決勝のチチパス戦ではフルセットにまでもつれました。
一方のナダルは全てストレートで勝ち上がっています。

過去のデータをみますと、総合の対戦ではジョコビッチが優勢です。
プレースタイルの相性からも、ある時期からジョコビッチは常にナダルに優位を取っています。
2013年の全米を最後にナダルはクレー以外でジョコビッチから勝利を収めることができていません。
しかしもちろんここは全仏、赤土クレーですからナダルも優位性を完全に譲っているわけではありません。
とはいえ、それでも両者の過去10戦のクレーでの対戦は5勝5敗となっています。
ナダルは自分のコートであるクレーでようやくジョコビッチと互角というわけです。

それもあって、大会前のオッズではジョコビッチが断然の優勝候補1位でした。
直前のローマでの結果もありましたし、ティエムがナダル側の山に入ったことも大きかったかもしれません。

現在、決勝直前の予想ではこの評価は逆転し、ナダル優位の予想になっています。

私も、以前であれば、ナダル有利だろうなと思ったところですが、正直今はそうシンプルには思考できない部分もあります。

まず、今年のジョコビッチの異例の勝ち方を考えると、
準決勝がフルセットだからといって決勝が不利になるという要因には直結しないと思えるからです。
チチパス戦のフルセット勝利も、全体的にピンチであったというわけではありませんでした。
第3セット、あと1ゲームでストレート勝利というところで足踏みをしてそれが長引いてしまったわけで
ファイナルセットも簡単に取ったところを考えると、負けそうないう雰囲気には一度もなっていなかったわけです。

またナダル側も、好調にここまで勝ち上がってきたのはもちろん問題ない事なのですが
ベテラン選手は調子が良すぎる状態が続くと、急に崩れることもあります。
この両者にはあまり当てはまらなかったことではありますが、最近のナダルには少しそれが見えます。
ローマでは正にそうでした。それまで快勝を続けていたのにシュワルツマン戦を簡単に落としました。
グランドスラムになるとさすがに違うと思えますが、それでも2019年の全豪は思い出されます。
この大会は両者が一番最近グランドスラム決勝を戦った大会ですが、
それまでの勝ち上がりはジョコビッチは第1週で少し手こずっており、一方のナダルは今回と同じく失セット0でした。
結果はジョコビッチがこの両者のグランドスラム対戦史上最も大差ともいうべき圧勝で優勝をさらいました。

とはいえ、ここは全仏ですからジョコビッチが完全有利だと思っているわけでもありません。
難しいところですね。どちらが勝ってもおかしくないでしょう。
ただ、私の予想ではジョコビッチがやや優勢、となります。まあ悪名高い私の予想ですけどね。


スポンサーサイト



  1. 2020/10/10(土) 07:51:10|
  2. 2020年8月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<2020年、全仏はナダルが優勝 | ホーム | 2020年、全仏ベスト8>>

コメント

若手の台頭もありましたが、今回はきっちりトップ2が勝ち上がりましたね!

マスターズと違って女子の決勝を挟み1日空くのも大きいと思います。
雨で日をまたいだわけでもないので、体力的にはそんなに差はないかと思います。

決勝楽しみですね!
  1. URL |
  2. 2020/10/10(土) 09:22:57 |
  3. おスミ #-
  4. [ 編集]

私もジョコビッチ優勢と思います。ナダルのSFの3セット目はバックも浅くなりネットプレーもポイントにできず悪い時のナダルでした。どうやら昨年までよりナダルのストロークの跳ねが低いというデータも出ているようです。ジョコビッチのコントロールとフラット気味のショットが上回るかなと予想します。
  1. URL |
  2. 2020/10/10(土) 14:02:23 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

この2人の対戦はいつになってもワクワクしますね。
ゴリゴリの体力削り合いラリーになりそうです。

私の予想はナダルです。
全仏では幾度となくジョコとやってきていますが、絶不調時の2016以外はなんだかんだ勝っているので今回の調子なら問題ないと見ます。全仏ナダルは過去のデータや常識で測れない神通力があります。

逆にここで負けるようだとフェデにGS記録で並ぶのは結構先になる、若しくは難しいかと思います。
  1. URL |
  2. 2020/10/10(土) 15:09:13 |
  3. ティームの片手バックが好き #-
  4. [ 編集]

全米を機に何かが変わるかも?と思った男子テニス界でしたけど、結局はいつもの決勝カードになりましたね。
(全米で感じた何となくの物足りなさから、すぐにまたこの2人の決勝というのは、どうしても期待値が上がってしまう)

今大会の勝ち上がりと準決勝2試合を見る限りは、クレー以外ならジョコビッチ優勢、全仏以外のクレーならジョコビッチ優勢と個人的には思いました。
しかし、ローランギャロスはやはり別物として扱わないといけない気がします。

グランドスラム最多優勝タイに並ぶか、ダブル生涯グランドスラム達成となるか…
明日が本当に楽しみです。
  1. URL |
  2. 2020/10/10(土) 17:52:47 |
  3. karo #0Zy3iHN.
  4. [ 編集]

私も今回はジョコが優勢なのではないかと思います。
両者のSFの勝ち上がり方を見てそう思いました。

ナダルはSFではそれほどレベルの高いプレイをしているようには見えませんでしたが、ティエムとの激戦の疲れなのか、シュワルツマンの自滅で結果的にストレート勝ち。

一方のジョコはフルセットでしたが、チチパスのプレイレベルも高く、ナダルーシュワルツマン戦より数段レベルが高かったように思えます。

ギアが上がりきっていないにも関わらず、相手関係で勝ち上がれてしまったナダルが、ジョコの高いレベルのプレイにいきなり対応できるのかが見物ですね。

そういう意味では、おっしゃるとおり2019AOと雰囲気が似ています。

プレッシャーはナダルのほうにあるでしょう。

2015RGのような結果にはならないと思いますが、ナダルが相当頑張らないとジョコが勝ちそうです。
  1. URL |
  2. 2020/10/10(土) 20:18:41 |
  3. ビヨーンボルグ #-
  4. [ 編集]

はい、ナダル優勝でした。
オールストレート。
ジョコビッチすらボコボコでしたね。
今回の全仏の環境はナダルが不利というのはいったいなんだったんでしょう。
  1. URL |
  2. 2020/10/12(月) 02:27:17 |
  3. てにす #-
  4. [ 編集]

皆様コメントありがとうございます。

想像外の大差で決着がつきましたね。
ナダルが勝つ可能性も十分にあったとは思いますがそれでも長丁場になる覚悟はしていました。
それがあんな完勝だったとは。ジョコビッチの調子がいまいちだったのもありますがナダルは完璧でした。
いやー、大差なのに試合は実に面白く観られました。
見てて思ったことなんですが、ジョコビッチもティエムも好きなんですけど、私、ナダル好きなんだな。

  1. URL |
  2. 2020/10/12(月) 22:08:14 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1264-66925d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター