fc2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2023年、全仏開幕

さあ、いよいよ開幕しました、
四半世紀ぶりのナダルとフェデラーのいない全仏オープン。

といいつつ当ブログの最近の大変失礼しております事態で更新が遅れていまして
ボトムハーフは1回戦、トップハーフは2回戦までが終わっている状態です。

上から見ていきましょうか。
今大会はトップハーフに強豪が集まった印象です。

上位8シードのうち、トップハーフはアルカラス、ジョコビッチ、チチパス、ルブレフ。
ボトムハーフはメドベージェフ、ルード、ルーネ、シナー。

3回戦にコマを進めているアルカラスは最大のピンチを迎えています。
初戦は3セット、2回戦はダニエル太郎を相手に4セットと少しずつ困難が増している中で
次はいよいよ第26シード、強烈なサウスポー、デニス・シャポバロフが相手なのです。
正に「今大会最強の第26シード」といえるでしょう。
そのシャポバロフ、最強の名にふさわしく、初戦が5セット、2回戦が4セットと
次第にその調子を上げてきているのです。これは恐ろしい。
アルカラスも本気の65%以上が出せないようであれば、
全仏初制覇に向けて暗雲が立ち込めるとも言えるのではないでしょうか。

シャポバロフはその気質的にクレーが向いていないと思われますが
ショットパワーとフットワークがあるので、精神が整っているときにはクレーでも良いプレーをします。
前に出る積極性もあるのでハマると誰にとっても嫌な相手になることは間違いないです。
集中を切らしてミスを連発する癖さえ出なければというところです。
その意味では、そうなった状態のシャポバロフはクレーに向いていないというよりも
どのコートにも向いていない選手になりますし、
逆にハマればクレーに向いた選手ともなりうるわけです。
もちろんこの対戦は個人的に最も注目の3回戦と言えます。
両者は意外にも今回が初対決です。


さて、そのすぐ横の山ではノリーとムゼッティが勝ち上がっています。
これもまた面白い注目の対戦となります。
特にノリーは初戦の難敵プノワ・ペールとのフルセットの試合が印象的でした。
ノリーはグラスイメージの強いイギリスの選手ですが実はクレー勝率が最も高い選手です。
対するペールはこのところランクを落としていて今回もワイルドカードの出場でした。
地元という優位性を差し引いても前評判で言えばノリー勝利ということだったのですが
試合の方は正攻法のノリーとペールの癖のあるプレーが面白い様に絡んでフルセットの熱戦となりました。
まだ今大会で多くの試合を観ることはできていないですが、私が見た中では初戦でのベストマッチです。


あとトップハーフで気になるところと言えば、
チチパスが勝ち上がっていて、3回戦でシュワルツマンと当たります。
シュワルツマンは今100位近くにまでランクを落としてしまっていて今回もノーシードではありますが
元々爆発力のある選手で、今大会あるいは恐怖のノーシードとなり得るかという一戦になります。順当にいけばチチパスの完勝でしょうが、チチパスは思わぬポカがある選手ですからわかりません。

因みに最近のフェデラーのインタビューで、対戦した中で印象に残っているサーバーを上げるというのがあって、
イズナーとかカルロビッチとかロディックとか理解できる名前が連なるっているのですが
その中にシュワルツマンの名前があるのがひと際目を引きました。

因みにフェデラーの答えは以下の通り。
フェデラー「ロディック、イズナー、サンプラス、シュワルツマン、カルロビッチ、イバニセビッチ、ラオニッチ、ヴァヴリネック(フェデラーの妻)、リュビチッチだよ。」


トップハーフの下側、第3シードの山に行きましょう。
この中にはジョコビッチがいます。
前哨戦ではベストと言える状態ではなかったですが
さすがにグランドスラムでは次元の違う戦いを見せてくれます。
守備力とか展開力もそうなんですが、ショットの安定感は何なんでしょうか。
際どいところに打っているのに、これはアウトにならないとわかるあのボールの軌道。相変わらず見事です。
ただ年齢もあるので突然の疲れとかが出ないかは気になります。
その意味でも2戦をいずれもストレートで勝ち上がったのは幸先良いスタートと言えるでしょう。
次の相手はダビドビッチ・フォキナ。十分に注意が必要な相手です。

第13シードのホルカチはクレーを得意としていない選手ですが、3回戦にまで勝ち上がっています。
初戦は恐怖のノーシートの一人ゴファンで、これは苦戦しながらフルセットで勝ち上がりました。
この試合は観てないのですが時間があったら探してみたいと思わせる一戦です。
ホルカチは2回戦でもフルセットを戦っていて、3回戦でペルーのバリジャスと対戦します。
バリジャスは2回戦でバウティスタ・アグーをフルセットで下す活躍を見せています。
またバリジャスもホルカチと同様、初戦、2回戦ともにフルセットを戦っているので、
ここは3回戦随一のヘトヘト対決となっています。


ボトムハーフの方はまだ1回戦が終わった状態です。
長くなるので細かい記事はこちらはも2回戦まで行われてからにしましょうか。

まあ敢えて一つ取り上げるのなら、やっぱり上位シード選手の件ですよね。

そう、第4シードのルード!
初戦の対戦相手がスウェーデンのイマーでして、そこはただ普通にフーンと流しそうになったのですが、
ムゼッティの初戦の相手もイマーでして、あれー?と思いましたところ
皆の知ってるイマーはムゼッティの相手の方で、ルードの相手は兄の方だったようでして。
私、イマー兄いるの知りませんでした。勉強不足。


スポンサーサイト



  1. 2023/06/01(木) 12:00:00|
  2. 2023年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2023年、全仏2回戦ボトムハーフ | ホーム | 2023年、ローマはメドベージェフ>>

コメント

シャポはまさに「今大会の第26シードの選手の中で最強」ですね!間違いない!
文法的にはなんの矛盾もありません!(笑)

しかしシャポがここまでこのブログの主役に躍り出る日が来ようとは。
管理人さんの目の付けどころには恐れ入るぜ(笑)
  1. URL |
  2. 2023/06/02(金) 01:52:30 |
  3. フェレールのくわえタオル #-
  4. [ 編集]

>フェレールのくわえタオル様

頑張ってほしいものです。
かつてのマレーに比べるとネタ力も存在感もまだまだ圧倒的に弱いですからね。

  1. URL |
  2. 2023/06/03(土) 09:25:00 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1403-c7918b54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター