FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2020年、パリ開幕

今年最後のマスターズが開幕しています。
ナダルが初戦に勝って生涯1000勝を達成したことが話題となっています。
1000勝ってすごいんです。正直我々はちょっとマヒしていますが
フェデラーが達成した時もはまさかこの時代に達成できる選手が登場するとは思いもしませんでした。
そして何年後かに更にもう一人達成してくるかもしれないんですよね。

ナダルの初戦の相手はフェリシアーノ・ロペスでした。旧知の間柄でありまして、フルセットの接戦となりました。
旧知だからなのか旧知なのになのか、いずれにしろ勝利としては手こずった印象です。

今、ナダルとジョコビッチのどちらかのみが出ているトーナメントとなると
もう1強vsその他のニュアンスにあるのですが、インドア大会においてはナダルの圧倒的な優勝候補感はジョコビッチのそれには劣る気がします。
旧知でかつ初戦だからこそのスロースタートなのか、旧知なのに苦戦してしまうのがインドアのナダルなのか、
ロペスという選手も今更ながら良い選手ですのでそこを加味してあまり心配しないくてもいいんでしょうか。

どうもジョコビッチ比べてナダルは危なっかしく感じてしまうのが今の私です。
全仏の時はそれがあまりに完全な杞憂だったわけですが、ここはクレーではないですからねえ。
今後の勝ち上がりはどうでしょうか。

もう一つ気になっていたのがATPファイナルへの出場権ですが、
シュワルツマンとベレッティーニの一騎打ちと思われていたところ、
ベレッティーニが早くも敗退し、ほぼ苦労なくシュワルツマンが最有力の候補となっています。
まだカレーニョ・ブスタにも可能性はあるのですが、優勝が絶対条件となりますし
優勝してもシュワルツマンが準決勝まで進めばシュワルツマンで確定となります。
シュワルツマンは波がある選手ですが、ファイナルのような短期決戦の場では面白い存在になるかもしれません。


スポンサーサイト



  1. 2020/11/05(木) 17:50:51|
  2. 2020年8月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2020年、パリマスターズはメドベージェフ優勝 | ホーム | 2020年、ウィーンはルブレフが優勝>>

コメント

ナダルVSロペスは13戦あって9勝4敗とロペスが割と善戦してるんですよね。
2勝目以外はナダルがまだ50位行くか行かないかぐらいの新人時代だったり不調時期だったりですがそれを加味しても健闘と言えるでしょう。
(まあ、クレーの方でフェレールやベルダスコ等並みに勝ち上がってしまうともっと勝率低くなったでしょうがそこは置いとくとして)

ロペスはエース9500本を超えるビッグサーバーでもありますがクラシック気味なテニスでもあるのが良い味出してますよね。
もう中堅を超えそうですがエバンスあたりもその系統に属しますでしょうか。
ハードヒット主体の時代において希少だからこそと言うのもありますがスライス多めながら普通に打つのも可能というのは相手としては割とやりにくいでしょうね。
  1. URL |
  2. 2020/11/06(金) 21:42:12 |
  3. マルト #-
  4. [ 編集]

>マルト様

そうですね、確かにロペスは色々とマイノリティ性の高い選手といいますか、
左利きで片手打ち、スペイン選手なのにネットプレーが得意で芝生適正が高いなど
中々に癖の強い面を持っていますから驚くことではなかったといえます。

ナダルはその後残念ながらズベレフに敗退してしまいましたがインドアコートで言えば
ズベレフやメドベージェフはもうナダルと同格に近づいていると言えるかもしれません。


  1. URL |
  2. 2020/11/09(月) 12:09:38 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1270-c7cab504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター