fc2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2022年、ウィンブルドンはベスト8へ

早いものでもうベスト8です。

・ジョコビッチvsシナー
・ノリーvsゴファン
・キリオスvsガリン
・ナダルvsフリッツ

期待された選手の早期敗退や欠場などもあり、どうなることかと思われた今年のウィンブルドンですが
新鮮さもある顔ぶれでメンバーとしては決して悪くないと思います。
ジョコビッチ、ナダルはまあ鉄板すぎるきらいはありますが
それ以外にゴファンというベテランがおり、若いシナーも残っています。

しかし、キリオスにこそ爆発感があるものの、見れば見るほど2強とゆかいな仲間たちという印象です。
他の選手にも頑張ってほしい気がしますがどうでしょうか。

2強のうちでは、どちらかと言えばナダルの方が厳しいでしょうか。
本人の怪我の状態もありますし、次のフリッツは現在好調で、前哨戦優勝でノッテいる上に
今回勝ち上がっている中で唯一の失セット0での勝ち上がりを果たしている選手となっています。
そして、この後にキリオスと当たる可能性があります。
キリオスの相手であるガリンはキリオスと同世代で実力者といえますが、
グラスコートではこれまで勝率3割台という実績だったので今回は驚きのベスト8進出と言えます。

シナーはジョコビッチにどこまで対抗できるでしょうか。
期待の選手ではあるものの、本人が得意とするハードかクレーであればまだ、とは思ってしまいます。
これまでのシナーはガリン以上にグラスでの実績がなく、大会前までは0勝4敗と1勝もできていない状態でした。

ゴファンはウィンブルドンではベスト8の経験があり、さすがに実績では他の上を行っています。
対するノリーはグラスを得意としているわけではないですが地元選手としてここまで勝ち上がっているので
ここはベスト8の4つの対戦の中でに最も拮抗した読めない組み合わせと言えるかもしれません。

と、まあ、何があるのかわからないのがスポーツではありますが
こうしてみると、なんとなくジョコビッチが安定航路に乗っている気がしてきませんか。


スポンサーサイト



  1. 2022/07/05(火) 15:36:15|
  2. 2022年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2022年、ウィンブルドンはベスト4へ | ホーム | 2022年、ウィンブルドン1回戦>>

コメント

ジョコがフルセットでなんとかシナーに勝ちましたね
冷静にスコアを見てみると、2~3回戦がピークでそこからはラウンドを重ねるごとに調子が右肩下がりとも言えます
一方のナダルはラウンドを重ねるごとに調子を上げているみたいですね
次のフリッツ戦は見ものでしょう
シナーvsジョコのような意外な展開になるのか、GS2連勝中のナダルが格の差を見せるのか。。

どちらもフルセットを乗り越えてきたガリンvsキリオスはどう転ぶかわかりませんね 
キリオスは肩を痛めてるみたいなので、案外勢いのあるガリンが上がってきたりして?
  1. URL |
  2. 2022/07/06(水) 13:49:27 |
  3. てにす #-
  4. [ 編集]

>てにす様

ジョコビッチ、ナダルともフルセットでの勝ち上がりとなりました。
ウィンブルドンは唯一4強以外に20年間優勝者の出ていない大会でして
他の選手の可能性が感じられないのがもどかしかったですが
ここ数年はフィットし来ている選手も出ていて、シナーがここまで見せてくれるとは嬉しい驚きでした。
最後はさすがのジョコビッチにしてやられましたがこれは十分に楽しみと言えそうです。

  1. URL |
  2. 2022/07/07(木) 16:04:06 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1368-59c971af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター