fc2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2024年、全豪はシナー

ビッグ3のいない19年ぶりの全豪決勝は
シナー「3-6 3-6 6-4 6-4 6-3」メドベージェフ
となりシナーは大逆転でグランドスラム初優勝を達成しました。

試合は出だしからメドベージェフが優勢で
シナーの仕掛けは上手くいかずにミスが増える展開となりました。
第2セットでシナーが2つのブレークを許すところまでは、
完全にメドベージェフのワンサイドゲームだったと言えます。
シナーは第2セットで1つブレークを返しましたがあのブレークがなければ
あっという間に試合が終了していたのではないかと思います。

第3セットから息を吹き返したシナーは徐々にミスも減っていき
同時にメドベージェフのショットからはキレがなくなっていきました。
最後は試合開始時とは全く逆でシナーの力強いプレーがメドベージェフを圧倒してました。

後出しじゃんけんと言われようと全然かまいませんが
開幕当時から密かに私もシナーを予想していたましたから(してたんです!)
嬉しさもひとしおです。しかもこうした劇的な展開での結末ですからね。

メドベージェフはさすがに疲れが出たでしょうか。
2年前のナダルとの決勝に続いて2セットアップから全豪優勝を逃す形となりました。
その前の年はジョコビッチに敗れているので、ここまで準優勝3回となっています。
優勝なしの準優勝の多さではマレーの5回に次ぐ記録です。
今年の全豪は球足が特に速くメドベージェフ向きではなかったかもしれませんが
それでも現役屈指のハードコーターなので全豪タイトルはいつか欲しいところでしょう。

シナーに関しては、NextGenで初めてそのプレーを観て衝撃を受けて以来、
いつか「来る」と思っていた選手でした。
私の「来る」はなかなか当てにならないですが(誰?シャポバロフを思い浮かべたの!)
こうしてシナーは順調に名選手に駆け上がってきてくれました。ありがたい。
一時期停滞気味だったこともあり、そのズベレフ化も心配されましたが
ズベレフよりも先にグランドスラムを獲得することになりました。めでたい。
もっとも、そんなズベレフも今大会の活躍はなかなか見事でしたので、
まだまだテニス界も楽しみは豊富にあるとみて良さそうです。
今後の勢力図の変化に注目していきましょう。

当サイトは男子シングルス専門ですのでどうしても偏った話題になってしまうのですが
今大会は男子ジュニアで坂本が、男子車いすテニスでは小田が優勝しまして
更に女子車いすでは上地が準優勝と、日本人の活躍が目立っていました。
さすがに触れておきたい話題でしたので最後に触れておきたいと思います。


スポンサーサイト



  1. 2024/01/28(日) 22:28:37|
  2. 2024年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<2024年、モンペリエ。久々に見たシャポバロフ | ホーム | 2024年、準決勝!>>

コメント

シナー優勝!試合は追ってたのですがこちらのサイト見てなくて、今見たら初戦の後に管理人様に期待(呪い?)をかけられてたのに優勝するなんて、宇宙人に匹敵する偉業ですね。いや真面目に全豪ジョコビッチを倒して優勝はすごいです。年齢も2008優勝のジョコビッチと一緒なんですね。フェデラーをSFで破って初優勝した事を思い出しました。
また今大会はシーソーゲームも多くて非常に見応えのある大会でした。特にズベレフのサーブが安定して良くてアルカラスもメドベージェフも止められない時間帯があったのには期待を持たせますが、体力的な問題は病気も持ちながらなので残念な気もします。ハードコートシーズン、クレーシーズンもどうなるか分からず楽しみな一年です。宇宙人2人の動向も気になります。
  1. URL |
  2. 2024/01/28(日) 23:04:13 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

いやー、シナー優勝しましたね。
途中でジョコも破ってますし、これは文句なしでいいでしょう。
管理人様も、推したい気持ちを必死に押し殺して(コメント欄では割とダダ漏れでしたがw)記事を書かれた甲斐がありましたね。

決勝ですが、展開の早いラリーが多くて楽しかったです。
ハードではメドべもシナーもやっぱり強いですね。
しばらくのハードコートシーズンはこの2人とジョコアルカラスを中心に進むのでしょうか。後はここにツベレフが加われるのか。

最後に、シャポの一文には笑いました 笑
  1. URL |
  2. 2024/01/28(日) 23:52:51 |
  3. ふぁぶ #-
  4. [ 編集]

シナーは見事な逆転優勝を成し遂げました。ジョコビッチとメドベージェフを破った素晴らしいGS初優勝です。

第3セット途中までは、ヒッティングポジションを上げ何度もネットダッシュするダニール君(と呼ばせてください)のペースでした。このまま3-0でダニール君の勝利かと思いきや、シナーの粘って粘ってじわじわダニール君の体力を削いでいくやり方がハマり出しました。激しいラリー応酬は観ていて心躍るものでしたが、ダニール君の体力とメンタルは相当やられたのでしょう。応援もシナー寄りだったため、キツいときに背中を押して貰えなかったのはツラかったかもしれません。

今大会ずっと思っていましたが、シナーのボールはネットやサイドアウトはあってもロングが無い・少ない。特にFHはネットを越せばライン際でスッと落ちる。球筋は違えどもナダルのショットのようでした。何度「エ~ッそれ入る~~」と思ったことか。
2008年に20歳でGS初優勝したジョコビッチが次にGS優勝するまで3年を要しました。この調子だとシナーは今年中にGS2勝目あるかもしれませんね。(ダニール君のGS2勝目もまだなのに)

GSに限っては群雄割拠より上位陣が安定して残ってくれる大会が面白いです。

とはいえ若者の活躍はそれはそれでウキウキします。今大会新たに注目した選手では、アメリカのミケルセン。ひたむきにテニスと向き合っているようで好感を持ちました。今後上がってくることを期待しています。
  1. URL |
  2. 2024/01/29(月) 11:37:21 |
  3. tote #-
  4. [ 編集]

「群雄割拠」もとい「下剋上」でした
  1. URL |
  2. 2024/01/29(月) 13:16:54 |
  3. tote #-
  4. [ 編集]

シナー、念願の初優勝でしたね!

2セットダウンからの逆転優勝というところに強さを感じます。

デ杯で優勝して、そこの自信から一段レベルアップしてグランドスラムで優勝というところが、何となく自分は2011年のジョコビッチを思い出します。ジョコビッチはあの当時でも既に全豪で優勝経験があったので、シナーとは幾分シチュエーションは違うかもしれませんが。

シナーはどのサーフェスでも一定以上活躍ができる選手なので、自分は全仏の優勝もあり得ると思います。2024年はシナーの年になるのか?今後の活躍に注目しています。
  1. URL |
  2. 2024/01/29(月) 19:07:37 |
  3. おスミ #-
  4. [ 編集]

>ぽーち様

2008年のジョコビッチと同じと考えると、まだまだこれからの選手ということで
楽しみも多く待っているということになりますね。
ズベレフもそうですが、勢力図は少しずつ変わってきているので日々追うのが楽しみになります。
逆に今はチチパスなんかはちょっと元気がないですね。


>ふぁぶ様

ありがとうございます。
私もコメント欄で本音を吐くという新たな技を身に着けましたので次の大きな大会が楽しみです。
ハードシーズンは3月の一旦の大詰めでどうなるか気になるところです。
早く3月にならないかな。


>tote様

レベルの高い決勝でしたね。
シナーもメドベージェフもあのレベルをずっと続けられるかというのが課題になるでしょうか。
アルカラスですらも少し調子を落とすとトップ10同士の対戦では敗退しますからね。
ビッグ3が例外的過ぎた部分はありますが、如何に取りこぼさないかというのと
重要な大会にコンディションを整えられるかというのはポイントになってきそうです。


>おスミ様

デ杯優勝直後の全豪優勝というのは、オープン化後6人目とのころです。
70年アッシュ、85年エドバーグ、88年ビランデル、92年クーリエ、
そして2011年のジョコビッチと今年シナー。
スウェーデンが短期間に2度やってるのは凄いですが、意外と少ない事例です。


  1. URL |
  2. 2024/01/30(火) 11:48:44 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/1435-90cbd216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター