FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2012年、トロントはジョコビッチが優勝

djokovic-6a.jpg
ここのところしばらく見せ場のなかったジョコビッチですが
カナダ・マスターズ1000の決勝でガスケを下し、久々の優勝を果たしました。

gasquet-2a.jpg
ガスケは、その実力が折り紙つきであることは誰もが承知しているのですが
本当に久しぶりにこのような大きな大会でここまで勝ち上がった姿を見ました。
マスターズ1000での決勝進出は実に2006年の当大会、トロント以来のことです。
その時は決勝でフェデラーに敗れました。
今大会も、鬼のいぬ間に的なところはないでもないですが
そのような時にでもしっかり結果を残すのは重要です。
現在テニス界を引っ張っている中堅世代の中でも早くから活躍が期待されていた選手ですから
今一度見せ場を作って欲しいところです。
なにせ現在少数派の片手打ちバックハンドの使い手ですから。
そうしたプレースタイルの面でもまだまだ力を落として言ってはいけない選手だと感じます。

djokovic-2a.jpg
さて、勝ったジョコビッチですが、3月のマイアミ以来のタイトルとなりました。
随分久しぶりです。実に4ヶ月以上もタイトルから離れていたことになります。
今年はクレーシーズンとグラスシーズンで1つもタイトルがなかったわけです。
オリンピックがあった関係で今年はいつもよりもグラスシーズンが長くなりました。
クレー、グラスとも2ヶ月ずつあった計算になるでしょう。

実のところジョコビッチはスランプだったわけではありません。
去年ほど勝てなかったのは事実ですが、残している成績は立派なものです。
クレーシーズンの主要4大会では決勝が3つにベスト8が1つでした。
またグラスシーズンではウィンブルドン、オリンピック共にベスト4です。
ジョコビッチであれば優勝を期待したいところではありますが、
優勝がなかったにしては早期敗退もなく非常に安定した戦いぶりを見せているのです。
このような地味ながらしっかりとした戦い方は一時のハードコートでのナダルを思わせます。
もちろん全部勝つのが理想でしょうが、それはなかなか難しいですから
そういった時にはこのような成績の残し方というのはとても効果的です。

今年のジョコビッチは春のハードコートシーズンの最後大会で優勝し、
そして夏のハードシーズンの最初の大会で優勝したわけです。
ハードコートの選手であることをしっかりと印象づけた形となりました。
全仏とウィンブルドン、そして今年はオリンピックもありましたが
派手な印象を与えるのはこうした大会で勝つことかもしれません。
しかし、1年が終わった段階で振り返ってみた時、
最強選手として君臨するに効果的なのはやはりハードコートを制することです。

今大会では他の4強と対戦することはありませんでしたから
現時点でジョコビッチをハードコート最強と結論付けるのは早いでしょう。
しかし、仮にこのまま全米も制したとするならば
クレーはナダル、グラスはフェデラー、しかしハードはジョコビッチと
棲み分けから勢力図の多少の変動はあったものの、結局のところ
最重要なハードを制したジョコビッチがNo.1だったということにもなりうるのです。

fed-04.jpg nadal-9a.jpg
ランキング上はまだ入れ替わりはありませんが、
チャンピオンズレースでは今週フェデラーを抜いて1位になるのではないかと思います。
ジョコビッチにはスタミナがあります。しかも多くの試合をこなしている印象がありますが、
実は今年はグランドスラム、マスターズ100、オリンピック以外にはドバイにしか出場しておらず、
今大会前の集計時点では4強で最も出場トーナメントの少ない選手になっているのです。
それでいてこのようにポイントを稼いでいるのだから、如何に効果的に戦っているのかがよくわかります。
こうした点を踏まえて、体力面からいえばフェデラーを大きく上回っており、
唯一のライバル関係であるはずのナダルも、怪我の状態が思わしくなくシンシナティ欠場が発表されています。
ランキング争いにおいて、ジョコビッチが優位に立っていると感じるのですが果たしてどうなるでしょうか。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/08/13(月) 10:36:50|
  2. 2012年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

2012年、トロント開幕

タイミング的に仕方がないですが、
例年に無く注目度の落ちているマスターズ1000大会となってしまっています。
しかし、獲得ポイントは変わらないわけで、
こういう時にしっかり勝っておくと後々で効いてくるものです。

試合の方を見てみると、オリンピック活躍組が試合を落としているケースが目立ちます。
金メダルのマレーは初戦を勝利しましたがその後棄権ですし、
銅メダルのデル・ポトロも初戦敗退でした。
一方で、デル・ポトロを下したのはオリンピック初戦敗退のステパネクでした。

錦織も第13シードとして挑みましたが初戦でクエリーに敗れてしまいました。
クエリーはオリンピック不出場のsン酒で、その裏で好調を持続していた選手です。
ワシントンではベスト4、その前週のロスでは優勝しています。
同じ週に大会をこなしている選手同士でも、
オリンピックとそうでない大会とでは精神的な疲れがこうも違うのでしょうか?
まあ、アメリカ→カナダとイギリス→カナダの移動云々の関係もあるのでしょうが。

こうした時ですから、ジョコビッチにとっては重要な大会になっているといえます。
フェデラーもナダルも不参加ですので4強で残っているのは一人だけです。
その他に脅威となりうる選手も、デル・ポトロ、ツォンガが敗退、フェレールが不出場と、
おおよそジョコビッチの優勝が約束されているような大会となっています。
最近は見せ場を他の選手に取られてしまっていますので、
ジョコビッチとしてはここらで起死回生の一発といきたいところです。

裏を返せば、ここで負けるようなことがあってはならないということでもあります。
次に当たるクエリーは好調ですし、近くのドローにはステパネク、ハースのベテラン組もいます。
去年であれば微塵もなかった心配ですが現在であれば状況が変わっています。
他に、チリッチ、ラオニッチといった若手が残っています。
彼らにとっても、今大会がチャンスであることは間違いなく
勝利の可能性が高いことは認識しているはずです。
こうした選手に星を落として勢いに乗せてしまうことはジョコビッチとしては避けたいところです。

今からちょうど5年前の当大会で、当時のランキング3位、2位、1位である
ロディック、ナダル、フェデラーを連続撃破して優勝したのは他ならぬジョコビッチでした。
歴史上最大の3強時代が始まった瞬間です。そのような大会ですから、
ジョコビッチとしても今度は新しい選手に勢いを付けさせる役になるようなことはしたくないところです。
もちろん若手側としてはそれを大いに狙って欲しいです。
このチャンスを誰がものにするかというのもポイントになってくると思います。


テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/08/10(金) 11:12:14|
  2. 2012年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

2012年、オリンピックはマレーが金メダル

murray-6a.jpg
ざっくり見積もればマレーは大会前から優勝候補だったわけで
地元だしウィンブルドンのリベンジだしと
期待の声は非常に大きかったと思います。
しかし一番手として推挙できない部分がありました。
マレーというのはそういう選手でしたから。

しかし、マレーは結果を出すことができました。

今回ばかりはナダルの不在を幸運に組み入れて考える必要はありません。
ジョコビッチに勝ち、そしてフェデラーに勝ったからです。
4強と言われ続けながらも3強に差をつけられていたのがマレーという選手です。
なんといってもグランドスラム実績がその理由の最たるもので
これは今回の優勝でも払拭できていないことに変わり無いのですが
一皮むけたとするには十分な優勝といえます。
オリンピックというのは微妙な大会です。
規模で言えばマスターズ1000以上、グランドスラム未満という位置づけになろうと思います。

そのイメージを強くしているのがセット数です。
今大会は準決勝までは3セットマッチ、決勝は5セットマッチで行われました。
マレーの準決勝でのジョコビッチ戦の勝利は
正直の所グランドスラムでの勝利には匹敵しないと思います。
マスターズ1000でジョコビッチに勝利したのと同じ程度の価値といえるでしょう。
まあ、もちろんこれ自体すごいことなんですが、
これまでのマレーであってもこれは可能なミッションでした。

一方で決勝でのフェデラーからの勝利は、
グランドスラムに匹敵する偉大なものだといえるかもしれません。
正直の所、今大会のフェデラーは調子が良くなく、
経験と技術でギリギリの勝ちあがりを行なってきていましたので
穿った見方をすれば決勝でジョコビッチと当たったほうが怖かったかもしれません。
(もっともジョコビッチは3位決定戦で敗れているのでこの説には異論もあるでしょう。
 デル・ポトロこそが影の最強敵だったかもしれませんね)
しかし、フェデラーの不調というのはマレーの優勝の価値を落とすものではないと思います。
マレーにとってはこの決勝という舞台でフェデラーにリベンジを果たした点で
大いに価値のある勝利だったと言ってよいでしょう。

マレーはこれまでウィンブルドンで何度もナダルに阻まれていました。
リベンジすべき舞台でリベンジを果たすことが出来なかったのです。
しかし今回は、リベンジというものを果たすことが出来ました。
相手はナダルではありませんが、むしろナダル以上の存在の選手ですから意味は大きいです。

マレーにとっての幸運は、その最大の敵がナダルよりも与し易い相手であったこと、
そしてその敵の調子がまた良くなかったこと、この2点にあるでしょう。
訪れたチャンスを確実にものにするということができたのです。
これまではこれができない選手でした。
ここに意味を見出さないわけにはいきません。

マレーは、正に今ここからの選手、そう思いたいほどの結果だったといえます。
「期待をくじく」というこれまでの必殺技はもう発動しないでいただきたいものです。

federer-2a.jpg
さて、話をフェデラー側に変えましょう。
オリンピックとの相性が良くなかった、というそれだけの話題で終わらせてもいいのですが
気になったのがマレー戦の負けっぷりです。

スコアは「6-2 6-1 6-4」というものでした。
まるでグランドスラム序盤でフェデラーが格下を蹴散らす時のようなスコアです。
大会名は違えどウィンブルドンのセンターコートでの出来事だ
ということを思い出さないわけにはいきません。

これまでフェデラーがウィンブルドンでこんなスコアで敗退を喫したことがあったでしょうか?
ストレート敗退は2回あります。
・2000年1回戦、対カフェルニコフ「7-5 7-5 7-6」
・2002年1回戦、対アンチッチ「6-3 7-6 6-3」

とはいえどちらもタイブレークがあるし、最強になる前の出来事ですから
今回はこれまでに無い大いなる負け方をしたことになります。
もちろん、それまでに厳しい試合を勝ち抜いてきた精神力は凄まじく、
決勝のスコアだけでフェデラーの戦いぶりを悲観的に捉えるつもりはありませんが
マレー金メダルというお祭りの裏に隠れた少々の心配の種も存在するのだということは
記憶しておいたほうがいいと感じました。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/08/07(火) 12:32:53|
  2. 2012年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

2012年、オリンピック決勝はウィンブルドンの再現

さて、いろんなことが起きています、今年のオリンピック。
善い悪いはともかくとして、
テニスに限定すれば永く記憶に残る大会となるでしょう。

準決勝はフェデラーvsデル・ポトロ、ジョコビッチvsマレーという
黄金カードと言うべきものになりました。

ウィンブルドンとはメンバーに入れ替わりがあります。
フェレールがデル・ポトロになっています。
この入れ替わり劇に最も強く関わったのが錦織です。
フェレール、デル・ポトロ、錦織は何やら「三すくみ」の状態になっています。
今後ともこれらの対戦は注目と言えそうです。
これは、錦織が4強に次ぐ集団の中に入り込んできているということの現れでもあります。
錦織は敗退しましたが十分な活躍を見せたといって良いのではないでしょうか。

もう一人、この集団のキーマンというべき選手がツォンガです。
シングルスでは信じられないようなマラソンマッチを勝ち上がった後に敗退してしまいました。
さすがにロングマッチで力尽きたのかと思いきや別にそうでもないようで
ダブルスの方ではファイナルセット「18-16」という
やはり長い試合を勝ち上がって決勝に進んでいます。

さて、決勝に進出した2人を見てみましょう。
まずフェデラーですが、デル・ポトロを相手に「3-6 7-6 19-17」という
これまた凄い試合を勝ち上がりました。
本当にギリギリのところで勝った感じです。
グラスコートが最も不得手な選手だと思うのですがこんな試合ができるんですね。
トップフォームを取り戻しつつあるデル・ポトロは
ハードコートシーズン最大の脅威となるのではないでしょうか。

マレーはジョコビッチに勝利しました。
これまで勝ったことがないわけではないですが
大きな大会では遅れを取ってきていただけに非常に大きな勝利と言えます、
マレーにとっての壁は本当に純粋にトップ3ですから
まずは準決勝まで勝ち上がった上で一つ一つ勝利をものにしていくしかありません。

マレーにとってフェデラーは厳しい相手です。
もう一回負けるとマレーはフェデラーには勝てないという
決定的な烙印を押されることになってしまいかねません。
実のところ3強ではもっともフェデラーに勝っているわけですが
ウィンブルドンでの2連敗はそれほど大きく負の印象を与えうるでしょう。

一方フェデラーとしては生涯ゴールデンスラマーへの仲間入りを果たすための
重要な一戦となります。4年後というのは現実的ではありません。
今回決めないともう手にすることはないといってもいいと思いますが
まあ、ここまで記録を集めすぎなくらい集め続けてきた選手ですので
一つくらい無くてもご愛嬌といった位ではないかと感じられます。
ただ、最大んライバルであるナダルがうでに手にしている称号ですから
フェデラーの最強論を固めるためには取っておきたいところかもしれません。

因みに今大会は3位決定戦があります。
ジョコビッチvsデル・ポトロというのも楽しみな対戦です。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/08/04(土) 10:35:35|
  2. 2012年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2012年、オリンピック2回戦

2回戦までが終了し、ベスト16が出揃ったことになります。
シード選手は16人中11人が勝ち上がっています。
まずますの安定ぶりです。

3強は快勝しています。中でもジョコビッチは今回はロディックで、
次はヒューイットとビッグネーム戦を続けるわけですが
むしろ結構こういう相手のほうが組み与し易いかもしれません。

敗退している最上位シードは第6シードのベルディフですが
先の記事で、私もウィンブルドン敗退しているだけに彼はやる、
と予想して閉まっていた手前、なんともヤラレタ感がつきまといました。

さて、一番の注目試合はツォンガvsラオニッチだったでしょう。
まだトーナメントは終わってないですが、大会ベストの候補に入るかもしれません。
ツォンガの勝利でしたがスコアは「6-3 3-6 25-23」というものでした。
スコアを見た時には入力した人が間違えたのかと思いました。
ツォンガもラオニッチもサーブの強力な選手ですので、
終わってみればこういうこともあるのかとは思えますが
毎回こんなになるわけではないので試合中両者に何かが憑いたような感じになるのでしょう。

錦織は苦戦をしながらもダビデンコを下しました。
やはり手ごわかったですね。
良くも悪くも、ベテランに過去の数字は当てはまらないことがわかります。
錦織は今大会第15シードですので既にシードを守ったことにはなりますが
正直、ここで敗れてしまうと世間では騒がれずに終わると思います。
一般にオリンピックはメダルで語られますから。
準々決勝まで行けばまだ少しは取り上げられるかもしれませんが
何と言っても次の対戦相手はフェレールです。

今のフェレールは調子がいいですからかなりキツイ相手です。
錦織は以前フェレールに勝っているのですが、その時より今回は大変だと思います。
そんな試合を勝たないと世間には取り上げられないのですから
錦織は困難な道を歩んでいることになります。
仮に勝ったとした場合、テニスファンであればそれはもう凄いことであるのはわかるのですが
前に勝った相手に勝っただけ、しかもまだ準々決勝、ということで
一般的にはようやく話題にしてあげますよ、程度にしかならないでしょう。

もっとも、ダビデンコと同じでベテランは良くも悪くも読めない部分があります。
ずっと調子が良かったフェレールも、あれっという感じで調子を崩すかもしれません。
現にフェレールは、今年絶好調ではありますが、モンテカルロでは
得意のクレーであるにもかかわらず初戦で敗退しているというのがあります。
そういった不確定要素に可能性を見出すのも悪いことではないと思います。

錦織がフェレールに勝った場合、その次はデル・ポトロvsシモンの勝者との対戦になります。
これもきつそうです。しかしここでも勝ったとします。
そうすると、ついにフェデラーとの対戦になります。ここでようやくメダル圏内に到達します。
ここで負けても3位決定戦があって銅メダルの可能性が残されるわけですが
相手がジョコビッチかマレーになる可能性が高いのでいずれにしろ苦労しそうです。
せっかく準決勝まで行ったのに4位というのでは残念ですよね。
となると準決勝でフェデラーには勝っておいたほうがいいということになります。
で決勝は、まあ仮にマレーとしておきましょうか。
マレーは錦織が大の苦手としている選手ですが、
マレー側にも地元のプレッシャーがのしかかります。
レンドルコーチの眼光がコートを照らしているときは全く勝ち目はないでしょうが、
何らかの拍子に用事があるとかで席を外すかもしれません。
そうなると錦織の大チャンスです。プレッシャーに打ち負けたマレーはゲームを落とす。
で、錦織の金メダル、と、あれ、これでいいのかな?

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/08/01(水) 10:18:11|
  2. 2012年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

2012年、オリンピック初戦

初戦及び一部2回戦までが終了しています。

まずはトップ勢ですが、3強は勝ち上がったものの、
フェデラーとジョコビッチがまさかの苦戦、
厳しいと思われたマレーが快勝という結果でした。
まあ、フェデラーもその後の2回戦では
ウィンブルドンで苦戦を強いられたベネトーに快勝しているので
初戦は様子見だったという部分はあるかもしれません。

オリンピックでは多くのトップ選手がダブルスにも出場します。
いつもの大会だとダブルスに出ても調整の意味合いが強いと思いますが
オリンピックではそちらでもメダルを狙いに行くでしょうから
少々勝手が違うのではないかと思います。

ダブルスで早々と負けてしまったマレーやジョコビッチは
その意味でシングルスに集中できまるといえます。
大会2連覇を狙うフェデラーは少々ハードなスケジュールをこなすことになるでしょう。
フェデラー/バブリンカ組は初戦で錦織/添田組を下して2回戦にコマを進めています。
スコアの方は「6-7 6-4 6-4」という熱戦でした。
この試合、とても観たかったんですけど、TVでやってました?

さて、シングルスに話を戻しましょう。
2回戦は結構熱い対戦が組まれています。
既に試合の終わったフェデラーvsベネトーを始め
ジョコビッチvsロディック、ヒューイットvsチリッチ、
錦織vsダビデンコ、ガスケvsバグダティス、ツォンガvsラオニッチ等

後ろ3に関しては日本人が絡んでいた対戦です。
錦織は勝ちましたが、添田はバグダティスに、伊藤はラオニッチに敗れてしまいました。
テニスは日本ではただでさえ注目度の低いスポーツですから
少しの話題もないと、そんな競技あったの?という雰囲気で終わってしまいます。
残っている錦織のシングルスに注目したいところです。
錦織の次の相手はダビデンコです。一見強敵で私も勿論大好きな選手なのですが
初戦を勝ち上がったことには正直驚きました。
ダビデンコはグラスコートを特に苦手としていて、しかも相手はステパネクでしたから。
錦織としては断然与し易い相手が来たことになりますがもちろん油断は禁物です。
ベテランの覚醒というのは怖いですからね。
先のウィンブルドンでも我々は身にしみて感じています。

しかし、ウィンブルドンで男子シングルスが3セットマッチというのは
新鮮な感じというかというかむしろあっさり感すらあります。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/07/31(火) 10:01:13|
  2. 2012年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

オリンピックに向けて:その2 ドロー発表

さてさて、オリンピックのドローが発表されました。

オリンピック自体は開催期間が長いですが、
テニスは開会式の直後に開幕するので
お祭り感が高まった状態で試合を観戦することができます。
こういう部分も地味に嬉しいポイントです。

早速ですがドローを見てみましょう。
オリンピックでは純粋なドロー振り分けとは違い
国籍でバラけるようにというもう一つの要素が加味されます。
例えば錦織と添田の初戦対決などというのは実現しません。

第1シードのフェデラーは比較的楽なドローとなっています。
それでも去年や一昨年であれば危ないと思わせる選手も近くに結構います。
順当に行けばベスト16でベルダスコ、ベストと8でティプサレビッチかアイズナーと当たります。
ティプサレビッチは初戦ナルバンディアン戦で、この山では最も大きな対戦となっています。

ベスト4でフェデラーと当たる山にはフェレールとデル・ポトロが入りました。
ここは欠場したナダルの空いた場所ということになります。
しかし、フェレールとデル・ポトロはまた近い場所に配置されました。
ウィンブルドンでの試合も記憶に新しいところですが、今回も実現するでしょうか。

ここには第15シードで錦織が入っています。
初戦の相手はトミックです。なかなか手ごわい相手です。
勝ち上がった先にはステパネクとダビデンコというベテランが控えています。
まあ錦織ならば大丈夫と信じましょう。てゆーか私が言うと危ないですか。

続いてボトムハーフです。
まず一番下の第2シードはジョコビッチです。
一戦勝ち上がるとロディック、その次にチリッチかヒューイットという具合で
なかなか濃いドローが組まれています。
特にロディックは小さな大会とはいえここ一ヶ月で2つの大会で優勝していますから
ジョコビッチとしてはかなりの要注意選手です。

そしてジョコビッチとベスト8で当たる位置にいるのはツォンガです。
これも実現すれば非常に熱い対戦となります。
ツォンガは2回戦で伊藤とラオニッチの勝者と対戦します。
伊藤としてはなかなか厳しい相手とぶつかることになりました。
しかしまあ、ラオニッチも若い選手ですから付け入る隙はあります。
伊藤ならば大丈夫と信じましょう。てゆーか私が言うと危ないですか。

さて、ジョコビッチと準決勝で当たる位置にいるのがマレーです。
マレーは今回もフェデラーとは決勝で当たる配置になったことになります。
もちろんその前にジョコビッチという大変大きな壁を越えなくてはならないわけです。
ウィンブルドンではナダルが滑ってくれたので良かったですが
今回もまたラッキーが続くと考えるわけにはいきません。
フェデラーとの再戦を果たす前に、まずは実力でジョコビッチを排除しなければならないでしょう。
ウィンブルドンの時と同じようにプレッシャーが掛かると思いますがどうなるでしょうか。
因みにマレーは4年前の北京では初戦敗退でした。今回の初戦の相手はバブリンカです。
だ、大丈夫でしょうか。
まあ、マレーなら大丈夫と信じましょう。てゆーか私が言うと危ないですか。

マレーとベスト8で当たる位置にはベルディフが入っています。
元々グラスコートは得意でウィンブルドンファイナリストでもあるのですが
今年はまさかの初戦敗退でした。
意外とこういう選手が名誉挽回のためにと気合を入れて結果を出すことがあります。
個人的には要チェック選手だと思います。
マレーは過去の対戦でベルディフに相性が悪いですから
勝ち上がって対戦することになればこれも一つの壁となります。

さて、マレーの山には添田がいます。
今回は3人も日本人がいるのだから凄いですよね。
しかし初戦の相手はバグダティス、勝ち上がってもガスケとR・ハースの勝者と
かなり厳しい組み合わせになってしまっています。
しかし添田は最近調子がいいですしランキングも自己最高位にまで上がっています。
添田ならば大丈夫と信じましょう。てゆーか私が言うと危ないですか。


テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/07/27(金) 16:02:59|
  2. 2012年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
前のページ

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター