FC2ブログ

 レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2019年、モンテカルロ終了

盛り上がってまいりました、今年のクレーシーズン。
遂に本格的な戦乱の訪れなのか。

これまでも上の数人が強すぎただけでその他大勢が混戦だったのは状況は同じです。
ただ、今回決定的に違うのは2人の絶対の選手が敗退したということです。
しかも負け方もあれ?という感じ。
ジョコビッチもナダルも負けた試合は明らかに脚力が落ちてました。
実は両者ともその一つ前の勝った試合もあまりよい動きをしていたとは言えません。

両者、調子が良ければ強いのは事実なんでしょうが、
長続きしないというのは他の選手たちと同じ状態です。
そういうことがないのがこの選手たちの強さだったというのに、ある意味衝撃です。

ナダルはこのクレーシーズンで思うように結果が出なければランクを大きく下げます。
これまでも異様なほど逆境をはねのけてきた選手なのでこのままずるずるということはないでしょうが
ズベレフと並んで失効ポイントとの戦いを余儀なくされています。
ジョコビッチはグランドスラム3大会の貯金があるのでしばらくランクは安泰でしょう。
しかし、そろそろ調子を取り戻したいところです。全豪以来優勝がないわけですから。

準決勝、決勝のフォニーニのプレーは素晴らしかったです。
こうしたベテランが想定外に活躍してくれるというのも嬉しいものですが
このままフォニーニの時代が築かれるということではないだろうと思いますし
選手達の力が拮抗していて誰が勝つか分からないということなのだといえます。

ここしばらく結果を出せていなかった選手が唐突にマスターズを制するという時代であり
こんな良いプレーをする選手でもずっと勝てていなかったというのもまた不思議なことといえます。

今大会だけの現象なのか、正に混戦化となっていくのか。
バルセロナを挟んでマスターズが続きます。
誰かに注目ではなく、全体を俯瞰してみるようになるので興味の幅が広がることになります。
混戦模様を好まない人もいると思いますが、見方を変えると面白いものです。

次戦以降も注目していきましょう。


最後にメドベージェフについて一言。
面白い選手だし、特にバックハンドのショートクロスに良さを感じさせますが
どうにもショットが安定しないように見えます。変則的なフォームというのもあるのでしょう。
あんな打ち方で良く入るね、と感心させられる場面にも出くわしますが
一歩間違えば、ほらそりゃ入らないよね、という感想にもなり得ます。
サーブも不思議です。長身であるにもかかわらず強打でエースを連発するタイプではないです。
そのようなタイプであるなら率の高さを武器にすべきなんですが、驚くほど率が低い。
これは致命的ではないかとも思えるのです。
それでもある程度勝っているんですよね。もちろんジョコビッチにも勝ったわけですし。とても不思議です。
かつてのリュビチッチを思わせる部分があります。
才能はあると感じさせるのですが、どうにもショットが取っ散らかる印象です。

準決勝のラヨビッチ戦は第1セット「5-1」で勝っていました。しかし終わってみれば「5-7」。
第2セットも含めて実に10ゲーム連続で落とすという急転直下の敗退劇でした。
もう一つの準決勝でもナダルが8ゲーム連続で落としましたが、どうにも乱れた大会だった印象が強く残っています。



  1. 2019/04/23(火) 11:07:49|
  2. 2019年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

2019年、モンテカルロはベスト8へ

今クレーシーズンがどのように進んでいくのか。
モンテカルロはその最初の大きな大会ということでそれを占う意味でも重要な大会となります。

クレーシーズンは短期間にマスターズの連続と締めの全仏で構成されていますから前哨戦が大規模という何とも贅沢な、
そして選手にとっては1大会、1戦が大きな意味を持つ特異なシーズンです。

今期果たして勢力図の入れ替えはあるのか、というのが注目ポイントの1つですが、もしかしたらあるのかもしれません。
といっても真のトップにいるジョコビッチとナダルのことではありません。
もっと下の、いわゆる若手世代の力関係です。
これまで20歳前後の選手といえば一人が抜きんでて上を走っていました。
しかし、今大きなスランプに陥っています。

この世代は、1強、数名のトップ20レベル、その他、という3区切りだったといえますが
これはまもなく、トップ20レベル、その他、の2区切りになるでしょう。
抜きんでた強者の存在はしばらく見られないのではないでしょうか。
もちろん断片的には強い選手がいますがそれが続かないのです。皆、勝ち負けを繰り返します。
そうした中で少ないチャンスをものにするのは大事なことです。
クレーシーズンは大きな大会が多いですから、うまく勝てばランクを急に上げることができます。
持続しようがしまいが、まずはひとつでも多く勝って結果を出していくのは重要なことです。

そしてそのポイントとして結局はジョコビッチとナダルになってきます。
両者は相変わらず他に抜きんでていますが、数年前に比べて全ての大会で絶対に勝つというわけではなくなっています。
両者が取りこぼした大会でどう結果を出すか、そこが他の選手にとっての大きな取り分となってきます。
この10年ほとんど変わってない傾向ですが、強者の絶対感が多少薄れている今はチャンスも増えています。

昨年、一昨年とそのチャンスをものにしたのはティエムとズベレフはでした。しかし両者とも今大会は3回戦で敗退しています。
彼らがもうだめだとは言いません。勝ち負けを繰り返す一環で、次の大会では結果を出すかもしれません。
ただ、それが他の選手も同様ということで、昨年実績が決してアドバンテージにはならないのです。


怪我明けのナダルはそのプレーぶりが心配されましたが今のところ順調に勝利を続けています。
やはり体が万全であれば強いです。今後もしっかり重要な大会に照準を合わせてくるのではないでしょうか。

ジョコビッチも体が万全ではないようですがしっかりと勝ち上がっています。
コールシュライバー戦は苦しみました。またも金星献上かと思われる展開でしたが最後は勝ち切りました。
正直コールシュライバーも絶好調というわけではなく両者乱れた中での乱打戦といった趣でした。
そしてジョコビッチの凄いのはここからです。次のフリッツ戦では「6-3 6-0」と嘘のような快勝でした。
フリッツもツォンガ、シュワルツマンに勝ってましたから中々危険ではないかと思っていました。
このようにきちんと修正してくるのが王者の凄いところだといえます。
他の選手は逆ですよね。ジョコビッチやナダルに勝った次の試合で負けるという選手のなんと多い事か。

さて、このまま両者が圧倒的に勝ち続けると、
コールシュライバー以外に2強からセットを取れる選手はいないぞ、という話になってしまいます。
せっかく少しは陰りのある絶対王者感なのですから、他の施主ももっと抵抗しないといけないんですけど。
果たしてコールシュライバー一人にそれを任せてしまっていいものでしょうか。
まあもう一人可能性のある選手はいますか。
随分と久々にクレーに登場する選手なのであまり多くの期待は寄せられないかもしれませんが実績はそこそこありますし、
何よりコールシュライバーと並んで当サイトで「氏」を名乗ることを許させた数少ない選手です。


  1. 2019/04/19(金) 09:16:02|
  2. 2019年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

2019年、クレーシーズン開幕

クレーシーズンが開幕します。
この時期がワクワクするのはいつものことですが、
ずっとそうだったわけではなく14年前からナダルによって作られた常識です。

稀にあったナダルがクレーキングでなかった年はジョコビッチがクレーキングになったのみで
それ以外の選手が日の目を見ることはほとんどなかったと言ってもいい近年のクレーシーズン、
まあクレーじゃないコートに置き換えても結局は同じような状況ではあるんですが、
特にクレーは誰が勝つか分からないというのが常識だった時代もあったため
こうも極端な状況の変化が現れるというのは実に面白いものです。

今年はどうでしょうか。
さすがにまだナダルとジョコビッチの影響は大きく、両者以上の選手が現れることを予測するのは困難です。
ただ、だからこそ下克上も衝撃的になり得ます。王者が両名ともに最高コンディションでない今
抜き出てくる選手が登場してもおかしくないと思うのです。なんか毎年思ってますけどね。

過去の実績では真っ先に2人の選手の名が思い浮かびます。
一人はインディアンウェルズでフェデラーを下して優勝したティエム、
そしてもう一人は、果たして強いんだっけ?でもランクは上の方だからきっと強いんだろうね、のズベレフ。

好調と不調の両名です。しかしここからが難しいところで
じゃあティエムが好調なのだからこのままずっと好調で行くかと言われればそうでもなさそうだし、
ハードで低調だったズベレフが、得意のクレーで心機一転頑張れるかと言われれば
それもまたそうでもないような気もしてしまいます。
もちろん両者の実力であればある程度活躍してくれるだろうしそうでなくてはいけないのですが
どうにも注目するとさほどでもない結果が待っているように思えてなりません。
私の心配性の悪い癖ですかね。

通常通り大きな変化がなければここで名前を上げた4人が今期もクレー大会の中心となるでしょう。
これを脅かす存在というのが今回は出てくるでしょうか。
こういう場合どうしても新戦力に目が行きがちですが、最近はそうでもなく
中堅ベテランがひょんなことから活躍することもあります。
フェレール、アルマグロなど引退を表明したかつてのスぺイン王国のメンバーなどに
最後の活躍の場が待っているのかも注目ポイントと言えます。

マイアミでのズベレフのフェレールへの忖度はちょっと早かったんじゃないかと思いますけどね。



  1. 2019/04/11(木) 14:36:53|
  2. 2019年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
前のページ

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター