FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2009年、全米デル・ポトロ優勝

記事のほう遅くなってしまいました。

今年の全米はデル・ポトロが優勝しました。
フェデラーがGS決勝で敗るのはナダル以外では初めてのことで
また、敗戦自体もかなり珍しいことですから相当な歴史的快挙と言えます。

デル・ポトロは今年、全てのGSで自己最高の記録を収めました。
(全豪:ベスト8、全仏ベスト4、全英:2回戦、全米:優勝9
ランクも5位に上げて、しかも4強とのポイント差も随分と縮めています。

ここ数年、フェデラーを中心に
2強時代、3強時代、4強時代と少しずつ時代が変化してきましたが
これで5強時代ということになっていくのでしょうか。

フェデラーはとにかくサーブが不調でした。
これまで、ショットがうまくいかなくてもサーブだけで凌いできた試合がありましたが
このようにサーブもダメとなると、過去全勝だった選手にも敗退してしまうのですね。
第1セットを見る限りではフェデラーのほうが1枚も2枚も上という雰囲気を漂わせていました。
ショットの選択、展開の幅広さなど、ジョコビッチでさえ敵わなかったのですから
デル・ポトロが差を見せ付けられるのも仕方のないことでした。
しかしその後はどうも決め手に欠けるシーンが多くなりました。
最終セットのどうしようもない感は、
一時期の何もうまくいかないときのフェデラーのようでした。

当サイト的に今回の試合で驚くべきポイントがありました。
デル・ポトロから見て「3-6 7-6 4-6 7-6 6-2」というスコアでした。
タイブレークを2度戦っていずれもデル・ポトロが取っているのですが
これがまた実に意外な結果でした。
ウィンブルドン終了までの集計結果では
フェデラーは「66.15%」デル・ポトロは「48.28%」
それぞれ当サイトでデータ収集している現役選手のうち、
上から2番目と下から2番目のタイブレーク成績の選手でした。
それをデル・ポトロが2つとも取ってしまったのです。
まあこの試合のフェデラーのサーブの状態だったら
タイブレークが取れなくて当たり前なんですけど。

さて、来週中にはデータ更新のほう行いたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/09/20(日) 07:19:39|
  2. 2009年7~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<1試合のサービスエース記録 by カルロビッチ | ホーム | 2009年、全米準決勝>>

コメント

デルポトロの優勝は快挙というよりも、実力から考えても妥当だったのでしょうね。
フェデラーはウィンブルドンの時もサーブに助けられていましたが、ストロークで圧倒される場面が増えてきているので、ナダル・マレー・ジョコビッチ・デルポトロと言った面々はストロークを武器にしている選手とは今後もグランドスラムで戦う可能性大ですから、ますます16度目のグランドスラムが厳しくなりそうですね。

それとカルロビッチはあれだけサービスエースを決めても勝てないんですかねぇ・・・
5時間59分のマラソンマッチを制せなかったクロアチアのショックは大きかったのでしょうかね。
クロアチア・・・残念です・・・
  1. URL |
  2. 2009/09/20(日) 14:33:05 |
  3. kou34615 #-
  4. [ 編集]

今回のフェデのサーブの悪さは自分が見てきた中で一番悪かったように感じました。
サーブが悪いせいで、キープするのも通常より苦労して、リズムは悪いし、レシーブ
ゲームは淡白になってしまったりと、フェデファンとしては歯がゆい試合でした。
というか「フェデ何やってるんだよ!」とテレビの前で言ってしまいました。

フェデファンとしてポジティブに考えるなら、あんだけフェデの調子が悪くても
フルセットまで戦ったという事です。そして勝つチャンスも十分あった事です。
そして、フェデの生命線と言えるサーブがあんだけ悪くても、それなりにゲームを
作っていた事です。

今年のフェデはGSの結果だけ見ると、全GS決勝進出とかすごすぎる結果です。
過去のレジェンド達を見ても、年間GS全て決勝進出ってあまりいないですよね?

こんなテニス史に残るレジェンド選手と生で見れる事をラッキーと思いつつ、
これかも応援していきたいと思います。


  1. URL |
  2. 2009/09/22(火) 02:05:38 |
  3. さんぽ #-
  4. [ 編集]

更新ありがとうございます!

しばらく更新がなかったので心配しておりました。ご病気とかではなかったのですね。安心しました。いつも更新を楽しみにしています。特に大きな試合のある時は。

そうですか、決勝のフェデラーはサーブが悪かったのですね。今回の負けは、1ファンとしてあまり辛くなかったです。今年の全豪、去年の全英、おととしの全仏はかなり悔しくて、自分の気持ちを立て直すのにしばらくかかりましたが、今回はあまり辛くなかった。おそらく、(鬼の居ぬ間だったかもしれませんが)悲願の全仏を取り、全英を取り返し、史上最多グランドスラム優勝を果たし、ランキング1位も取り返したからかもしれません。そして、それは彼自身も感じていたことなのか、前の記事で”フェデラーfan”さんが書かれているように、彼の表情がすがすがしかった。その表情もあって、ファンも辛くなかったのでしょう。

ただ。。。。「すがすがしかった」ことはよかったことなのか。。。。いろいろなことを達成し、勝ちへの執念が薄れてきているのでは?なんて考えちゃったりもします。もちろん、執念が先走って空回りするよりはいいのですが。。。

彼は東京に来ないことになったようですね。残念です。
  1. URL |
  2. 2009/09/26(土) 22:15:13 |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

フェデラーの欠場が正式に発表されましたね。
http://kou34615.blog88.fc2.com/blog-entry-86.htmlにニュース内容を掲載しておきました。

やっぱり疲労がたまるのも無理ないですよね。USでは一番多く試合をやって優勝できず、デビスでも絶対的エースとしての役割からの精神的な疲れが大きかったのでしょう。

「燃え尽き症候群」じゃないでしょうね・・・
  1. URL |
  2. 2009/09/27(日) 00:22:04 |
  3. kou34615 #-
  4. [ 編集]

皆様お久しぶりです

長いことブログを放置していました。すいません。
別にテニスに対する興味が失われたわけでも
私自身に何か災難が降りかかったわけでもありません。
個人的に色々と忙しくて手が回らず
ついつい後まわしにしてしまっておりました。

>kou34615様

デル・ポトロがベスト4くらいにまで勝ち上がるのは誰でも予想してたかもしれませんが
意外と優勝候補にまで推していた人は少なかったようですね。
どうしてもトップ4やロディックの話題が大きかったので止むを得ないでしょう。
ただ、こうしてあっといわせる活躍をすることでスターが生まれるのだと思います。
そうなるとマレーはそろそろ勝っておかないと、
いよいよ遅咲きの部類に入ってしまうのかもしれませんね。

あと、カルロビッチは本当に面白い選手です。
この辺は別記事で改めて書きたいと思います。


>さんぽ様

第2セット以降のフェデラーの調子の悪さは異常でしたが、
ここまで調子が悪くないと負けないというのもある意味異例かもしれません。
強い選手というのは勝てなくなるときは2パターンあると思います。
一つは力自体が落ちるパターンで、もう一つは相変わらず強いんだけど
調子が悪いことが多くなるパターンです。
フェデラーは典型的な後者ですね。サンプラスもそうでした。

フェデラーの全GS決勝進出ですがやっぱり凄いですよ。
オープン化後は1969年のレーバーしかやってません。
何だかんだで今のランキングはダントツのNo.1ですからね。


>かめ様

しばらく空けてしまいました。ご心配いただき恐縮です。
今年のフェデラーは色々ありました。
年初はまだ不調のさなかで、フェデラー時代終焉論まで出ていました。
そこからの劇的な復活ですから、
考え方としたら今年はベストイヤーという見方もできるかもしれません。

これからは今までの勝ち続けていた戦い方とは違ってくるかもしれませんが
晩年のコナーズのようにテニスを楽しむようになってくれれば
むしろ選手寿命も伸びるのかもしれません。


>kou34615様(再び)

本日2つ目の返信ですね。
東京のフェデラーの欠場は残念です。
しかし今後は試合出場が減ってくるのは仕方ないかなと思います。
大きな大会でポイントが稼げる選手だし、
何よりも勝ち続ける選手はコンディション作りが大変なので無理は禁物ですね。
  1. URL |
  2. 2009/10/01(木) 19:14:30 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://ausaga.blog.fc2.com/tb.php/511-40372dd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター