FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

コート種別問題対応、続報その1

先日のブログで、
次の集計からコート種別の計算方法を変えるという宣言をしました。

当面は現役選手のみを対象にするつもりですが
いずれ引退選手もやりたいと思っています。
その手始めとして何人かの選手を算出してみました。

というのも、ATPの公式記録がコロコロ変わるという背景があります。
コート種別の問題がなくても一度再集計する必要があると考えていました。

connors-2a.jpg
最も試合数の多いコナーズが良い例になります。
コナーズの勝利数は、集計を開始した頃、ATPでは「1220」という数字でした。
そしてもう1つの公式記録を司る機関であるITFでは「1154」でした。

どちらか片方にだけ存在するデータがあるので、
当サイトでは両方をマージして独自の「1240」という数字を出しました。

どちらよりも多い数字を出すことで
うちが一番詳しい情報を持っているぜ、と悦に入ることもできたわけです。

その後ATPでは数字が「8」増えて「1228」になりました。
しかしその時点では再集計を行いませんでした。
この変化があった「8」という数字は、
元々ITFにあってATPになかったものが追加されただけかもしれません。
もちろんそうじゃないかもしれませんが。
どちらにしろ大きな数字の変化ではなく、
いずれ再集計しなきゃな、くらいに考えていました。

しかしここで、非常に困った事態が発生しました。
なんと、ATPの数字が「1242」に修正されているではないですか。
当サイトの「1240」を追い抜く上方修正です。これにはビックリしました。

自分のデータのほうが詳しいと思っていただけに
やられた感がありました。これは再集計をしないわけにはいきません。

こういう理由があって引退選手も再集計に踏み切ることにしました。
ただ、引退選手の全員をやるのはきついので
時間をかけて訂正していきたいと思います。
今回のマイアミ終了後のデータ更新では
とりあえず現役選手のコート種別のみを対象にします。

続く

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/04/02(木) 17:15:39|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コート種別対応!収集データ改革に向けて

かねてから当サイトで懸案事項としておりましたコート種別問題ですが
2009年ATPカレンダーからカーペットコートが消えたことを受け、
データ集計の方式を大々的に改訂することにしました。

これまでは、選手の勝率を出すのに
普通にコート種別で
・ハード
・クレー
・グラス
・カーペット
と分けておりましたが
かつてのカーペットがインドアハードに吸収されていることを受け
・ハード
・クレー
・グラス
・インドア
の4種類に変更することにします。
インドアはカーペットとインドアハードの合計になります。

ここで問題になるのはハードの扱いです。
ハードにはインドアとアウトドアがあります。

これまでの集計でもインドアとアウトドアを分けることはしていませんでした。
また、例えばハードコート連勝記録などといった場合にも
両方を合わせた記録になるのが普通です。

ただし、それではインドアハードの記録が
インドア勝率にもハード勝率にも影響してしまうことになり
記録としてはおかしなことになってしまいます。

そのためここでは
ハード=アウトドアハード
インドア=インドアハード+カーペット
という区分けに切り替えたいと思います。

もっとも、全てを丸々変えるとなると大変なので、
2009年現在現役の選手のみを対象にしようと思います。

過去の選手と現在の選手とで
集計データの基準に少々の違いが出てきてしまうことになるのですが
時代変化による誤差ということでご勘弁願いたいと思います。
いずれ、全ての選手、全ての時代を統一した版も作りたいと思います。

これにより、最近の選手のデータも少しはまともになってきます。
例えばナダルのインドア勝率は、今まで「25%」でしたが
それが「62.5%」となり、まともなデータとして扱うことが可能になります。

また、カーペット勝率「81.8%」というけたたましい数値を誇っていたバグダティスも
インドア勝率「60.5%」とこれまた常識的なデータとなり、
データの信頼度もぐっと上がることになると思います。

フェデラーやジョコビッチの数字なども気になってきますね。
次回の3月終了時の更新で新しいデータ方式にシフトすることにしますので
どうぞご期待下さい。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/03/03(火) 13:28:11|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

動画について

去年の8月にサイト開設1周年の記念として
レンドル名プレー集のプレゼントキャンペーンを実施しました。
随分時間がかかりましたが今年に入ってようやく完成し、
当選者の方々への発送も完了しました。
この場を借りて報告をさせていただきます。

当初は、当たりを3名としてたのですが、
ありがたいことに予想以上に応募をいただきまして、
急遽当選人数を増やしました。
それでも全員を当選とすることはできませんでした。
外れてしまった方、もし次回があればまた是非ご応募下さい。

HPを見直しててふと思ったのですが
レンドルのプロフィールのページがちょっと寂しいですね。
ここに名プレー集からのサンプル動画でもあれば
ちょっと面白いかななどとも思いました。
あまり多くは載せられないと思うのですが
機会があればやってみようと思います。
(2007/2/14 追加しました)

また、もう一点、
こちらもご報告が遅くなってしまったのですが
以前にご質問頂いた「レンドルとエドバーグの背面ショット」の件で、
ブログ上で情報提供の呼びかけをさせていただきました。

その後「GSX-R1000」様より
91年のUSオープンであるとの情報をいただき
同時に映像の提供もしていただきました。

これは昨年のうちに解決していたのですが
その報告を私がブログ上でしなかったために、
その後も情報を寄せてくださる方々がいらっしゃいました。
本当にありがとうございました。
改めて解決できましたのでこの場で報告させていただきます。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/02/13(火) 14:05:23|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

開設一周年!

ご訪問ありがとうございます。

当サイト「レンドル最強説」は、本日(8/25)開設1周年を迎えました。
これまで支えてくださった皆様、本当にありがとうございます。
サイト本体のアクセス数も2日前に1万を記録しました。

そういえば去年、全米オープン開幕前にと慌てて仕上げたのを思い出します。
本当はじっくりコンテンツを増やしてから年末くらいにと思っていたのですが、
あまりにフェデラーが頑張るので急遽前倒しすることにしたのです。

そのため、最初は「フェデラー最強説(仮)」さえありませんでした。
今では第2の重要性を持つコンテンツなのですが。よほど急いでたんですね。

サイト名はレンドル最強説ですが、
フェデラーがいなければ現役選手にここまで注目しなかったと思うし、
また、最強論を云々するには歴史を知らなきゃいけないということで
歴史シリーズにも力を入れるようになりましたが
それもこれもキッカケはフェデラーが与えてくれたことになります。
ホント感謝しないといけません。

さて、大したことでもないんですが、折角の1周年ということで
記念としてプレゼントキャンペーンなるものを企画しました。
サイト本体のほうで詳細をお知らせしておりますので
よければご覧下さい。
  1. 2006/08/25(金) 08:17:34|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

データ更新への補足

本家サイト【レンドル最強説】のデータ更新を行いました。

今回の更新では色々な追加案もあったのですが
そこそこ多忙になってしまい、とりあえずデータ更新だけにとどめることにしました。

何日か前に【収集テータ】にビョルクマンを追加しようか考えてる
というようなことを書いたのですが、その辺も折をみてやっていこうかと思います。
その他、キーファー、ロブレド、アンチッチ、バグダティス、ガスケ、マレーなども
追加選手の候補に挙がっています。

また【更新履歴】のところにも書きましたが歴代No.1の一覧も作りたいと考えています。
1973年以降はATPのランキング制度があるので問題なく作成できますが、
それ以前にはランキング制度がありませんでしたので簡単には作成できません。
各新聞や雑誌などが独自にランキングを出していたりしていますが、
それぞれ評価がまちまちで、それらを集計しても統一されていないことが多いです。
また、1968年以前にはプロとアマがありました。
それぞれのNo.1と総合のNo.1を出す必要があるかと思います。これまた容易ではありません。
その辺は独自の観点も入れざるを得ないですが、うまくまとめて作成していきたいと思います。
【歴代優勝者一覧】の横にくっつけるのもありかもしれません。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/07/14(金) 12:12:06|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター